漏水工事と維持管理について

配水管から官民境界近くの水道メーターまでの漏水は、水道課の負担で修理します。
お手数ですが、水道課まで漏水場所と状況をご連絡ください。ただし、原因者がいる場合や水道メーター設置位置が市の指定場所でない場合は、所有者などの自己負担で修理していただきます。なお、団地や共同住宅の場合は、各管理会社へお問い合わせください。また、水道メーター以降の漏水工事は、所有者が吉川市指定給水装置工事事業者へ直接修理を依頼する必要があります。 漏水工事と維持管理のイメージ

  1. 配水管(はいすいかん)
    水道を利用する皆様の住宅や工場、学校まで水を届けるための水道管のことです。吉川市内の公道に埋設された配水管は、水道課が維持管理します。私道の場合は、通常、沿道の各所有者が共有し維持管理しますが、漏水の場合は水道課で修理します。
  2. 給水管(きゅうすいかん)
    新築などで各所有者が設置した配水管以降の管のことです。
    給水管は設置者の所有物であるため古くなった場合、布設替えは所有者の責任で行います。
  3. 止水栓(しすいせん)
    維持管理などのために水を止めることができる給水用具です。設置者の所有物ですから、新たに設置する場合の費用は自己負担となります。
  4. メーターボックス
    設置者の所有物ですから、破損した場合の費用は自己負担となります。
  5. 水道メーター
    吉川市水道事業から水道使用者に貸与しています。