住宅用太陽光発電設備設置事業補助金を交付します

市では、地球温暖化対策として自然エネルギー利用の促進を図るため、既存住宅へ太陽光発電設備を設置する方に補助金を交付します。

吉川市住宅用太陽光発電設備設置事業補助金交付規則 [163KB pdfファイル] 

補助対象者

下記の要件をすべてを満たす方

  1. 市内に居住していること(補助金の交付申請の日の属する年度の末日までに市内に居住する予定であること)
  2. 自ら所有し、かつ、自らの居住する一戸建ての既存住宅に設置すること
     ※住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)第2条第2項に規定する新築住宅ではないこと。
    ※店舗、事務所その他の住宅以外の用途部分のある場合にあっては、住宅用部分の床面積が総面積の2分の1以上を占めること。
  3. 市税等の滞納がないこと
  4. この規則及び吉川市住宅用太陽光発電設備設置事業補助金交付要綱を廃止する告示(平成26年吉川市告示第69号)により廃止される前の吉川市住宅用太陽光発電設備設置事業補助金交付要綱(平成24年吉川市告示第56号)による補助金の交付を受けたことがないこと 

補助対象設備

下記の要件をすべて満たすもの

  1. 一般財団法人電気安全環境研究所(JET)の「太陽電池モジュール認証相当」の認証を受けているものであること
  2. 電力会社と電灯契約及び余剰電力の電力需給契約を締結することができるものであること
  3. 未使用品であること
  4. 太陽電池モジュールの公称最大出力が10キロワット未満であること

予算

300万円 

※予算枠に達した時点で、受付終了とさせていただきます。

補助金の額

4キロワット未満  定額30,000円/件 
4キロワット以上  定額40,000円/件

補助金の申請の時期

補助対象設備の設置工事完了後30日までに市役所環境課に提出してください。

※申請期限の起算日となる設置工事の完了日は、太陽光発電設備の設置工事完了の日となります。太陽光発電設備の系統連系開始日ではありませんので、ご注意ください。

手続きの流れ

太陽光発電設備設置工事の完了後に市へ補助金交付申請を行います。

  1. 市に「補助金交付申請書」(様式第1号)と添付書類を提出 
  2. 市から「交付決定・額確定通知書」(様式第2号)を受領
  3. 市に「請求書」(様式第4号)を提出
補助金交付申請書(様式第1号)に添付する書類

※「申請者の住民票の写し」及び「市税等に係る納税証明書」は、次の個人情報の確認について同意いただいた場合は、提出を省略できます。

  • 申請者の住民票の写し
  • 建築に係る完了検査の「検査済証」、「建築台帳記載事項証明」、不動産登記に係る「登記事項証明書(登記簿謄本)」のいずれかの 写し
  • 工事請負契約書又は売買契約書の写し
  • 補助対象設備の設置に係る領収書の写し
  • 電力会社との電力需給契約が確認できる書類の写し
  • 補助対象設備の設置前及び設置後の状態を示す写真
  • 太陽電池モジュールの公称最大出力の値が確認できる書類の写し
  • 設置場所及び付近の図面
  • 市税等に係る納税証明書(平成26年度分、27年度分)
  • その他市長が必要と認める書類 

申請書様式

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)