70歳未満の入院に係る高額療養費の現物給付制度

「70歳未満の方」が入院した場合の1つの医療機関における高額の医療費の支払いは、自己負担限度額までとなっているため、入院された方が、医療機関の窓口で多額の現金を支払う必要はありません。

この制度は、対象となる方(患者の方)の申請により認定証を交付し、交付された認定書を病院の窓口に提示することが必要となります。
詳しくは、国保年金課の窓口にお問い合わせください。


例:入院したときの(全体)医療費が100万円の場合

(償還払い方式)
  • 70歳未満の患者の方 → 病院に医療費の3割(30万円)を支払う。
  • 70歳未満の患者の方 → 市役所国保へ高額医療費の支給を申請する。
  • 市役所国保 → 高額療養費(約21万円)を70歳未満の患者の方に支払う。
(現物給付方式)
  • 70歳未満の患者の方 → 病院へ自己負担限度額(約9万円)を支払う
  • 病院 → 市役所国保へ高額療養費の支給を申請する。
  • 市役所国保 → 高額療養費(約21万円)を病院に支払う。