給食食材放射性物質の分析方法(共通事項)

目的

学校や保育所等の給食食材の検査を行い、子どもたちが安心して食べることができる給食の提供を行うとともに、子どもたちの内部被ばくの積算量を把握する。

測定機器

CAPTUS-3000A(アクロバイオ株式会社)NaI(TI)シンチレーションスペクトロメーター

測定場所

学校給食センター内

検査実施日および検査結果のお知らせ

月曜日から金曜日(ただし国民の祝日などの休日は除く。)
当ホームページでは、直近の検査結果をお知らせしています。

検査結果

学校給食食材

セシウム137(検出限界値、10ベクレル毎キログラム)
  • 不検出

セシウム134(検出限界値、10ベクレル毎キログラム)
  • 不検出

ヨウ素(検出限界値、25ベクレル毎キログラム)
  • 不検出

牛乳

セシウム137(検出限界値、10ベクレル毎キログラム)
  • 不検出 

セシウム134(検出限界値、10ベクレル毎キログラム)
  • 不検出 

ヨウ素(検出限界値、25ベクレル毎キログラム)
  • 不検出