風水害に備える

台風や豪雨は、正確な気象情報を収集し、予想される事態への対策を取る事で、被害を最小限にとどめることができます。

平常時の準備

洪水ハザードマップの確認 河川がはん濫した場合に浸水する範囲や深さなどを確認しましょう。また、水害に対する知識や心得を身につけましょう。
洪水ハザードマップのページへ

家のまわりを保全する

  • 雨戸や屋根を補強し、アンテナはしっかり固定する。

  • 鉢植えや物干竿など飛ばされそうなものは屋内へ移動するか固定する。
  • 側溝は清掃し、水の流れを常にスムーズにしておく。また、公共下水道の整備されている地域は接続する。

河川下水道課のページ

非常持出品の準備
  • 避難勧告や指示が出たとき、すぐに動けるように非常持出品を準備する。

  • 停電に備え、懐中電灯や携帯ラジオ、予備電池を準備する。非常持出品リスト

浸水に備える

土のうを作成し、備蓄しておく。

竜巻から身を守る

空や天気が次のような状態になると竜巻が発生する恐れがあります。

  • 真っ黒い雲が近づき、周囲が暗くなる。
  • 雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする。 
  • ヒヤッとした冷たい風が吹き出す。
  • 大粒のひょうや雨が降り出す。

竜巻を見たら、まず、遠くに避難してください。避難できないときは次のリーフレットを参考に身を守ってください。 

気象庁リーフレット「竜巻から身を守る~竜巻注意情報~」(外部リンク)

 

風水害が心配される時は

気象情報に注意する
  • テレビやラジオで発表される気象情報に注意する。また、インターネットや携帯電話でも様々な情報が入手できます。
  • 特別警報が発表されたら、屋外の状況や避難指示・勧告等に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

特別警報の詳細は、防災情報リンク集からご確認ください。

防災情報リンク集

窓ガラスを補強する

屋外から板でふさいだり窓ガラスにガムテープを貼るなどして補強する。

むやみに外出しない
水道の使用を控える

公共下水道に接続していない場合は、使用した水がそのまま側溝などへ流れ出るため、降雨時はキッチンや風呂の使用時間をずらす。

土のうを設置する

備蓄してある土のうを建物の出入口などに設置する。

自主防衛に努めましょう

吉川市は江戸川と中川に挟まれた低地に位置しており、いつ、どこで被害が起こっても不思議ではありません。

近年、予想しきれない集中豪雨が多く、雨による浸水対策は地域や個人での対応が必要となってきています。各家庭で、浸水を防ぐための準備をするなど、自主的な防衛に努めましょう。吉川市では、過去に床上浸水などの被害のある住宅に対し、防水壁を設置したり、排水ポンプを購入する際の、費用の一部を補助する制度があります。

補助の内容については、次のとおりです。

補助率

  • 防水壁設置工事の2分の1
  • 排水ポンプ購入の2分の1

補助の限度額

  • 防水壁設置工事の場合、300,000円限度
  • 排水ポンプ購入の場合、50,000円限度

被害を予測して早めの対策を

気象庁などから発表される防災気象情報では、想定される強い雨や風の程度を雨量や風速で表現しています。雨や風によって人や建物等へどのような影響がでるかを予め予測し適切な対策をとりましょう。