入院したときの食事代は、1食につき次の金額が自己負担になります

 入院したときの食事代は、診療や薬にかかる費用とは別に、所得区分によって1食あたり下記の標準負担額が自己負担となります。

一般病床・精神病床等

  • 一般 :360円
  • 住民税非課税世帯・低所得者II:210円(過去12か月で90日を超える入院:160円)
  • 低所得者I:100円

療養病床

65歳未満の方
  • 一般:360円
  • 住民税非課税世帯:210円(過去12か月で90日を超える入院:160円)
65歳以上の方
医療区分Ⅰ(医療区分Ⅱ、Ⅲ以外)
  • 一般:食費460円 、居住費320円(管理栄養士又は栄養士による適時・適温の食事の提供等の基準を満たさない場合、1食420円、居住費320円)
  • 住民税非課税世帯・低所得者II:1食210円、居住費320円
  • 低所得者I:1食130円、居住費320円(老齢福祉年金を受給している場合は、1食100円、居住費0円)
医療区分Ⅱ、Ⅲ
  • 一般:食費360円、居住費0円
  • 住民税非課税世帯・低所得者II:食費210円、居住費0円(過去12か月で90日を超える入院:食費160円)
  • 低所得者I:食費100円、居住費0円

※平成28年4月1日から一部の所得区分で食事代の自己負担の額が変更になりました。

※「一般」の所得区分に該当する指定難病患者、小児慢性特定疾病患者および平成28年4月1日現在、すでに1年を超えて精神病床に入院している方は、1食につき260円となります。

※ 住民税非課税世帯の人、低所得者I・IIの人は、「標準負担額減額認定証」か「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要になりますので、国保年金課窓口で申請してください。

低所得I・IIに該当する人はどんな人?

食事療養標準負担額減額差額の申請

 過去12か月で90日を超える入院をした方で、やむを得ない理由で入院先の医療機関に「標準負担額減額認定証」か「限度額適用・標準負担額減額認定証」が提示できず、入院時の食事代を1食あたり210円支払った場合、申請することにより食事代の差額が支給されます。

  • 保険証
  • 印鑑
  • 過去12か月で90日を超える入院があったことが確認できる領収書