質問1、インフルエンザを予防するには?

回答

心配な症状のある方は、医療機関に連絡し、受診の指示を受けてください。

新型インフルエンザにおいても、通常のインフルエンザの予防策が効果的です。以下の点を心掛けてください。

うがい・手洗いなどの徹底
  • 流水と石鹸による手洗いは感染防止策の基本です。30秒以上洗いましょう。 
  • 外出から帰ったら、うがいと手洗いを徹底して、体についたウイルスを除きましょう。
  • 人混みではマスクを着用しましょう。

外出から帰ったら、うがいと手洗い外出から帰ったら、うがいと手洗い人混みではマスクを

特に注意が必要な方

喘息や腎臓病、心臓病、糖尿病など慢性の重い病気がある方、妊婦、乳幼児が感染すると、重症化して命にかかわることもあります。

日ごろから体調管理に留意し、症状が出た場合には速やかに主治医などにご相談ください。

一般の方で、症状が出た方は、近くに慢性疾患をお持ちの方がいないかどうかを注意し、感染させないよう十分に気を付けてください。

質問2、新型インフルエンザのまん延に備え、家庭で備蓄する物品は?

回答

  • 食料品(長期保存可能なもの)
  • 米、乾めん類(そば、そうめん、ラーメン、うどん、パスタなど)、切り餅、コーンフレーク・シリアル類、乾パン、各種調味料、レトルト・フリーズドライ食品、冷凍食品(家庭での保存温度、停電に注意)、インスタントラーメン、即席めん、缶詰、菓子類
  • ミネラルウォーター、ペットボトルや缶入りの飲料、育児用調製粉乳
  • 日用品・医療品
    • マスク(不織布製マスク)、ゴム手袋(破れにくいもの)、水枕・氷枕(頭や腋下の冷却用)、漂白剤(次亜塩素酸:消毒効果がある)、消毒用アルコール(アルコールが60%~80%程度含まれている消毒薬)、常備薬(胃腸薬、痛み止め、その他持病の処方薬)、絆創膏、ガーゼ・コットン 、解熱鎮痛剤(アセトアミノフェンなど)
    • トイレットペーパー、ティッシュペーパー、保湿ティッシュ、洗剤(衣類・食器など)・石けん、シャンプー・リンス、紙おむつ、生理用品、ごみ用ビニール袋、ビニール袋(汚染されたごみの密封等に利用)、カセットコンロ、ボンベ、懐中電灯、乾電池