子ども医療費受給資格証の申請

質問1

子どもが生まれたので、子ども医療費受給資格証の申請が必要と聞きましたが、どうしたらよいですか。

回答1

次のものを用意して、子育て支援課または各市民サービスセンターへお越しください。なお、申請は生まれた日の翌日から15日以内にしてください。(例:1月10日生まれの場合は1月25日まで。)

  • 印鑑
  • 保護者名義の口座がわかるもの(通帳など)
  • お子様の健康保険証(※保険証がない場合も申請できますので、15日以内にお越しください。)

子育て支援課で申請した場合は、子ども医療費受給資格証をその場でお渡しします。各市民サービスセンターで申請した場合は、後日郵送にて送付します。なお、申請の時にお子様の保険証がない方は保険証ができ次第、受給資格証を交付します。

市内・市外の医療機関による手続きの違い

質問2

子ども医療費の受給資格証の交付を受けました。医療機関で受診する場合は、何を持参すればよいですか。

回答2

  1. 市内医療機関の場合
    保険証と受給資格証を持って、医療機関で受診してください。ひと月の医療費が21,000円未満であれば、原則として窓口で医療費を支払う必要はありません。ただし、学校管理下でのケガや保険診療でないものは助成対象外となりますので、窓口支払いが必要です。
    なお、学校管理下でのケガについては、日本スポーツ振興センターの災害共済給付から給付が受けられる場合がありますので、まずは学校(担任など)へ報告するようにしてください。(該当者は、用紙「医療等の状況」を受け取り、病院へ提出します。)
  2. 市外医療機関の場合
    保険証を持って、医療機関で受診してください。受診した医療機関で、次の項目が記載されている領収書を受領し、子ども医療費支給申請書に添付してください。申請は、子育て支援課または各サービスセンターで受付しています。
    1. 受診者氏名
    2. 医療費総点数
    3. 医療機関の印
    4. 診療日

 医療費の支払い

質問3

病院でかかった医療費は支払わなくてもいいのですか。

回答3

市内の医療機関で受診した場合のみ受給資格証を提示し、ひと月の医療費が21,000円未満であれば、原則として窓口で医療費を支払う必要はありません。ただし、学校管理下でのケガや保険診療外のものは自己負担となりますので、窓口支払いが必要です。
吉川市の子ども医療費は、保険診療分のみが助成対象となりますので、容器代・予防接種・健康診断などの保険外のものは自費となりますのでご注意ください。
また、市外の医療機関で受診した場合は、一度お支払いしていていただき、後日申請していただければ、医療費が戻ります。

高額療養費に該当する場合  

質問4

病院でかかったとき、21,000円を超えた場合に全額負担しなくてはいけないのはなぜですか。

回答4

各医療機関、1ヵ月間で自己負担が21,000円を超えた場合、高額療養費制度に該当する可能性があります。該当した場合、まず、高額療養費が先に支払われますので、その後、支払われた額を差し引いて子ども医療費として支給します。そのため、21,000円を超えたときには、一度、全額負担していただきます。
申請していただく場合、高額療養費が確定した金額のわかるものと、申請書をあわせて提出してください。

質問5

先月、子どもが入院しました。病院に支払った金額が167,360円でした。子ども医療費申請書に領収書を添付して提出したところ高額療養費に該当する可能性があるといわれ申請書と領収書を返却されてしまいました。どのような手続きをすればいいですか?

回答5

加入されている保険の事務担当者に申請の方法を確認してください(申請が必要ない場合もあります)。
各個人によって高額療養費の負担限度額が異なりますので、今回医療機関に支払った保険分の金額が高額療養費の支給対象であれば定められた金額の差額分の払戻しが受けられます。

高額療養費を受けることができましたら、その後決定通知がきますので、その通知と領収書を子ども医療費申請書に添付してもう一度申請しなおしてください。高額療養費分を差し引いた残りの保険診療分についてお支払いたします。

子ども医療費の支給対象 

質問6

こどもが風邪をひいたので、いつもの院外処方薬局に行き市販されているかぜ薬を購入し、子ども医療費申請書を提出したら、これは対象になりませんと返されてしまいました。なぜでしょうか。

回答6

子ども医療費の支給対象となるのは、保護者が支払った医療費です。市販のかぜ薬の購入は、医師の処方箋に基づくものではございませんので、医療費にはなりません。

質問7

院外薬局で処方箋により薬をもらい、1,260円支払いましたが、市から支給されたのは、1,210円でした。なぜ支払った1,260円が支給されないのですか。なお、その時の領収書には、薬代1,210円、容器代50円とありました。

回答7

子ども医療費の支給の対象となるのは、保護者が支払った医療費です。容器代は、医療費ではありませんので、支給の対象外となります。よって、薬代の1,210円が子ども医療費として支給されたものです。

申請の時効 

質問8

現在子どもは小学1年生ですが、2歳の時に医者にかかった領収書がでてきました。できることならこの分について子ども医療費の申請をしたいと思いますが、時効はあるのですか。

回答8

その領収書にある領収日の翌日を基準日として、5年経過後(領収年月日の5年後の翌日)が時効成立の日となります。よって、その日より前であれば、申請することができます。ただし、受給資格期間内に限りますのでご注意ください。

例1:平成20年6月10日領収日の領収書→平成25年6月10日まで申請可能(平成25年6月11日以降は申請できません。)
例2:平成17年4月1日以前生まれの場合、平成23年6月以前の受診については助成対象とならない期間があります。窓口でご確認ください。(平成23年7月から、15才まで助成する制度に拡大しています。)
例3:吉川市に転入する前の医療費は、助成できません。受診日に住民登録していた市区町村へのご確認をお勧めします。