通学区域が異なる異動(市内転居、転入、転出)は、原則転校となりますので、必ず事前にご確認ください

市外から転入したときは授業参観のイラスト

市民課で転入の手続きと同時に、窓口で「転出入通知書」が発行されますので、転入前に通学していた学校から発行された書類(在籍証明書、教科書給与証明書)とともに学校へ提出してください。

市外に転出するときは

市民課で転出の手続きと同時に、窓口で「転出入通知書」が発行されますので、学校に提出してください。学校から書類(在籍証明書、教科書給与証明書)が発行されますので、転出先の学校へ提出してください。

市内で転居したときは(※転居先の通学区域が変わる場合は原則として転校となります)

転校となるときは、市民課で転居の手続きと同時に「転出入通知書」が2部発行されますので、1部はこれまで通学していた学校へ提出してくだい。学校から書類(在籍証明書、教科書給与証明書)が発行されますので、発行された書類ともう1部の「転入出通知書」を新しく通学する学校へ提出して転校の手続きをしてください。
 

転出、転居後も現在の学校に通学したいときは

市外への転出や市内転居により指定学校が変更になっても、これまでの学校に通学したい場合は、個々の事情により転校前の学校に通学することを認める場合もありますので、事前に学校教育課にご相談ください。

その他、通学区域制度の運用の特例について

  市教育委員会では、学校ごとに通う地域(通学区域)を定め、住所によって入学する学校(指定学校)を指定しています。

しかし特別な理由がある場合などは、指定学校以外の学校に通学することができます。希望する場合は教育委員会にご相談ください。特別な理由については下記のリンクをクリックしてください。

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)