Q. 夫婦共働きですが、請求者は誰になるのでしょうか。私は、サラリーマンで昨年の年収が500万円、妻はパートで昨年の年収が100万円ありました。

A. 夫婦共働きでどちらも収入があり、どちらも義務教育就学前の児童を養育している場合は、収入の多い方が請求者になります。よって、この場合は、妻よりも収入がある夫になります。

トップにもどる

Q. 子どもが3歳ですが、今まで児童手当の請求手続きをしていませんでした。今から請求をすれば子どもが生まれた3年前にさかのぼって受給できますか。

A. 児童手当の支給開始は、請求の翌月分からになりますので、3年前までさかのぼって受給することはできません。

トップにもどる

Q. 3歳以上の子どもが1人いて児童手当を受給していますが、双子が生まれたので請求手続きをしようと思います。児童手当はいくら支給されますか。

A. 児童手当の額についてですが、3歳未満は一律1人につき月額15,000円で、3歳以上小学校修了前は第1子・第2子は1人につき月額10,000円、第3子以降は1人につき月額15,000円の支給となります。この方の場合、現在支給対象となっている子どもが第1子であれば、双子の子どもが第2子・第3子となるので、支給額は月額40,000円になります。ただし、第1子の15歳年齢到達や第2子の3歳到達により異なります。

トップにもどる

Q. 5月17日にはじめての子どもが生まれましたが、入院しているため6月1日でないと子育て支援課に行って請求手続きができません。この場合、何月分から支給されますか。

A. 児童手当の支給は、請求日の翌月から支給対象になります。ただし、月末に出生や転入した場合は、翌月に手続きされても出生日や転出予定日の翌日から15日以内の請求であれば出生や転出予定日の属する月の翌月分からの対象になります。そのため、5月17日出生で6月1日に手続きをした場合、出生から15日以内の請求ですので6月分から支給されます。

トップにもどる

Q. 8月に吉川市からA市に転出しますが、吉川市からは何月分まで支給されますか。また、A市では手続きが必要ですか。

A. 吉川市から転出する場合は、転出した月分までが吉川市から支給されます。この場合、転出が8月ですので、8月分までを当市が支給します。転出時に必ず吉川市に「消滅届」を提出してください。次に、転出先のA市で新たに「児童手当の認定請求」をしてください。

トップにもどる

Q. 請求に必要な添付書類である年金加入証明を会社にお願いしたら、1ヶ月かかると言われました。請求手続きに必要な添付書類が全部そろわないと児童手当の請求はできませんか?

A. 窓口で認定請求書のみを提出し、後日、添付書類を提出することができます。請求手続きが遅れると受給できない月が生じる場合がありますので、添付書類の取得に時間がかかる場合は、先に認定請求書を提出して、後日添付書類を提出してください。なお、吉川市から添付書類の提出をお願いしたにもかかわらず、提出していただけない場合は請求が却下される場合がありますので、ご注意ください。

トップにもどる

Q. 現在、上の子どもの児童手当を受給中ですが、2人目の子どもを出産した場合、新たに申請しないといけませんか?

A. 既に受給中の方で2人目以降のお子さんが出生した場合は、「額改定認定請求書」の提出が必要です。印鑑(認印可)をご持参の上、窓口にて手続きをしてください。

トップにもどる

Q. 現在吉川市で児童手当を受給していますが、仕事の関係で夫(受給者)だけがA市に単身赴任し、吉川市に妻と子どもが残ることになりました。子どもが吉川市に住んでいるから、このまま受給できますか?

A. 生計の中心となる方が居住する市町村で受給することになるので、吉川市では受給できません。吉川市に「消滅届」を提出してください。次に転出先のA市で新たに「児童手当の認定請求」をしてください。この時、別居監護の申立書の手続きも必要になります。これは、受給者(父)が妻子との別居の理由、今後の予定、交流状況、送金状況等を調べるものです。また、添付書類として児童の属する世帯全員の住民票(市外別居の場合のみ)や、厚生年金に加入されている方は健康保険証の写しまたは年金加入証明等を提出していただきます。審査後、監護関係等が認められれば、A市で新たに受給することができます。

トップにもどる