コミュニケーション方法や間違いやすい日本語などを学びました講座の開催風景

9月9日、16日、30日と全3回にわたり、日本語教室ボランティアスタッフ養成講座を開催しました。(※日本語教室とは

講座には9名の方が参加され、外国の方が間違いやすい言葉などを例に、楽しく学んでいました。

講座終了後、早速ボランティアスタッフに登録していただいた方もいらっしゃいました。 

参加された方々の感想を紹介します!

  • 「お持ちください」を「お餅ください」と間違えたり、「少し難しいですね」という日本独特の断り方の解釈を「難しいのは少しだけ」と理解したり、日本語の表現は難しいと感じました。
  • 日本語には、あいまいや表現が多くあるので、外国の方には分かりにくいと思いました。
  • 実際に外国の方々と触れ合ってみて、言葉が通じなくても思っていたよりコミュニケーションが取れるのだなぁと感じました。
  • もっと講座の回数を増やしてほしい。
  • 吉川市国際友好協会の存在を初めて知りました。いろいろな活動をしているんですね。

内容

日本語を母語としない方に、日本語で日本語を教える方法など

講師

AJALT (公益社団法人国際日本語普及協会)松尾恭子氏

日時

9月9日(火曜日)、16日(金曜日)、30日(火曜日)午前10時から12時

場所

市民交流センターおあしす、セミナールーム3ほか