「市民の声」「イエローボックス」にいただいたご意見と、それに対する市の回答をご紹介します。

市内学校のエアコン設置と猛暑対策のお願い

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年7月6日受け付け)

近年の環境変化により、猛暑日が続くことが当たり前のようになってきました。毎年子供達と先生方は、暑い教室で我慢しながら勉強せざるを得ません。また保護者は、熱中症対策に水筒を持たせることしかできません。二年前のエアコン設置に関する市の回答では、エアコンの設置は順次と言っていますが、具体的にはいつごろになるのでしょうか?全校一斉にが無理なようでしたら、それまで我慢させるのではなく、できる対策をして欲しいと思います。
現在設置の小型扇風機では限界があります。強風の日や雨の日は、窓も開けにくいです。例えば教室に、大型扇風機や、冷風機等の設置等、今出来る改善策を早急に検討、実施していただきたいと思います。
毎年教室の暑さで体調を崩している子供達が出ています。熱中症対策の為のエアコン設置、その他の対策は喫緊の課題かと思います。勉強の場の環境改善、よろしくお願いします。出来る対策を

回答内容

(平成30年7月17日回答)

ご意見ありがとうございます。
限られた予算で効率よく施設整備を行うために、大規模改修工事と同時にクーラーの整備を行う方針として、東中学校の整備を行いましたが、各学校における環境は十分理解しており、現在、全校一斉にクーラーを設置できるよう、検討を行なっております。暑い日が続く中、誠に申し訳ありませんが、もうしばらくお時間をいただきたいと思います。
学校においては、教室内の扇風機や各階に設置されている冷水器が機能していることを毎日確認し、子どもたちの体調管理に十分留意しながら授業を行うよう心掛けておりますので、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

公立小学校・中学校のクーラー設置のお願い

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年7月5日受け付け)

先日小学校の授業参観に行った際、教室内が31℃になっていました。湿度も高く、子どもたちが汗を拭いながらもきちんと授業を受けようとする様子は見ていてとても気の毒で、命の危険すら感じました。
以前からこの件についてはご意見されている方も多く、回答も拝見しましたが、ここ数年の暑さは窓の開放や扇風機で凌げるようなものではありません。どうか早急にご対処願います。

回答内容

(平成30年7月17日回答)

ご意見ありがとうございます。
学校施設につきましては、校舎以外にも体育館やプール、倉庫など、数多くの建物が施設内にあり、大半が昭和50年代に建てられた学校施設のため老朽箇所が多々あり、施設修繕を行うことで、学習環境を維持しております。
また、和式トイレで困る子どもたちのために、洋式トイレの改修や6月末に工期を迎えた吉川中学校の建設工事を含め、多くの予算が必要であることから、施設整備の課題となっております。
限られた予算で効率よく施設整備を行うために、大規模改修工事と同時にクーラーの整備を行う方針として、東中学校の整備を行いましたが、各学校における環境は十分理解しており、現在、全校一斉にクーラーを設置できるよう検討を行なっておりますので、誠に申し訳ありませんが、もうしばらくお時間をいただきたいと思います。ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

市内中学校の部活動について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年7月4日受け付け)

吉川市は中学校の部活動について、スポーツ庁のガイドラインに沿った指導への変更はしないのでしょうか?隣の越谷市は既に変更していると聞いています。
塾の先生の話を伺うと、吉川市は学力が低いと聞きました。その要因の一つにハードな部活動があるといいます。時間的に部活動と塾の両立はかなり難しいと感じました。寝る時間を削らなければなりません。学力の低い地域で子育てをしたいと考える親はいません。将来スポーツで生計を立てたいと思うような本格的なスポーツをやりたい子供は、部活動の枠を超えてクラブチームや個人的なレッスンを取り組む事が多いです。なので、中学校では学問と両立出来る範囲での、まさにスポーツ庁ガイドラインに沿った程度の部活動を推進していただきたいと思います。

回答内容

(平成30年7月11日回答)

ご意見ありがとうございます。
中学校の部活動につきましては、ガイドラインの策定の趣旨に示されておりますとおり、生徒にとって望ましいスポーツ環境を構築するという観点から、吉川市におきましても埼玉県から今後示されるガイドラインを踏まえ策定していく予定です。
適切な休養の設定に加え生徒のニーズや意欲を鑑み適切に部活動を運営するよう再度該当校長へ連絡を行います。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

吉川中学校の進捗状況について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年5月24日受け付け)

吉川中学校開校の準備状況についての確認質問です。
平成32年4月の開校を「目指す」と以前に広報されていますが、ここしばらくの間、進捗が聞こえてきません。
残り2年を切った現在も、現地では工事の様子も伺えないのですが、本当に大丈夫なのでしょうか?

  • 予定スケジュールからの(現時点での)遅れの有無
  • 開校が間に合わない場合の原因として予見できる要素(天災等を除く)

をお示し下さい。

なお、周辺住民に対して定期的な説明会や報告会を開催したほうが良いと思量致します。

回答内容

(平成30年5月31日回答)

ご意見ありがとうございます。
吉川中学校建設工事については、事業者選定の入札が5月中旬に行われ、6月定例議会において事業者決定の審議が行われる流れになっています。6月議会で承認が得られれば、市と事業者により7月上旬に近隣説明を行い、近隣影響家屋の調査などを経て、工事着工となります。
工事期間は19ヶ月を見込み、平成32年4月に開校できるスケジュールとし、現時点において遅れなく事業を進めています。
工事を円滑に進めるにあたり、対象事業地の自治会長と調整をさせていただいていますが、定期的な説明会や報告会は準備に時間も掛かり、意見の収集及び対応などによる事業者負担は工事の遅れにつながるため、平成32年4月開校を目途とする計画も難しくなると考えられます。
現在のスケジュールとして、説明会の開催は建設地周辺住宅に対する最小限で考えており、事業の進捗については、今後ホームページなどで周知する予定ですので、ご理解いただきますようお願いします。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

美南小学校の通学路の安全確保について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年5月24日受け付け)

通学路の安全確保に関する要望意見です。
吉川中学校の建設がそろそろ始まるはずですが、昨年度末、美南小学校の通学路が一部変更となり、消防署南分署付近を通る子ども達がいます。その子ども達の通学と建設業者の車両の通行との兼ね合いを懸念しています。
現状、道交法外の破線はあるものの、一時停止線やミラーはありません。吉川警察署をはじめ関係各所と協議の上、安全確保のための施策立案・実行を切望致します。

※記憶では、付近交差点の旗振り当番は1名でしたが、直近の人員数は未確認です。

回答内容

(平成30年5月31日回答)

ご意見ありがとうございます。
吉川中学校の建設工事につきましては、6月定例議会において事業者決定の審議が行われることとなっております。
事業者が決定次第、工事車両の運搬計画などを検討いたしますが、事業者には通学路における安全確保を第一に考えて工事を実施していただき、工事期間内については学校と連携し、通学路における安全確保に努めてまいります。
また、美南地域における交通規制についてでございますが、生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域を定め時速30キロの速度規制を実施するゾーン30事業が、今年度から美南地域で実施される予定となっておりますので、その安全対策を組み合わせながら計画的に安全な交通環境の整備を推進してまいります。

担当課

危機管理課、電話、048-940-1072

 

再投稿:修学旅行の電車利用について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年5月24日受け付け)

回答になってない。
社会勉強する前に人として、大人としてのマナーなどの勉強が先ではないでしょか。
社会勉強だから迷惑かけても多目に見て欲しいは違う。
生徒だけでなく教員にも言えるが、浮き足だっていて何を学びに行くのかわからないのではないか。
見ていて不愉快でしかない。
社会に触れる、との回答ですが迷惑をかけても多目に見てと言うことではないと思います。
社会勉強するには幼稚過ぎる、生徒も教員も

因みに、先日三郷のどこの中学校かはわかりませんが、かなりマナーを守り乗車していて、吉川との違いを感じました。

回答内容

(平成30年5月31日回答)

ご意見ありがとうございます。
ご指摘いただきましたように、公共交通機関を使用する意義・マナーにつきまして、再度直接、各中学校長へ指導いたします。それを基に各中学校では、学年集会・担任からの説話を通して生徒に指導いたします。
修学旅行でのマナー・意義について、再度見つめなおす機会といたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

美南小学校の児童数について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年5月9日受け付け)

今、美南小学校はパンク寸前です。児童数が1000人を超えプレハブ校舎も建てましたが余裕の全く無い状況です。
5月末に行われる運動会も応援は自分の子供のみ、お弁当も親子別々になりました。運動会の楽しみって何でしょうか?皆で皆を応援したり、皆でお弁当を食べたり…。子供達は本当にがっかりしています。
こうなったのも児童の数が多すぎる為です。来年度の1年生は何クラスの予定ですか?再来年は?その次は?吉川市はどう考えているのでしょうか?駅前のマンション。まだ1棟販売前ですね。これも踏まえて考えてますか?色々なママ友と話しますが、不安に思っている人が本当に多いです。
授業は円滑に行えますか?何か災害が起こったら、子供の安全は守られますか?避難はスムーズに行えますか?前回の避難訓練ですが、人が多過ぎて自分の子供のクラスが分かりにくかったり、引き取った子供と帰る時、学校周辺の歩道が当然ですが人だらけ。全くスムーズとは言えない状況でした。
この美南地区の急激な人口増加、いつかは落ち着きます。でも、落ち着くまでの間も安心して暮らせるようにするのが市の役目ですよね。特に未来を担う子供達の教育環境は最重要課題だと思います。美南小学校の児童数の問題。早急に話し合って頂き、今後数年間の見通しなど、住民に示して頂きたいです。

回答内容

(平成30年5月28日回答)

ご意見ありがとうございます。
美南小学校に関しては児童数の急激な増加によりご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。そのような中、運動会については、PTAの皆様と話し合いを重ねた結果、やむを得ず現在の体制を取らせていただいておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。また、前回の避難訓練においては、混雑等の課題が浮き彫りになったことから、今後改善を図ってまいりたいと考えております。
児童数の見通し等については、これまでも市長キャラバン等において地域へ説明してきたところですが、今後におきましても、転入状況等の把握に努め、引き続き、機会をとらえて地域へ説明してまいります。なお、来年度の1年生につきましては、現在のところ7クラスを見込んでおります。
今回頂いた貴重なご意見については、学校を始め、関係部署とも情報共有し、今後の円滑な事業運営に生かしてまいりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

修学旅行の電車利用について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年5月17日受け付け)

市内中学校の修学旅行などでの電車利用について、始発電車は空いているということを考えての利用だとは思いますが、始発から駅及び電車を占領され通常利用者が迷惑してます。学校行事で一般利用者に迷惑かけるのをやめてください。バスなどを利用し一般市民に迷惑がかからない様に配慮してください。
それと、教師などの指示を聞けないようであれば、学校行事などで校外に出さないでください。同じ吉川市民として恥ずかしいです。改善期待してます。

回答内容

(平成30年5月23日回答)

ご意見ありがとうございます。
修学旅行では、新幹線の発車時間、乗換の時間的な余裕、費用など、全体的なことを勘案して、始発時間帯の電車を利用させていただいております。また、それぞれの学校では、電車を先発後発など2つ~3つに分けて乗車したり、同じ電車を利用する場合でも、号車が偏らないように配分したりと、学校として市民の皆様のご迷惑にならないよう工夫させていただいております。電車内のマナー向上については、修学旅行前後のみならず、一年を通して指導、啓発しております。マナー向上につきましては再度学校を通じ指導してまいります。
修学旅行は、社会を学ぶ場のひとつでもあります。社会を学ぶとは「社会と触れる機会を多く持たせる」ことだとも考えております。市民の皆様にはご迷惑をおかけすることも多々あるかと思いますが、未来の吉川を背負っていく生徒たちを厳しくも温かい目で見ていただけるとありがたく思います。
今後もよろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

中学生のバス車内でのマナーについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年5月7日受け付け)

吉川市立中央中学校への問い合わせ。ドコに問い合わせたらよいのか分からずこちらに送りました。

4月28日の13時頃の事だと記憶しております。その日バスに乗り出かけるバス車内の出来事です。吉川団地東から中学生と思われる方々が20人程引率の女性と共に乗ってきました。次の吉川団地で高齢者や小さい子どもが乗ってきたにも関わらず優先席に座り続けていたり、席を譲る事もなく先生らしき女性も注意する事もなく吉川駅に!仕方なく私が譲る結末でした。

多分、吉川の小中学生ではないと思います。多分、吉川市立中央中学校に練習試合で来た女子中学生と!思います。調査、報告を求めたいと思います。

回答内容

(平成30年5月11日回答)

ご意見ありがとうございます。市内中学校に調査したところ、当日午前中から吉川市立中央中学校に練習試合で来ていた市外中学校女子バレー部員の可能性が高いことが判明いたしました。

該当校につきましては該当市の教育委員会を通じ、いただきました内容を伝えるとともに、指導を行ったとの報告がありました。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

中学生と思われる子の喫煙について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年2月14日受け付け)

●●中学校の生徒と思われる男子が吉川団地内で喫煙しているのを目撃しました。昼間に四人の男子生徒が制服で楽しそうに談笑し通路を塞ぎ、片手にタバコです。学校で未成年の喫煙が法律で禁止されている事、喫煙のリスク等を指導しているとは思いますが、まだまだ、足りないのではないでしょうか?大袈裟かもしれませんが、学校教育の指導力低下は、市のマイナスイメージになると思います。市内の全学校で改めて指導の徹底をお願い致します。

回答内容

(平成30年3月2日回答)
ご意見ありがとうございます。また、日頃より小中学生の見守りについてご協力をいただき重ねてお礼申し上げます。
ご指摘の「中学生の喫煙」につきまして、吉川市少年センターによる昼・夜補導活動での「声かけ活動」を吉川団地内を巡回コースに加え、今後も引き続き実施いたします。
また、市内の小中学校へいただいた情報を提供し、集会や朝・帰りの会等、様々な機会を捉え、継続的な指導と、可能な範囲での巡視活動を依頼いたします。
青少年の健全育成のためには、地域の方々の見守りや声かけなどが効果的です。今後、同様の行為や心配される行動などを見かけた際には、少年センター(電話981-3863)、教育委員会(電話984-3564)、警察(電話958-0110)などの関係機関にご連絡くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

学校対抗水泳大会を開催してほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年10月30日受け付け)

みさと市などのように、市内小学校たいこうすいえい大会を吉川市でも、おこなってほしいです。
なまずの吉川なので、すいえいをもりあげたいです!!

中原市長へ
●小二年 ●●● ●●●

回答内容

(平成29年11月15日回答)
ごいけん ありがとうございます。●●●さんが 日ごろ、すいえいを がんばっている ようすが わかります。
吉川市は、市内しょうがっこうたいこうの すいえい大会はありませんが、●●●さんと おなじいけんが「市長とのランチミーティング」でもいただいたので、市の水泳連盟(すいえいれんめい)さんにおねがいして、ことしから「なまず水泳大会(すいえいたいかい)」に、たくさんの子どもたちが さんかできるようにしていただきました。●●●さんも、参加してくれてありがとうござました。
すぐには むずかしいかもしれないけど、こんご さんか者がふえれば「なまず水泳大会(すいえいたいかい)」の中で たいこうリレーが できるかもしれません。
らいねんからは たくさんの人が さんかしやすい大会になるように 水泳連盟(すいえいれんめい)さんのホームページから さんかの もうしこみができるようになります。こんごも たくさんの人に さんかしてもらえるように がんばるので、●●●さんも すいえい がんばってくださいね。
らいねんもたくさんの子どもたちに「なまず水泳大会(すいえいたいかい)」に さんかしてもらいたいと思っているので、お友だちをさそって、ぜひ、さんかしてくださいね。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

小中学校へエアコンを設置してほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年7月11日受け付け)
小中学校へのエアコン設置をお願いします。そのためなら税金が上がってもいいです。
子供達が暑い中で過ごしてるのは時代遅れです。我慢できるような暑さではないです。

回答内容

(平成29年7月21日回答)
ご意見ありがとうございます。
学校施設につきましては建築年次が異なり、30年近く大規模改修工事ができず老朽化が進んでいる学校が存在するなど古い学校も数多く、エアコンについては図書室とパソコン教室のみに設置された学校が大半となっております。
今後、吉川美南駅周辺の急激な人口増加に対応するため、美南小学校仮設校舎の建設や(仮称)第4中学校の建設などの施設整備が続き、また、トイレの洋式化についても学校施設として大きな問題となっております。
全ての小中学校にエアコンを設置するには約9億円もの費用が掛かります。そのため、限られた予算の中で一度に全ての学級に設置することは困難であり、今回は東中学校の大規模改修工事に合わせてエアコンを設置いたします。今後も学校の大規模改修を進める中でエアコンを設置してまいりますので、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

小学校、中学校の用品(体操着、制服など)取扱店

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年3月31日受け付け)

美南地区に住んでいます。小学校も中学校もできてとても子育てのしやすい地区だと思います。
ですが現在、学校用品を取り扱っているお店は美南地区からは非常に遠い場所にあります。車じゃないと行けない場所です。下に小さい子供がいるうちや車がないうちは辛い状況です。
小学校もあり、新しく中学校もできるのに学校指定の体操着や制服を取り扱っているお店が近くにないのは不便です。これから1番子供の数が多くなる美南地区に学校指定用品取扱店をつくっていただきたいのです。越谷市では越谷レイクタウンに置いてあります。美南にもイオンができます。
美南のイオンにも学校用品を置いてもらえるように市から働きかけをしていただけないでしょうか?イオンには個人的に学校用品を取り扱ってほしいという要望を出しましたが、やはり市からのお話がないと無理なようです。
学校用品の取扱店が遠くて困っているのは私だけではなく多くの市民の声です。代表で「市民の声」に投稿いたしました。お返事よろしくお願いします。

回答内容

(平成29年4月11日回答)

ご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、現状では美南地区に体操着や中学校の制服などの学校用品を取り扱っている店舗はございません。
今後、市民の方から学校用品を取り扱ってほしい旨のご要望があることを美南地区の店舗に伝えさせていただきます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

(仮称)第四中学校の通学区域等にかかわる学区審議会の答申について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月8日受け付け)

  1. 審議会の途中で関係学区の市民への説明会をやらず、たった三回の審議で決定してしまったのかその理由を伺います。
  2. どのような協力を求めたのか。また「まちづくり整備条例」25条の事前協議はどのようにされたのか伺いたい。

回答内容

(平成29年3月28日回答)

  1. 今回の学区審議会につきましては、直近の学区審議会(美南小学校開校に伴う中曽根小学校の通学区域の見直しに係る諮問)を参考に開催させていただきました。
    また、平成13年の学区審議会では、きよみ野地区内への新たな小学校の建設や既に在学している児童も対象に含めた通学区域の見直しなど複数の諮問事項がありましたので、会議回数が5回に渡り、途中での説明会が開催されたものと認識しております。
  2. 吉川市まちづくり整備基準条例(以下「基準条例」といいます。)第18条に規定されております、学校の新設または増築についての協力でございますが、武蔵野操車場跡地地区土地区画整理事業の施行者であります鉄道運輸機構に対しまして協力は求めておりません。
    また、集合住宅の建築を行う事業者に対しましても、個々の集合住宅の規模が20ヘクタール未満且つ500戸未満ということから協力を求めておりません。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

(仮称)第4中学校の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年2月6日受け付け)
吉川市第四中学校の学区域についてですが駅南地域に中学校が1つもないことから、駅南の東と西に第四中学校ともう1つ建設が出来れば今の起こっている反乱が緩和されませんか。中曽根から川側付近に中学校がない事に驚きを隠せないです。それが無理ならせめて武蔵野線から南側在住であれば第四中学校希望の方は全員受け入れる、それが正しいやり方なのでは?この強引な裂け方によって子供の人生が狂う事になったら責任どう取るつもりですか?しょうがなく武蔵野線の反対側まで自転車で通う途中何かあったら?事故などで逝ってしまったとなったら遺族にどう詫びるつもりなんでしょう?自分の身に起きたら怒り狂うことでしょう。建設場所がそもそも反乱が起きて当然の場所にあると思います。わざわざ遠い場所まで通わせるのは如何なものかと。しかも取った対策は許容範囲を超えない限りは優先って、超えましたと言われれば諦めざるを得ない?酷すぎるかと思います。中学校が少ない分その辺りの柔軟な対応はしないといけないんじゃないですか?もし自分の家が美南一丁目にあったとして、学区域は新しい中学校ですと言われた事を信じて高い家を購入した張本人だとしたら納得行かないだろうなと思います。会議で学区域の意見が一致したなどと書かれていましたがもっと住んでる張本人に聞いてからの判断にはならなかったのでしょうか。覆る事を切に願います。

回答内容

(平成29年3月13日回答)
ご意見ありがとうございます。
まず、ご提案のございました新たな中学校の建設については、70億円近くの建設費が掛かるため考えておりません。
また、(仮称)第四中学校の通学区域につきましては、学区審議会からの答申を基に素案を作成し、11月に中曽根小学校区及び美南小学校区にお住いの方々を対象に「市長キャラバン」において、通学区域素案策定までの経緯とその詳細をご説明させていただきました。この「市長キャラバン」参加者の方々からのご意見を基に、学校選択制の弾力的運用について検討を行った結果を、美南一丁目の美南1区自治会及び育まち自治会で開催された、「どこでも市長」でご説明させていただき、ご理解をいただいたところでございます。
なお、学校選択制の弾力的運用を定めた規則の制定と合わせて通学区域を定めた規則の改正について12月開催の教育委員会において承認を受け、1月の規則改正等の公布を行わせていただきました。
このような経緯を踏まえまして、(仮称)第四中学校の通学区域を決定しておりますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

(仮称)第4中学校の学区割について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月22日受け付け)
美南地区に新設予定の(仮称)第四中学に吉川市美南在住の子供が通えない可能性について12月4日に美南公民館に投書したが再投稿です。自宅から1キロメートルと離れていない第四中に通えずに1キロメートル以上離れた南中が学区に22日に決まるようだ。
委員に美南1丁目、高富、木売の住人は居たのか。全会一致で意見がまとまったのは上記地区の委員がいなかったからではないか。南中学の生徒数を気にしているが、そもそも武蔵野線を境にした校区の予定だったと議事録にもある。美南地区のマンション部分の人口は南中学の人数が少なくなることと関係ないと思うが。
第三回の審議会の中で「道庭、中曽根、高久には美南地区の地権者が多数おり、第五案ではこの地権者からの反発が大きいのではないか」との意見があった。これは圧力をかけていないか。逆に言えば高富には地権者が少ないから、高富と美南1区を対象外してしまおうというものではないのか。美南一丁目の子供は建設中の第四中学を横目に30分ほどをかけて美南小に通学することになるが、第四中学には通うことが出来ない。中曽根や道庭の子供が第四中学を横目に南中へ通学することへの心理的負担をあげて学区を決定したなら当然、上記の心情も理解していただきたい。
吉川市では中学の選択制を採用しているが枠を超えた分は抽選となる為希望しても近くの中学には通うことが出来ない子供が出る。優先して選択できる制度を今後検討ではなく学区決定時に特例として早急に作っていただきたい。マックスの人数を考えて、学区割をするのであれば、学校選択制の中、抽選ではなく優先的に第四中学を選ぶことが出来なければ納得できない。
第四中学は生徒数何人の学校にするのか。現在の美南小の5年・4年・3年・2年・1年の児童数を教えてほしい。また0歳から入学までのそれぞれ年度別の人数も。その内、第四中学に通えない児童は何人なのか教えてほしい。同じ小学校から別々の中学に進学などというのは吉川市に限らずどこでもある話。しかし吉川小・栄小で別の中学に行くというが、その割合が何対何なのか。距離が2倍ほどの学校に通う生徒は何人なのか。他にも例があるからと言われても中身を見なければ納得させる回答とは言えない。 何年度に許容人数を超えるのか。学区決定後に変更することが可能なら、人数を超えるのが判明した年度から今回の学区割を実施すればよいと思うのだが。

回答内容

(平成28年12月28日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からの意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」での皆さまからの意見と同様に扱わせていただきました。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において承認されましたので、後日公開される市ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

第四中学校区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月16日受け付け)

第4中の学区の件が話し合われたどこでも市長の時に「南中での美南小出身者が少数派になってしまいいじめなどが心配」という意見が出ました。その時に市長は「そういった環境でも大丈夫な子供を育てる。家庭のサポートがあれば大丈夫。」というお話をなさいました。『開校まで3年強ですが、本当に大丈夫でしょうか。』正直に申し上げてただの理想としか思えません。中学生の自殺者が過去最高になってしまったというニュースに触れるたびに、明日は我が身と感じます。このような現実を解消すべく全国的に中1ギャップを解消するための取り組み、つまり小中一貫校や小中の連携強化が行われているのはご存知の通りです。
 SNSなどの表面化しにくいいじめは親や学校は気づく事が難しく、いじめが起こりにくい環境を作ることが必要であり、それには同一小同一中が理想的だと言えます。死んでしまったらどんなに望んでも生き返りません。どうか中1ギャップの起こりにくい学区割にして頂きますようお願いいたします。同一小同一中、もしくは中曽根小の子供たちを全員第4中に、その分美南小の南中へ進学する人数を増やして頂く事も提案します。または、開校数年(美南小からの進学人数が増えるまで)は第4中へ進学を認めて頂くなど、柔軟に対応して頂けないでしょうか。第4案の学区割は恐怖でしかありません。どうかもう1度子供の視線に立って熟考してくださいますようお願い申し上げます。

回答内容

(平成28年12月21日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

第四中学校区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月14日受け付け)
11日(日)に「どこでも市長」で、美南1区の声を聴いて下さりありがとうございました。審議会の答申を踏まえて、中原市長が「美南1丁目」「木売自治会の一部」「高富自治会」は南中学校区となるが、第四中学校に希望した場合優先的に入れるようにするとおっしゃって下さったこと、嬉しく思います。ありがとうございます。
今回の「どこでも市長」に参加して思ったことは、「前回の市長選で、中原恵人市長に投票して間違いはなかった。」ということです。冷静かつ公正に吉川市のことを考えていると思いました。最後に「どんな結果になったにせよ、判断は市長がするのであって、審議会委員の人を恨まないでほしい。責任は市長が持つ。」とおっしゃってくれたことに感動しました。
ですから、私たち美南1丁目の保護者の切実な願いを、中原市長ならば真摯に受け止め、大英断をしてくれることを願って申し上げます。
今回、第四中学校に希望した場合、キャパシティの許す限り、優先的に入れてもらえるとのことですが、入れない可能性もあります。私たち保護者が心配しているのは、通学面です。「どこでも市長」では、農道の危険性が挙げられ整備を願い出ている方がいましたが、今の季節は四時半でも暗いと感じます。私には現在5歳になる娘がいますが、中学生になり、南中学校からの帰り道、暗い農道で変質者に狙われないか、自転車事故に遭わないか等心配がつきません。
「どこでも市長」でも発言させていただきましたが、同じ美南の住所である徒歩圏内の第四中学校に通えるものだと思い、吉川市に引っ越してまいりました。美南という住所に変更後に越してきた住民は皆同じ意識だと思います。しかも美南1丁目は美南小学校より第四中学校の方が近いのです。毎日、第四中学校予定地のすぐ横を通って美南小学校に通っているのです。そんな美南1丁目の住民と、木売、高富の住民では、第四中学校に入学できないときの失望感は雲泥の差だと思います。ですから、美南1丁目の住民の第四中学校への希望を最優先にしていただきたいのです。
南中学校がいかに伝統校でよい学校であったとしても、保護者としては、大事な我が子の安全を第一に考え、距離が遠く自転車通学であること、周りが暗く道が狭く危険が多い事などを考えると、南中学校は選びません。色々な考え方がありますから、自転車通学を気にしない保護者の方もいるでしょう。ただ、先ほども述べた通り、美南地区に引っ越してきた住民は、同じ住所にある、広くて明るい歩道を通り、安全に徒歩通学できる美南小学校と第四中学校に通えると思い引っ越してきました。木売、高富に住んでいる住民とは第四中学校に対する思い入れが全く違うと思います。第四中学校へ最優先で入れていただきたいのです。
また、税金を納め、現在住んでいる吉川市民を差し置いて、グランセンス3号棟、4号棟の入居者が、私たち美南1丁目の住民が入りたくてもキャパシティの都合で入れないかもしれない第四中学校に確実に入れることに憤りを感じています。キャパシティのことを考えると、少しでも第四中学校へ行く生徒を減らさなければなりません。マンションの半分だけ違う校区というのは、小学校ではあるが、中学校ではないと教育委員会の方はおっしゃっていましたが、前例がないからできないとうのでは納得がいきません。中学校区は小学校区より自治会等が複雑でも大丈夫であると教育委員会の方はおっしゃっていました。それならば、マンションの半分が違う小学校区があるのですから、中学校でも大丈夫なはずです。
グランセンス3号棟、4号棟の入居者が南中学校へ行くのは少人数になりかわいそうだという意見も出るかもしれませんが、「どこでも市長」で中原市長は、周りが支えればいいことであるし、社会に出てあらゆる困難を乗り越えられるようにするためにも、少人数だからいじめや不登校が心配という考え方は間違っているとおっしゃっていました。
グランセンス3号棟、4号棟が南中学校区になって困る吉川市民はいません。困るのは不動産会社だけではないでしょうか。現在住んでいる吉川市民は、グランセンス3号棟、4号棟の入居者の人数分だけ第四中学校へ入学できるのですから、喜ばしい限りです。
税金を納め、現在住んでいる吉川市民のことを考えて下さるのなら、グランセンス3号棟、4号棟の入居者は南中学校区にして下さると信じています。グランセンス3号棟、4号棟が南中学校区となれば、マンションがなかなか売れないかもしれないかもしれません。しかし、自転車通学でもいいという家庭や高校生以上のお子さんを持つ家庭がマンションを購入されるでしょう。グランセンス3号棟、4号棟の価値が下がる、なかなか売れなくなるのではと考慮されるのは、1つの不動産会社に対して気遣うことになり、公正ではありませんから、中原市長はそんな考えはされないと思います。
以上のことから、(1)グランセンス3号棟、4号棟は南中学校区とする。(2)美南1丁目の住民は、希望すれば最優先で第四中学校に入学できる。この2点を切望いたします。
中原恵人市長が大英断してくださることを期待いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 

回答内容

(平成28年12月26日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からの意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」での皆さまからの意見と同様に扱わせていただきました。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において承認されましたので、後日公開される市ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

第四中学校学区域について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月13日受け付け)
12/11市長キャラバン開催ありがとうございました。また学区域について地域の意見や市全体のバランスなどを考慮し、折衷案として学校選択制導入を提案して頂きありがとうございました。公平性を担保しなければならない市長の立場でしたらこの案はベストな判断だと思います。ただ狭い地域ですが木売・高富側と美南側では、住民の地域事情、感情が全く違うのではないかと思います。木売・高富側は昔からのコミニティーであり、小学校は中曽根、中学校は南中学校というのが前提にあり、南中学校OR第四中学校が選択制となることはメリットしかなく受け入れられると思います。一方美南側は比較的新しいコミニティーであり第四中学校ができる予定と聞いた上で近年引越してきた方がほとんどであり、突然「この地域は南中学校校区になる予定です」と言われびっくりしてしまい多くの反対意見が上がっているのだと思います。南中学校が悪いとか行かせたくないとも思っていません。私達1区もそうですが、ダイワ美南1丁目の方々もその思いが強いのではないでしょうか?私達の後19:00~市長キャラバンを開催していてどのような意見が出たかわかりませんが、私達と同じような意見が出たと容易に予測できます。どうかこの地域事情と今住んでいる方々の思いも考慮した上で、美南1丁目全体を選択最優先地区に設定してもらい、まだ入居していないグランセンス3、4棟は南中学校地区とする案を前向きに検討して頂きたいと思います。
 市長のご英断に期待しております。よろしくお願い申し上げます。

回答内容

(平成28年12月22日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からの意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」での皆さまからの意見と同様に扱わせていただきました。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において承認されましたので、後日公開される市ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

(仮称)第四中学校の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月13日受け付け)
(仮称)第四中学校の学区に関して意見を申し上げます。
私の孫は美南1丁目に住んでおり、現在美南小学校に通っています。
祖父母の住んでいる吉川市に都内から引越してまいりました。南は子育てに優しい街、環境が良い街として私が転居を奨めました。
転居当時、美南小学校は開校1年前で(仮称)第四中学校は建設予定地として見てきました。将来中学校が建設された時は通学できると聞きました。孫の住んでいる美南1丁目は小学校に1番遠く、中学校建設予定地の横を通って小学校に通学しています。
第四中学校が開校したらやっと近くなり、しかも徒歩で通学できると喜んでいたのに南中学校に自転車で行かされるとは理不尽でなりません。美南1丁目に住んでいてすぐ近くの第四中学校に通えないのは非常に悲しいことです。
当事者の切実な気持ちを考えて、平成32年に第四中学校が開校した時に美南1丁目の生徒が入学できるように、よろしくご配慮お願い申し上げます。

回答内容

(平成28年12月26日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からの意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」での皆さまからの意見と同様に扱わせていただきました。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において承認されましたので、後日公開される市ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

新設中学校学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月13日受け付け)
美南の地域の子全員に、近くの中学校(平成32年開校)に通える選択肢をどうかください。子供の安全を考えても、(特定の理由を除いて)わざわざ遠い方の中学に通わしたいとは思わない。
「大和の子は南中」という断定的な発言をした市議会員さんは、本当にいらっしゃるんですか?

回答内容

(平成28年12月26日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からの意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」での皆さまからの意見と同様に扱わせていただきました。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において承認されましたので、後日公開される市ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

新設中学校学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月13日受け付け)
・美南1丁目 南中学校予定の場合
 南中か新設中学校選べるようにしてほしい。(自転車通学での距離や女児の場合夜間など不安に感じます。)

・南中の通学路安全を確保してほしい。

回答内容

(平成28年12月26日回答)

ご意見ありがとうございます。
●●様からの意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」での皆さまからの意見と同様に扱わせていただきました。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において承認されましたので、後日公開される市ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

新中学校(第四中学校)の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月12日受け付け)
昨日は市長キャラバンありがとうございました。美南1区に住むものです。色々意見があり、それを全て叶えるのはもちろん不可能なことで、市長も苦渋の決断だと思います。私は、生まれも育ちも吉川でずっと見てきました。まさか子育てもこの街ですることになるとは思いませんでしたが、愛着があります。周りをみてみると、私のように吉川で育ち吉川で子育てしている知人もたくさんいます。もともとさくら通りから東は南中の学区でした。中学校ができることで学区が変わってしまい、逆に南中に通いたかった子が、第四中学校になってしまうということも考えられると思います。それこそ、学校は近ければいいというわけではありません。私のように吉川で育ち南中を卒業し、子供が母校に通うのを嬉しく思う人もいるはずです。それであれば、武蔵野線から南は全て選択制にし、第四中学校が溢れる場合には、今回決まった学区から優先して入れるという案は出たのでしょうか。もちろん各家庭から希望を伺いとういのは骨が折れる作業だと思います。が、今回南中に学区が決まった私たちだけ、希望を出せる、というのも如何なものかと思いました。一市民の意見です。

回答内容

(平成28年12月22日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

  

新中学校(第四中学校)の学区域審議会について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月9日受け付け)
現在8歳と5歳の子供がいる父親です。美南1丁目(ダイワ育まちではない)が南中学校の学区域になることに強く反対させてもらいます。平成33年度に上の子が中学校に進学する予定です。まず親として一番不安・心配なことは、今回美南1丁目が南中学校となると自転車通学となり危険を伴います。安全面から徒歩で通わせたいというのが率直な気持ちです。遠い場所から優先して第四中学校の学区域の線をどこかで引かなければならないということは理解しております。ただ私達の地区美南1丁目(ダイワ育まちではない)も目と鼻の先にある中学校には行けず、遠い中学校に自転車通学をさせないといけない。というのは納得できません。私達の地区は大規模なマンションも少なく、戸建てが多い地区ですが対象の子供は何人いますか?どう考えても態勢に影響する人数がいるとは思えません。あと納得できない点は、私はダイワの育まちが開発される前に現在の家に引越してきました。当時は新しい小学校(美南小)が開校予定、新中学校建設予定地も確保されており、当然子供たちはそこに通えると思っていたのでここに住もう!と決めた大きな判断材料になりました。先に居住もしていて吉川市に税金も支払いをしており貢献度も高いはずです。なのに何故後から開発されたダイワの育まち(まだ入居もしていない方達まで考慮して)のせいで私達の子供が遠くの中学校で危険な自転車通学という選択を強いられなければならないのでしょうか?到底納得できません。
私達の地区美南1丁目(ダイワ育まちではない)は学校選択制にして頂きたいと思います。態勢に影響はないはずです。よろしくお願い申し上げます。 

回答内容

(平成28年12月20日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

  

第四中学校の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月9日受け付け)
吉川市立小中学校学区審議会議事録を読みました。たった3回で、しかも関係学区住民の意見を置き去りにして、決定していることに納得できません。きよみ野区の小学校について平成13年に審議会が開催されていますが、その時は第1回審議会から第3回審議会の後、関係学区の市民への説明会、第4階審議会、さらに関係学区への全世帯アンケートを実施、第5回審議会と審議を重ねています。(別紙に資料を添付しました。)
今回の美南地区に建設予定の第四中学校の学区域に関する審議会は少なすぎますし、地域住民の意見を取り入れていません。第3回審議会議事録を読むと、第4案が決定してから●●委員が「大和マンションの3棟目、4棟めを南中学校区とするのではだめなのか。」との意見を述べると、●●の●●さんは、「第4案・第5案のいずれもその区域を南中学区としておらず、本日第4案での決定がされていることから、変更は行わない。」と回答していました。先にも述べた通り、決定は審議不十分で早急であり、●●委員からよい案が出たのに、却下するのは横暴だと思います。なぜ、今回の審議会はきよみ野地区とは違いこんなにも早急かつ、関係住民の声を置き去りにするのでしょうか。
そもそも、第1回審議会では●●委員がグランセンスを除外する案を出しています。それなのに、第2回審議会での提案の中に入っていないのでしょうか。先ほども述べた、●●委員の決定後の提案も似たようなものだと思います。案に入っていないからと、●●さんから一蹴されていますが、なぜ、グランセンスは南中ではだめなのでしょうか。
グランセンス購入者は第4中学校に入学できるものと期待してるのと意見がありましたが、約5年前に、我が家も住宅購入時に不動産会社から「中学校予定地です。」と、建設予定地を案内されました。私は吉川に越してくる前は、東京都練馬区で自転車通勤をしていました。雨天時の合羽での通勤も大変でしたが、それよりも冬場の道路の凍結により、毎年必ず、どんなに気を付けていても、1度は転倒していたので子供を自転車通学はさせたくありません。我が家も徒歩圏内の第4中学校に通えると思い住宅を購入しています。今回南中に行かされる美南1丁目の住民は、現在吉川市に居住し、吉川市に税金を納めています。まだマンションが完成しておらず、当然ながら居住せず税金も納めていないグランセンス3棟め、4棟めの未来の吉川市民が優先されるのに納得いきません。マンションによって中学校が違ったらかわいそうという意見もあるかもしれませんが、それならば美南1丁目の住民も、すぐ隣の2丁目と5丁目と分かれてしまうのはかわいそうだと言えると思います。現在居住し、吉川市に税金を支払っているれっきとした吉川市民の方を優先させるべきです。いくまち自治会の中に南中学校区とだい4中学校区があるのが不都合ならば、世帯数もおおいのですから、いくまち自治会を分ければいいのではないでしょうか。美南自治会も1区、2区、3区に分かれています。
以上のことから、(1)南中学校区は第4案を修正して、美南1丁目ではなく、グランセンス3棟目、4棟目とする案(2)南中学校区は第4案を修正して、美南1丁目は選択制にし、抽選ではなく、希望者全員が第4中学校に入学できるようにする案(3)南中学校区は第4案を修正して、美南1丁目の中でも特に第4中学校に近い区域である美南1区自治会の住民は選択制にし、抽選ではなく、希望者全員が第4中学校へ入学できるようにする案の3案を提案いたします。

回答内容

(平成28年12月20日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

美南1丁目中学校学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月9日受け付け)
中学校の学区についてですが、線路より南側に住んでいる中曽根小・美南小に通学している子供達は第4中学校に通学して欲しいと思っています。南中の生徒数のバランスも重要だと思いますが、6年間一緒に過ごした仲間と学区が分かれてしまうのはとても悲しいことです。
ご検討、宜しくお願いします。 

回答内容

(平成28年12月20日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。
なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

美南1丁目中学校学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月8日受け付け)
美南1丁目だけ、新設する中学校の学区から外れるのは疑問を感じます。小学校は2丁目~5丁目と同じ美南小学校なのに、中学は1丁目だけ別になるのは、子供達がとてもかわいそうです。1丁目も新設する中学校の方が断然近いのに、学区から外れるのには違和感があります。1丁目も2丁目~5丁目と同じ学区になることを希望します。

回答内容

(平成28年12月19日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

新中学校の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月7日受け付け)
2回目の投稿です。今回の件では、市長をはじめ政策室の●●様、●●様、教育委員会の皆様に大変お世話になり感謝しております。教育委員会では●●様、●●様には特に色々と勉強させていただき誠にありがとうございます。ありがとうございます。

さて、市長は身近な方を亡くされたことはありますか?未来ある若い命が突然奪われてしまう経験をされたことはありますか?私は弟を亡くしました。ある事故により弟は突然この世を去りました。母の悲しみは想像を絶するもので、今もその悲しみは続いています。そしてその弟は、いじめにも遭っていました。まだ子どもだった私にはなぐさめてあげることしか出来ませんでした。自分の無力さが辛かったです。通学距離が長くなれば事故に遭う可能性は高くなります。悪天候の自転車通学であれば、更に高くなります。心配でなりません。日頃過ごしているエリアとは、違うエリアへ通うと私たち保護者の目も今ほど届かなくなります。地域で見守っていくことも難しくなります。少数派であればいじめに遭う可能性も増してしまうかもしれません。

市長は最終的な判断をご自身がしてくださり、その責任もとると非常に心強いお言葉をくださいました。私たちが選んだ市長はさすがだと感激しました。しかしながら、どれほど市長が素晴らしい方であっても事故は防げません。いじめも防げない部分があると思います。子どもが仲の良かったお友達と引き裂かれ、不登校になる可能性も0には出来ません。そのようにならない方法をきっと考えていただけるのだと信じたいです。私たち親には、子どもを立派な社会人に育てる義務があります。その義務を守るための覚悟があります。特に私には上記の弟のこともあり、引き下がるわけにはいきません。

“澄まち育まち大好き吉川”本当に素晴らしいフレーズです。育まちの自治会に所属する私たちがこのフレーズに心から同意出来るそんな新しい吉川市へと市長が導き、教育委員会の皆さまにもご理解いただけると信じたいです。そして、1区自治会の子どもたちも大切な市の財産です。どうぞよろしくお願い致します。またも乱第乱文でお許しください。 

回答内容

(平成28年12月19日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

新中学校の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月7日受け付け)
美南1丁目は南中学校の学区になると伺いました。美南地区は、全員美南小学校へ進学し、幼稚園から小学校と一緒に学んでいるお友達が大勢います。子供達には、今まで通りお友達と同じ中学校に進み、一緒に学んでほしいです。また、小学校、中学校の学区を見越して住居を構えた方も沢山いると思います。再度、学区の再編成を検討して頂きたくお願い申し上げます。 

回答内容

(平成28年12月19日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様からいただいた意見は、11月12・13日の「市長キャラバン」並びに12月11日に開催された「どこでも市長」でいただきました、皆さまからの意見と同様に扱わせていただきます。なお、学区の件につきましては、12月22日の教育委員会において決定をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

小中学校の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月7日受け付け)
第3回吉川市立小中学校学区審議会会議録の会議録を閲覧したが該当地区住人として納得できない、小学校学区と異なる中学校学区が設定されるのは、該当学区でできた友達と分離される事になり、子供にとって不幸でしかなく、到底納得できず、この採決によって今回学区異動となる地区に済む住民は不幸でしかない、この件に対してどう考えているのか回答頂きたい、また学区異動地区の優先して中学校を選択できるよう制度を補完できないか検討頂きたい。

回答内容

(平成28年11月8日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご投稿いただきましたとおり今回の学区審議会の答申では、(仮称)第四中学校開校後も駅南地域の一部の地区では中学校の通学区域が、これまでどおり南中学校となりますことから、中曽根小学校及び美南小学校を卒業した生徒さんが異なる中学校に進学することとなります。
今回の通学区域の編成に際しましては、今後増加が見込まれる美南地区の(仮称)第四中学校と南中学校との学校規模のバランス、両校の教育活動の充実、生徒の通学時における安全の確保、地域社会との関係を勘案し、両校生徒の教育環境を最大限考慮した上で答申をいただいたものであると考えておりますが、今後予定されている市長キャラバンにおいて広く皆様のご意見を伺う予定です。
また、同一小学校、同一中学校につきましては、吉川小学校と栄小学校におきまして、それぞれ異なる中学校への就学がすでに行われております。
ご指摘の中学校選択制について、優先的に対応するか否かは今後検討させていただきます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

休日における部活動の送迎について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年6月7日受け付け)
いつもお世話になっております。過去のご意見にもありましたが(平成27年10月3日受け付け)●中学校でも休日の練習会場への保護者の送迎が必要なことが多く、とまどっております。移動中に事故があって子供たちが怪我をしてしまった場合の責任の所在がどこにあるのか明確に学校側から説明もございません。学校側には吉川市から指導をされたとは思いますが、校長も変わっていたりして部の顧問にまで指導が徹底されていないのではないかと思います。保護者からも顧問にお願いをすることもできますが、できたら再度吉川市としてのお考えを中学校の部活顧問に徹底周知させて頂きたいと存じます。よろしくお願い致します。保護者としては公共の交通機関を使える会場などを練習試合に選んで頂けると幸いです。

回答内容

(平成28年6月20日回答)
ご意見ありがとうございます。
部活動は学校教育の一環として行われている活動ですので、緊急時などの場合以外、移動手段は公共交通機関を利用すべきであると考えております。
今後も継続して各校へ公共交通機関を使用するよう指導してまいります。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

中学生のいたずらについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年4月11日受け付け)
最近永田公園で中学生(栄小出身の中央中の学生だと名乗っているようです)が小学校低学年ばかりを狙って悪さをしています。周りに大人や高学年がいない時を狙って子供に近づき、下記のような行為をしていると子供達から聞きました。遊んでいる低学年のボールを取る、汚い言葉を投げつけて公園から追い出す、砂場で遊んでいる子供に口を開けさせてから砂や土を投げつける他、先日は水が流れる休憩所の上にどこからか持ってきた脚立で休憩所の屋根に上がる、トイレからトイレットペーパーを盗んで公園に撒く等やりたい放題です。16時くらいにいつも15人ほどでやってきて、その中の数人が低学年に絡んでいるようなので、一度取り締まりの程よろしくお願いします。こちらが注意しても一向に聞きません。

回答内容

(平成28年4月28日回答)
ご意見ありがとうございます。また、日頃より小中学生の見守りについてご協力をいただき重ねてお礼申し上げます。
ご指摘の「中学生のいたずら」につきましては、当該公園を吉川市少年センターにて実施しております補導活動(「声かけ活動」)の重点場所とし、今後、車両による通常の補導活動に加え現地を複数の補導員で巡回するなど、積極的に同活動を進めていきます。
今回ご提供いただきました情報を市内の各小中学校と共有するとともに、巡視活動を先生に依頼したところです。
また、公園内の施設の破損につきましては、重大なものは警察に被害届を提出しております。公園内での取締りにつきましては、以前より吉川警察署からも騒ぎで不快を感じた場合は110番通報していただきたいとの回答をいただいております。
今後ともお気づきの点がありましたら、ご連絡いただくようお願いいたします。

担当課

学校への指導について、学校教育課、電話、048-984-3564

公園の管理について、道路公園課、電話、048-982-9901

 

スクールバスの要望

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年3月14日受け付け)
三輪野江小、旭小へのスクールバスを要望します。
人数も少なく、下校の際、とても心配です。
なにか事件等があってからでは遅いと思います。

回答内容

(平成28年4月14日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の各学校における児童の登下校時の安全確保につきましては、その必要性を認識しているところです。
そうした中、スクールバス運行の予定はないものの、現在、児童の登下校時の安全確保のために、各学校においてPTAや自治会の皆さま・スクールガードリーダーや学校応援団等と連携し、登下校の安全確保に努めているところであり、今後も継続してまいりたいと考えております。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

エアコンの設置について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年3月30日受け付け)
吉川市内小中学校にエアコンの設置を早急にお願いします。
年々温暖化の影響もあって、夏の酷暑は育ち盛りの子ども達の学習には大きな影響があるとおもいますので、ご検討お願いします。

回答内容

(平成28年4月7日回答)
ご意見ありがとうございます。
小中学校のエアコン設置につきましては、まず、東中学校大規模改修工事において設置してまいります。
その後の設置につきましては、大規模改修工事等に合わせて順次設置してまいります。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

休日における中学校の部活動において

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年10月3日受け付け)
中学校の部活動についてお伺い致します。休日における体育系部活動等の対外校との練習試合移動手段として、各生徒の親御さんが自家用車に生徒さんを乗せている部活動があるのと聞きました。もし移動中に事故にあって生徒が怪我等を負った場合、吉川市教育委員会としてはご対応どうお考えでしょうか?各部活動の担当先生の判断で行っている事でしょうか?出来るだけ公共の乗り物を使って移動する指導をして頂きたいと思います。車の事故は自分が気を付けていても、相手がある事なので、非常に不安があります。

回答内容

(平成27年11月4日回答)
ご意見ありがとうございます。
部活動は学校教育の一環として行われている活動ですので、緊急時などの場合以外、移動手段は公共交通機関を利用すべきであると考えております。
各校へは公共交通機関を使用するよう徹底してまいります。
貴重なご意見、ありがとうございました。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

PTA活動に関するお願い

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年7月24日受け付け)
PTAの委員会活動において、人数の多い委員会(30~70人)があり、会議を行う大きい教室がなく困っております。多目的室や理科室等の特別な部屋とか低学年図書室などのあき教室で集まっています。
今後、プレハブから第1校舎に全クラスを戻すと、使える教室もなくなると校長からも話をきいています。
以前、学童を使わせて頂いてました。とても細かく注意されたのは覚えています。しかし、同じ子ども達のための活動なのでぜひ学童の先生方にもご理解と協力をお願いしたいです。
PTAとしても人数を減らしたりという工夫やできることをいろいろ考えていますが、いろんな方がいてまだ大規模校であるのでとても大変です。よろしくお願いいたします。

回答内容

(平成27年8月28日回答)
ご意見ありがとうございます。
日頃よりPTA活動にご尽力いただきましてありがとうございます。
また、ご意見にございますように、PTA活動の際に十分な活動スペースを確保することが出来ず、ご不便をおかけしまして、大変申し訳ございません。PTAの皆様にも、人数調整など様々な工夫をしていただいておりますが、限りある施設ということもございますので、学校長との十分な協議と調整のうえ、効果的にご利用いただければと思います。
また、大規模な人数での活動の際には、中央公民館やおあしすなどの施設利用につきましてもご検討いただければと思います。
学童保育室につきましては、貸し出しを想定した施設ではないことから、保育に必要な備品や児童の私物等が日常的に置いてある状況でございます。そのため、管理上の問題から、使用に当たっては相応の制約が発生いたしますことをご了承下さい。

担当課

PTAなど学校活動について、学校教育課、電話、048-984-3564

学童保育について、保育幼稚園課、電話、048-982-9528

 

美南地区の学区について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年7月14日受け付け)
質問なのですが、こちらでよろしいでしょうか。吉川美南小では、高学年が2~3クラスなのに対して低学年は5クラスあり、いずれ教室が足りなくなるとの話をよく耳にします。そして美南小学区が変更になるとの話も耳にします。噂で聞いたという人もいれば、市の職員から決定したと聞いたという人もいます。「1丁目5丁目は中曽根学区になる」という話や「しまむら以北は中曽根学区になる」等、様々な話を耳にします。正式にはどうなっているのでしょうか。決定しているのか、話は出てるが未定なのか、どんな話が出ているのか等詳しく教えて下さい。新小、新中に通わせられるという点も、現在の家を購入した大きな理由です。学区が変更になったらとても残念なので気になっています。

回答内容

(平成27年7月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
美南地区の児童が中曽根小学校の学区になるというお話(噂)についてでございますが、現時点では、美南小学校の学区の見直しや変更について検討を行う予定はございません。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

中央中体育館について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年6月9日受け付け)
バイタリティーあふれる中原市長、尊敬いたします。中央中体育館トイレと暗幕についてのご相談です。
中央中は校庭も広い為、市内外から部活でも試合で訪れる中学生が多数おり、その時に使用するのが体育館トイレです。そのトイレ、古く、汚く、流れが悪く、大人でも入るには勇気がいります。
又、授業や講演会の時に使用する体育館の暗幕、カーテンレールもボロボロで落ちてきて暗幕も引くこともできず、その暗幕もボロボロで縫うことも不可能です。
 役所の新設、新中学も建てなければならずお金もないのもわかっているのですが、どうしてもご相談したくて、書かせていただきました。どうぞご検討の程よろしくお願いいたします。
この用紙、●●での直接配布、ありがとうございました!

回答内容

(平成27年7月13日回答)
 この度は、中央中学校体育館についてご意見をいただきありがとうございます。
 中央中学校体育館につきましては、夏休みにアリーナ(床)の改修工事を実施する予定となっておりますが、ご指摘のトイレや暗幕の状況を把握しているものの今回の工事には含まれておりません。
 吉川市では開校時期の近い学校が多く、数多くの学校で同様の課題があることを把握しておりますので、今後も学校現場の声を聞きながら計画的な整備に努めてまいります。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

小中学校の市外利用について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年5月1日受け付け)
高久に住んでいますが、子どもの中学校が南中学校となることを聞いて驚いています。
南中学校は路離が遠く、自転車通学が必要となります。
ならば、近くにある三郷市立彦糸中に通学させたいと考えております。
小中学校の市外利用の緩和を積極的に考えてください。

回答内容

(平成27年6月26日回答)
「小中学校の市外利用」についてお答えいたします。
ご指摘のとおり、JR武蔵野線以南の地域には中学校がございませんので、中曽根小学校区及び美南小学校区を卒業されました児童の皆さんには南中学校へ就学していただくことになります。
公立小中学校への就学につきましては、お子様の住所により指定された小中学校へ就学するのが原則となっておりますので、吉川市に住所を定めておりますお子様が、三郷市立の中学校に就学(区域外就学といいます。)しようとする場合には、三郷市教育委員会の承諾が必要となります。
お子様の身体的事由や保護者様の家庭的事由など一定の条件を満たす必要がございますが、本市の中学校では自宅から遠く、三郷市の中学校が自宅に近いという事由では三郷市の中学校への就学許可をいただくのは困難と思われます。
●●様のおっしゃるとおり、大切なお子様を近くの学校へ通わせたいというお気持ちはわかりますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

美南地区への中学校建設について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年1月22日受け付け)
美南地区に中学校建設の話があると思いますが、具体的な建設計画(年、場所、規模等)はあるのでしょうか。

回答内容

(平成27年2月13日回答)
美南地区への中学校の建設につきましては、生徒数がどのように推移していくかを慎重に見極め、市にとって有利な条件で建設できるよう準備をしていきます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

クーラーの設置について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年7月14日受け付け)
小中学校にクーラーを設置して下さい。昨年の様になるようだと、体力的にも勉強も全く身に入らない様です。お願します。

回答内容

(平成26年7月17日回答)
現在、市では児童及び生徒の安全のため、校舎・体育館の耐震補強や大規模改修工事を行っており、耐震補強につきましては、今年度の吉川小学校体育館で全て完了いたします。しかしながら、大規模改修工事などの事業につきましては、引き続き行う必要があります。
エアコンにつきましては、快適な教育環境を子供たちに提供するために、暑さ対策として教室に設置することが考えられますが、前述の大規模改修工事などがあるため、各種事業の優先順位を考慮しながら、教室へのエアコンの導入を検討してまいりたいと考えております。

担当課

教育総務課、電話、048‐984‐3565

 

体罰アンケートについて

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月25日受付)
小学校に関して質問・意見が2つあります。1.昨年から、学校より『体罰』についてのアンケートが配布されましたが、体罰が行われた日にちが「4月から12月の間で」と期間が限定されているのは何故でしょうか?2.記入した用紙を担任へ提出するというやり方に問題があると思います。氏名未記入であっても、子供はどこかで自分の担任が見るかも知れない。誰が書いたのかすぐにわかってしまう。という恐怖感から、本当の事が書けない。ということがあります。

回答内容

(平成26年3月3日回答)
「体罰に関するアンケート」につきまして、ご質問・ご意見ありがとうございます。
まず、1の件につきましては、県による調査の関係で期間がそのように定められていることから、「4月から12月」と致しました。この期間外につきましても該当する件がございましたら、学校もしくは教育委員会までお知らせください。
また、2の件につきましては、「該当なし」のお子さんも同様に提出していただき、まず校長が開封し、最初に内容を確認しております。ご指摘のような場合は、直接校長もしくは教育委員会へお知らせいただくことも可能ですので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048‐984‐3564

 

小学校周辺を禁煙区域に

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月7日受付)
何人かの方も既に意見を書いておられますが、親として同意見です。小学校周辺を広い範囲で禁煙区域に指定して下さい。栄小及び沼辺公園も禁煙区域に指定すべきです。運動会の時、校庭や公園で家族そろってお弁当を食べます。その際に、あちこちで、保護者だけでなく、祖父母も一緒になって喫煙しているのを毎年見かけます。市役所の答えでは「公園は禁煙区域に指定する気はないので喫煙してよい。学校外なら喫煙して良い」との見解ですが、運動会中に学校周辺の路上で喫煙し続けている大人達がいて、校庭内の児童席にいた子らは「朝から一日中ずっとタバコ臭かった」そうです。6歳から12歳までの成長期にある大勢の子供らに、「タバコ臭くても我慢しろ」と市は言うのですか?今までの市の回答だと「我慢するのは子どもたちの方で、タバコを吸いたい大人は我慢することなく、吸える場所でどんどん吸ってよい」ことになります。吉川市内全域を禁煙に、と言っているわけではないのです。「小学校とその周辺を広い範囲で禁煙区域にする必要がある」と言っているのです。学校周辺でタバコの吸い殻をポイ捨てする大人、乳幼児のすぐ脇でタバコを平気で吸うような非常識な大人たちが吉川には沢山いるからこういった要望を出しているのです。

回答内容

(平成26年2月17日回答)
路上喫煙禁止区域につきましては、現時点では設定の予定はございませんが、市では、広報やホームページ、駅前での喫煙マナーアップキャンペーンの取り組みを通じて、喫煙マナーの啓発を実施しているところでございます。
また、条例で路上喫煙禁止区域を設定している市町村においては、駅前や繁華街等、その市町村の中で常時人通りの多い場所において、歩行喫煙を原因とする火傷や衣服の焼け焦げなどを防止することを目的に路上喫煙禁止区域に設定されております。ご指摘の区域における路上喫煙につきましては、運動会などの学校行事の際に限定されており、条例の目的を考慮いたしますと路上喫煙禁止区域とすることは難しいと考えております。
しかしながら、迷惑喫煙につきましては、決して許される行為ではないと考えておりますので、今後も引き続き、イベント時の公共施設周辺における喫煙マナーをはじめ、喫煙者のマナー向上を呼び掛けて参りますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

PTA活動について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月5日回答)
市内の学校のPTA活動が多すぎると思います。親の負担が多いのです。共働きだったり、親族を介護していたり、持病を抱えていたり、片親などの保護者がいます。あまり頻繁に当たり前のように学校に呼び出さないでほしいのです。委員会活動やらPTA活動やら親の負担が多いので、もっと減らして下さい。仕事にも家庭にも支障が出ています。学校だけのために何度も仕事を休むわけにはいかないのです。昔と今とは家庭の事情が違うので、PTAと教育委員会は従来のやり方ばかりに固執せず、保護者の負担をどんどん減らしていく方法を考えるべきだと思います。ポイント制という制度も、負担の多い世帯と、まったくやらない世帯とがあって矛盾しています。

回答内容

(平成26年2月10日回答)
PTA活動についての貴重なご意見ありがとうございます。
子どもたちが健やかな学校生活を送るためには、教職員と保護者の連携が必要不可欠で、PTAという組織が大きな役割を担っていると考えております。
しかしながら、ご意見いただいた通り、昨今の状況から吉川市だけでなく、全国的にPTAの活動が保護者の皆様の負担となっていることは、教育委員会でも認識しております。
教育委員会では、各小中学校PTAで組織する「吉川市PTA連合会」の活動を支援させていただいております。頂戴したご意見は、PTAの組織や活動について各小中学校PTAが意見交換する場である「組織・運営委員会」に提供させていただき、PTA活動の負担が少しでも減らせるよう、助言してまいります。
また、各校PTAでも、活動に対する意見を会員に聞いていると伺っておりますので、ぜひ、このようなご意見を各校PTA会長にお話しください。
なお、ポイント制につきましては、各小学校PTA独自で作り上げたものであり、制度の内容について教育委員会が関与することはできませんので、ご理解いただければ幸いです。

担当課

生涯学習課、電話、048-984-3563

 

中央中学校周辺での喫煙について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年1月20日受付)
回答して頂きありがとうございます。条例で規制や喫煙所の設置が現実的に難しいのは理解できます。
学校敷地内を禁煙にすると一歩外に出たら喫煙しても良いと考える人が多く居ます。敷地内禁煙を徹底しても、周辺の路上喫煙が増えるだけです。「敷地内禁煙」ではなく「敷地内及び周辺」の禁煙を徹底してください。

回答内容

(平成26年2月3日回答)
日頃より、本市の学校教育にご理解・ご協力を賜りありがとうございます。
ご指摘いただいている件に関しましては、「敷地内禁煙」はもとより周辺での喫煙マナーも含めまして、保護者の方や施設利用する方などに継続して、啓発してまいります。

担当課

学校教育課、電話、048‐984‐3564

 

中央中学校周辺での喫煙について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年1月6日受付)
中央中学校の施設を利用する方や生徒の保護者が中学校を訪れた際、路上で喫煙し吸殻をポイ捨てして困ります。吸殻が風で周囲に拡散し大変迷惑です。万が一火が残っていて火災が発生したら誰が責任を取るのですか?冬は乾燥し枯れ草も多く大変危険です。中学校周辺の路上を禁煙にしてください。又は喫煙場所を設置して吸殻の管理を徹底してください。よろしくお願いします。

回答内容

(平成26年1月17日回答)
日頃より学校教育に関してご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。
たばこの吸い殻をポイ捨てする行為は、吸い殻の散乱や周辺での火災につながる恐れがある迷惑な行為です。当市では、喫煙者のマナー向上のためには喫煙者一人一人の意識を変えることが重要と考え、吉川駅前での喫煙マナーアップキャンペーンや広報、ホームページ等を通じ喫煙者にマナー向上を呼び掛ける啓発活動を実施しております。また、学校体育施設開放事業においても、利用調整会議の場で全利用団体に対し、学校敷地内での喫煙禁止と喫煙マナーについて周知徹底をはかっているところでございます。
ご指摘を頂きました路上での禁煙につきましては、条例で規制している市町村もあり、駅前や繁華街等、その市町村のなかで常時人通りの多い場所において、路上喫煙による被害の防止を目的とし、路上喫煙禁止区域を設定しています。当市においては、同様の条例は現時点ではございませんが、仮に条例を制定した場合につきましても、ご指摘の区域は路上喫煙者の往来は一時的であるため、禁止区域とすることは難しいと考えております。また、学校外への喫煙場所の設置につきましても、喫煙場所からの煙やにおい等が周囲へ影響を与えることが懸念されることから、設置は困難となっておりますが、今回いただきましたご意見につきましては、中央中学校をはじめとする各学校や施設利用者に伝え、喫煙ルールの周知徹底を図るとともに、公共の場所における喫煙マナーについても積極的に啓発して参ります。

担当課

  • 学校教育に関すること、学校教育課、電話、048‐984‐3564
  • 喫煙マナーに関すること、環境課、電話、048‐982‐9698
  • 学校体育施設開放事業に関すること、スポーツ振興課、電話、048‐982‐6800

 

中曽根小学校の騒音について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年10月16日受付)
中曽根小学校から聴こえてくる音楽や音声放送の音量が大きすぎます。明らかに必要以上の大きさで鳴らされています。ある程度離れている家の中でもはっきりと聴こえます。好きでもない音楽や声が耳に入り続けるのは非常にストレスを感じます。市として対応よろしくお願いします。

回答内容

(平成25年10月23日回答)
日頃より、吉川市教育行政にご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。ご投稿をいただきまして、直ちに中曽根小学校に連絡をし、適切な音量での放送を行うよう伝えさせていただきました。学校におきましては、さまざまな教育活動の場面において学校放送を利用しているところですが、近隣の方々にご迷惑をおかけすることのないよう、今後も適切な音量での放送となるよう配慮して参りますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

いじめなどの相談場所について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年9月30日受付)
いじめなどの相談できる場所を作ってください。よろしくお願いします。

回答内容

(平成25年10月4日回答)
いじめやそれに近いことがあって悩んでいる場合は、まずは、学校の先生に相談してみるのが一番ですが、もし、先生に話しづらいようであれば、各校にいらっしゃる相談員さんにお話しするのはどうでしょう。みなさん、親身になって相談に乗ってくださいます。それも難しいようでしたら、吉川市には少年センター(048-981-3863)という場所があり、そちらでも相談に乗ってくれますのでお電話してみてください。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

PTA活動について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年9月4日受付)
PTA活動への疑問。小学校だけでなく中学校でも延々と続く親の負担。子供の数が多いほど、多くのポイントを何年もかけて取らねばならず、学校に長時間拘束される。本当に必要かどうか疑問を感じる委員会活動もある。花壇の手入れなど、児童だけでできることに毎回親を呼んでまでする必要があるのか?親に仕事をいちいち休ませてまでする必要が?児童の親だからと何度も学校でこき使うのはボランティアの域を超えていると思う。PTAの親たちに自分たちのやるべき仕事を押し付けて、エアコンの効いた部屋から出ようとしない教育委員会は怠慢だ。

回答内容

(平成25年9月10日回答)
PTA活動についての貴重なご意見ありがとうございます。頂戴いたしましたご意見につきましては、各校長とPTA会長で開催しておりますPTA常任委員会にてご紹介させていただき、今後のPTA活動の在り方について意見交換して参ります。

担当課

生涯学習課、電話、048-984-3563

 

小学校の給食について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年5月17日受付)
小学校の給食について 子供が卵、牛乳のアレルギーなのですが、除去食を始める予定などはないのでしょうか?

回答内容

(平成25年5月28日回答)
ご意見いただきありがとうございます。
当市では、食物アレルギーによる事故を防止するため、毎年各小中学校から学校給食制限届の提出を依頼し、その届出を基にアレルギー食物がある児童生徒やアレルギーの原因になる食物を把握しております。
ご意見にあります除去食につきましては、現在のところ、給食センター等の施設の状況により開始することは困難となっております。そのため、日によっては卵等を使用しないよう食材の確保の中で工夫しているところでございます。また現在、アレルギーの原因になる食物を記載した給食食材表を作成し、各小中学校に配布のうえ、児童生徒及びその保護者への周知を図るといったアレルギー対応を行っているところでございます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

運動会開催時の駐車について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年5月9日受付)
毎年関小学校の運動会の日になると、付近の道路が路駐でいっぱいになり走りづらいし危ない。 学校に苦情の電話を入れても「父兄にはお願いしている」と取り合ってくれません。警察に取締まりを要請してください。もちろん関小だけではないと思いますので他の学校の運動会の際にも。小学校なんだから車で来なきゃならないような遠い所には住んでいないと思いますが。

回答内容

(平成25年5月21日回答)
日頃より本市の学校教育に関してご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。
ご指摘いただきました今回の件に関し、学校へは、学校行事の際に車で来校することがないよう文書等で保護者に伝えていくことを指示しました。また、教育委員会学校教育課が発行している「学校教育課だより」にも同様の内容を載せ、保護者に対して学校行事全般について自家用車での来校をご遠慮いただくことをお願いしていきます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

栄小学校の設備等について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年4月24日受付)
栄小ですが他校と比較すると、廊下がいつも汚くてすぐ靴下が真っ黒になります。児童用及び身障者用トイレも薄暗く汚いので不潔な感じがします。学校の設備も所々壊れている箇所があります。建て替えが無理ならリフォームするなどして、もう少し清潔感のある快適な学校にしてほしいのです。きれいな設備の美南小がうらやましいです。

回答内容

(平成25年4月30日回答)
この度は、栄小学校の設備等についてご意見をいただき、ありがとうございます。
栄小学校ではほぼ毎日、子ども達と先生がほうきで掃き、ぞうきんがけやモップを使っての掃除を行っています。なお、破損箇所については、先生と協力して随時修繕を行い、学校の建て替えやリフォームなどの大規模な施設更新は、安全・安心な学校づくりのための耐震補強工事とあわせて実施しております。
今後も、既存の施設を大切に使いながら、安全・安心で子ども達が快適に学習できる環境整備に努めてまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

小学校への送迎バスについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年2月27日受付)
来年度孫が1年生になります。小学校は北谷になるそうです。学校まで1時間かかるそうです。送迎バスがでないでしょうか。

回答内容

(平成25年3月5日回答)
お孫さんが小学校に入学ということで、新入学おめでとうございます。ご心配なお気持ちは理解いたしますが、本市の小、中学校では送迎バスによる通学は行っておりません。小学生は徒歩で通学しております。通学距離が長く、体力・安全面等不安もあろうかと思いますが、高・中・低学年で通学班を組み集団で登校しております。安全対策としまして、学校でも安全指導を十分行い、PTA、地域の方々のご協力をいただき登下校の見守りを行っております。4月当初は、慣れずに疲れてしまうこともあると思いますが、ぜひ励ましの言葉をかけていただき、お孫さんの成長を見守ってくださるようお願いします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

雪予報による小学校登校時間変更について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年2月7日受付)
雪予報による小学校登校時間変更はやめてほしい。全ての保護者が専業主婦(夫)ではない。共働き家庭では頻繁に会社を遅刻するわけにもいかず、登校時間が遅くなることで子供を一人家に置いておかなければならない。暖房器具の消し忘れや鍵のかけ忘れのリスクの他、低学年では一人で家に残される事自体不安に感じるだろう。何か起きたら学校が責任をとってくれるのか?雪で転倒する可能性よりそちらのリスクの方が高いと思う。改善を求めます。(せめて学校の一室を解放し希望者は通常通り登校させるなどの配慮が欲しい。)

回答内容

(平成25年2月14日)
本市の教育活動に御協力をいただきありがとうございます。ご投稿いただいたように、ご家庭によって様々な事情がお有りのことと思います。登校時間の変更につきましては、天候の急変やインフルエンザ等の感染症拡大などの場合は、児童生徒の安全確保のため、やむを得ず学校の登下校時間を変更することもありえますのでご理解をお願いいたします。なお、登下校の時間を変更する場合は、各家庭に可能な限り早めの情報提供を心掛け連絡体制を整えていきたいと考えております。
また、「学校の一部を開放し希望者は通常の登校」につきましては、教職員も敷地内や学校周辺の除雪、また、立哨指導などを行うため、学校から離れることが多く、通常に登校した児童に目が届くか不安な点もございます。各学校の状況により何ができるか、今後の課題とさせていただきます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

皆勤賞の賞状について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年2月5日受付)
ぼくは、北谷小学校に通っています。ほかの市内の小学校は、卒業式でかいきん賞の賞状をもらえるのですが、ぼくが通っている北谷小学校は、卒業式でかいきん賞の賞状がもらえません。ぼくも、ほかの小学校のように卒業式で、大きなかいきん賞の賞状がほしいです。

回答内容

(平成25年2月8日)
ご意見をいただきありがとうございます。小学校での皆勤賞についてお答えします。吉川市内の小学校では、北谷小学校を含め、卒業式での皆勤賞の表彰は行っていませんが、学校によっては独自に1年間の皆勤賞などを作成し、その努力を表彰している学校もあります。
ご意見をくださったあなたは、健康で休まずに登校できているのだと思います。健康に学校へ毎日通えることは、何よりの宝であり、あなたの努力の素晴らしさでもあると思います。また、あなたの健康を支えてくださったご家族の皆様の努力の素晴らしさでもあると言えるでしょう。ぜひ、中学校でも健康に気をつけ、今まで休まなかったことを誇りに、元気に登校を続けてください。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

通学時のヘルメット着用について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年1月15日受付)
吉川市内の中学生は(今どき)通学時にヘルメットをかぶっていて笑えますが、これは何かウケ狙いなのでしょうか?田舎臭くてダサいのですぐに止めたほうがいいと思います。

回答内容

(平成25年1月18日回答)
自転車通学者のヘルメット着用に関しましては、生徒の安全を最優先にヘルメット着用の指導をしております。万が一、交通事故等に巻き込まれた場合に、ヘルメットを着用している、していないとでは、命にも係わってきますので、今後もヘルメットの着用及び交通安全の指導に努めてまいります。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

中曽根小学校の騒音について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年11月26日受付)
中曽根小学校の騒音に関して。騒音といっても子供達の騒ぎ声ではなく、大音量で放送される音楽や拡声器での教員の声を指します。明らかに必要以上の大きさで鳴らされています。好きでもない音楽や声が耳に入り続けるのは非常にストレスを感じます。子供達の騒ぎ声などは仕方の無いことですから我慢がききます。しかし、拡声器や放送音楽は教員の手によるものであり、大人ならばもう少し近隣に配慮していただきたい。市として対応よろしくお願いします。

回答内容

(平成24年11月28日回答)
日頃、吉川市の教育行政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。ご投稿を拝見いたしました。必要以上の音量ということでございましたので、早速学校に連絡し、ご指摘の部分を伝えさせていただきました。学校教育の中では、朝の時間帯、給食時間、清掃の時間等、子どもたちの生活時間帯で、音楽を流させていただいております。今後につきましても、適切な音量に配慮したいと考えておりますので、校内放送にご理解をお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

学校でのインフルエンザ対策について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年12月11日受付)
インフルエンザで学級閉鎖が相次いでいます。閉鎖になってない学校はインフル対策として、各クラスに加湿機能付き空気清浄機を設置している・消毒液やうがい薬や殺菌石鹸を設置・R-1ヨーグルトなどを給食で出す・うつりやすいため、対面で向かい合って給食を食べさせない、等の対策が取られています。吉川市では具体的にどのような対策を取っていますか?生徒数の多さを考慮していますか?教育委員会は予防効果のあった学校の情報をきちんと把握し、積極的に対策を取っているのですか?ワクチン打てない子もいるので様々な予防法を行ってほしいで

回答内容

(平成24年12月12日回答)
インフルエンザ対策について、児童生徒の健康管理をご心配いただきありがとうございます。
教育委員会では、インフルエンザ流行前に手指消毒液・薬用せっけんを各学校に配布するとともに、手洗い・うがいの徹底や規則正しい生活習慣の徹底によるインフルエンザ感染予防に努めるよう各学校に周知しているところです。
今後も情報収集に努めるとともに、インフルエンザ感染予防に努めてまいります。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

林間学校の実施場所について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年11月19日受付)

今年も日光への林間学校がありました。「風評に惑わされることなく、現地の情報に基づき、できる限り予定通りの実施が望まれるところです」と通知が来ているとのことですが、あくまでも望まれる事であって、絶対ではないですよね?判断した結果だと言うのなら簡単すぎる判断ではないのでしょうか?市独自で現地へ出向き計測し安全の確認をするべきではないのでしょうか。学校で子供を預かっている以上、安全の確認は最低限のことですよ。子供の健康被害より風評被害を第一に考えているとしか思えません。慎重な対応をしているとは到底思えません。

回答内容

(平成24年11月21日回答)

児童の林間学校の実施場所について、ご意見をいただきありがとうございます。日光市の空間線量については、ほぼ同じ数値で推移していることが日光市の発表(HP)で分かります。放射性物質汚染対処特措法における基準である毎時0.23マイクロシーベルトを超える箇所は、湯西川地区の一部であります。
ご指摘の、観光庁次長から、文部科学省、県教育委員会を通じて発せられた通知については、市としては通知の趣旨を否定できる状況になく、あえて現段階において各学校に対し、日光への林間学校を中止、若しくは、再考を促す段階ではないものと考えます。今後も現地の情報等を収集し、校外学習の実施場所等については慎重に対応していきます。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

万引きへの対応について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年8月9日受付)

●●で万引きが二回あったらしいが、ちゃんとやっているのだろうか。

回答内容

(平成24年7月25日回答)

万引きにつきましては、市内の小中学校において、道徳の時間をはじめ全ての教育活動の中で、思いやりを持つことや正しい行動をとることについて指導を行っております。ご指摘の児童生徒の万引き等の問題行動につきましても、各校で管理職を交えた定例の生徒指導担当者会等で、情報をもとに対策を協議するなど解決に向けた組織的な取組みを丁寧に行っております。加えて、夏休みを前に子どもたちが規則正しい有意義な夏休みを過ごせるよう学校全体や学級で指導をいたしました。また、●●学校におきましては、夏休み中、職員によるパトロールを実施する際に、自校の児童がご迷惑をかけていないか店舗に立ち寄り状況を尋ねる等の取組みを実施すると聞いております。児童生徒の健全育成につきましては、地域、家庭、学校が総ぐるみとなって取り組むことが効果的です。引きつづきご協力をいただきますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

吉川市の教育委員会のいじめなどへの対応について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年7月24日受付)

大津市中学生いじめ自殺事件を発端に、全国各地で次々ひどいいじめの実態があらわになりました。埼玉県でもいじめによる飛び降り自殺や事故が起きています。吉川市の教育委員会は、きちんといじめなどの問題を把握し対応できていますか?市内の小・中学校に問題行動を取る生徒が男女ともにいます。大津の教育委員会のように隠ぺいしたり身内に甘くしないで、生徒一人一人と向き合って、解決に全力を注いでほしいです。

回答内容

(平成24年7月25日回答)

貴重なご意見をありがとうございます。市内の小中学校においては、現在、児童生徒や保護者と学校との信頼関係や、地域の方々のご協力のもと、非行問題行動並びにいじめの根絶に向けて継続的に取組みを行っております。また、市教育委員会といたしましても、市内の相談機関の案内を学校教育課だよりを通じて再度全児童生徒へ配布したほか、各校に配置された相談員やスクールカウンセラーへいじめに関する相談があった場合には、特に注意深く丁寧に行うよう指示をいたしました。また、毎月定例の全小中学校の生徒指導主任を集めた会議において、情報交換や対応の協議の機会を通じ、情報の収集を小まめに行っております。加えて、大津市の事件を受けて、各校の管理職へいじめの早期発見と早期対応について取組みの一層の推進を指示いたしたところです。いじめの問題については、何より被害者の立場に立った対応が大切です。市教育委員会としましては、各小中学校へのいじめの根絶に向けた取組の支援を引き続き実施する他、万が一、市内各小中学校において不適切な対応があった場合には、その都度指導いたします。いじめ問題の根絶には地域総ぐるみで子どもたちを育てるという姿勢が大変重要です。今後ともご協力をお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

学区の選択制について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年7月13日受付)

美南小学校建設中ですが 美南1丁目からだと距離や安全面等考慮しても中曽根小学校が最良と考えられます。 選択できるよう希望いたします。

回答内容

(平成24年7月19日回答)

ご投稿拝見させていただきました。ご質問の通学区域につきましては、吉川市立小中学校学区審議会に諮問し、その答申を受けて通学区域を決定させていただくことになっております。学区審議会では、学区内小学校の状況や通学距離、児童に及ぼす影響、自治会等の地域社会との関係を十分考慮し、慎重に審議していただきました。その答申の内容につきましては、広報よしかわ平成23年3月号に掲載させていただいたとおりでございます。今後、該当地域にお住まいの保護者の方々を対象として、通学区域に関する説明会を実施させていただく予定でおります。何卒新設美南小学校に対しまして、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

三郷吉川線は危険、通学路の見直しについて

ご意見・お問合せの内容

(平成24年7月13日受付)

三郷吉川線が開通しましたが かなりの通行量と速度に驚愕しております 通学路としては歩道があるとはいえ 危険だと感じます。 可能な限り別のルートの推奨をお願い致します。

回答内容

(平成24年7月19日回答)

ご投稿拝見させていただきました。児童生徒の安全確保について、ご意見を賜り誠にありがとうございます。現在、市内各小中学校の通学路は、安全面を十分検討した上で、各学校長が通学路の指定を行っております。市としましては、大きな道路を横断しなければならない場所や交通量が多い場所につきましては、交通指導員を配置する等、児童生徒の安全を確保に努めております。また、各学校においては、PTAや市民の皆様にもボランティアをお願いし、見守り活動を通して児童の安全面の充実に努めているところです。今後とも、児童生徒がより安全に登下校できますように努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

小学校の林間学校について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年6月4日受付)

小学校の林間学校の行き先が日光というのをしりました。吉川市よりも空間線量の高いところへ何故行くのでしょうか?わざわざ被曝を増やす必要性はないと思います。今年のがもう覆せないならせめて、食材の産地を考え宿に要請、マスクの着用を指導してください。来年度からは他の地域へ。 子供の遺伝子への被曝はできるだけ低くしなければならないと思います。北九州市への修学旅行をとりやめた学校もあります。学校長、市長のご英断を期待します。

回答内容

(平成24年6月5日回答)

この度は、メールをいただきありがとうございました。ご要望につきまして、次の通り回答します。
ご指摘の通り、日光市は吉川市よりも空間線量が高くなっています。しかし、放射性物質汚染対処特措法における基準である毎時0.23マイクロシーベルトを超える箇所は湯西川地区で一度だけの計測となっています。また,日光市は平成23年4月5日に「日光市観光安全宣言」を示し、水、空気、食べ物の安全性を訴えています。さらに、観光庁次長からは「東日本大震災後の状況を踏まえた東日本への修学旅行の実施について」が示され、文部科学省、県教育員会を通じて市教委及び各小中学校に通知されています。通知においては、「風評に惑わされることなく、現地の情報に基づき、できる限り予定通りの実施が望まれるところです。」とあります。
上記の事柄を勘案して検討を加えたところ、現段階において各学校に対し、日光への林間学校を中止、若しは、再考を促す段階ではないものと考えます。今後も現地の情報等を収集し、修学旅行、林間学校の実施場所等については慎重な対応をしてまいります。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

小学校のプール汚泥等の測定と清掃について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年5月22日受付)

  • プール汚泥、プール水槽に溜まっていた水から汚泥(土、砂、枯葉などの沈殿物)をすくい上げ、測定器を50センチメートル以内に近づけて、空間放射線量を測定します。
  • プールサイド、床面より50センチメートルの高さでの空間放射線量の測定 とのことですが、清掃はスコップ(大きい物)で行うのでしょうか?直接手でふれたりするのであれば、50センチメートルの位置で測定しても意味がないのでは?草むしりも中止してくれているのに、プール清掃はOK(オーケー)なんでしょうか??

回答内容

(平成24年5月28日回答)

市では、プール清掃前に水槽内の汚泥の空間放射線量を測定し、測定の結果、市で除染対象とする基準と同様に、表面から50センチメートルの空間放射線量が毎時0.19マイクロシーベルトを超える場合については、児童によるプール清掃は行わないよう指導を行っています。現在のところ、市内小学校7校のうち4校において空間放射線量の測定を行いましたが、いずれも基準値を下回っていたため、児童によるプール清掃の規制は行っていません。プール漏水修繕のため業者が清掃を行う中曽根小学校を除く、残りの2校についても、プールの水抜き作業が完了次第、測定を行います。
今年度の清掃については、4校においては、教職員が事前に大まかな清掃を行い汚泥を取り除いた後に、児童が仕上げ作業を行う方法をとっています。その他の2校においても、児童が実施するのは、デッキブラシ等を使用しての清掃であり、児童が直接汚泥等に手でふれることはありません。今後におきましても、子どもたちの安全で安心な生活環境を守るため、除染計画に基づき適正な管理に努めてまいります。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

栄小の危機管理について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年12月5日受付)

三郷と松戸・柏での児童を狙った殺人未遂事件が起きているが、栄小は校長が楽観主義なのか、危機対応に疑問。(台風時も栄小だけ暴風雨の真っただ中に児童を帰宅させていた。)不審者情報も、栄小だけ何故か保護者に知らされない。松戸事件の直後、栄小は児童を安全な状態で帰宅させておらず、一人ぼっちで徒歩帰宅する児童を何人か見かけた。親が迎えに来た子と来てない子がおり、迎えが無い子は一人で帰宅している。児童が一人ぼっちで帰る事がいかに危険な状態かということを学校側が全く認識できていない。早急に吉川市の対応を望みます。

回答内容

(平成23年12月12日回答)

ご投稿ありがとうございます。栄小学校では、三郷市の事件を受けて、11月21日(月)に保護者あての通知文を児童を通じて、保護者のみなさまにお渡ししました。そこには、児童に対して学校で指導した内容(寄り道をしない。集団で下校、不審な人に会ったら走って逃げ、近くの大人に助けを求める、危険に遭遇したら大きな声で助けを求めたり、防犯ブザーを鳴らす、日没後は1人で出歩かない、など)と学校での対応(集団下校時に教員が学区内を見回り、途中まで一緒に歩く、学校周辺での不審者情報があった場合は、ホームページで知らせるなど)をお知らせし、さらに家庭でも下校時間帯(午後3時~4時半)に、買い物や散歩などをしながら見守っていただけるよう、お願いしました。さらに児童に対し、繰り返し、危険回避のための指導をしており、PTAの協力もお願いしております。また、教育委員会からも警察への市内のパトロールの依頼をしたところでございます。今後とも地域ぐるみで子どもたちの安全を確保していきたいと存じますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

旧吉川保健所跡地について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年10月17日受付)

保の保健所跡地 あの跡地ですがポールが置いてあるだけで囲っていない為、子供が入って遊んでいたり毎日のように数台の車が、ずっと敷地内に停めています。 それも停める場所のポールをすべて撤去して砂利までひいて停めるという悪質な行為です。 警察に通報したのですが、あの土地の所有者からでないと動けないと言われました。 あの土地は元々は役所のですよね。 そちらなら分かると思いますので所有者の方に知らせてあげて下さい。 宜しくお願い致します。

回答内容

(平成23年10月21日回答)

ご意見ありがとうございます。ご指摘の旧保健所周辺につきましては、吉川市補導委員会の「愛の声掛け運動」としてのパトロールを実施している他、吉川交番へもパトロールを依頼したところでございます。子どもの悪質な行動やご近所へのご迷惑等がございましたら警察への連絡をお願いいたします。今後につきましても、引き続き地域の方々の見守り、声掛け等ご協力をお願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

吉川小学校周辺の不審者について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年7月6日受付)

学校の方にも話しましたが、最近、子供が学校周辺で変な女の人が居て怖いと子供たちの間でも話題になっていると話していまして、実際に見たという同じ保護者の方の話では20代から30代ぐらいの精神異常者らしい女性とか。子供達に何かあると心配ですので学校の方にもお願いしましたが、役所の方でも周辺の見回りなどの対応をお願いできませんか。また、学校周辺の住民の方にも、普段から子供達に目をかけていただけるよう御協力していただけると幸いです。
子供の安全を守る為にも早急な対応をお願い致します。

回答内容

(平成23年7月8日回答)

貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。吉川小学校周辺の見回りにつきましては、吉川市補導委員会による「愛の声掛け運動」をはじめ、市民安全課による「夏休みの子ども見守り特別警戒」としてパトロールを実施いたします。また、市内小中学校において、学期末の学級活動等の時間に夏休みの過ごし方について指導する他、保護者会等を通じ保護者の皆様へ、各家庭や地域で子どもたちが有意義に夏休みを送れるよう依頼いたします。子どもたちの安全な生活につきましては、地域の方々の声掛けや見守りは非常に効果的です。引き続きご協力お願いいたします。

担当課

学校教育課、電話、048-984-3564

 

学校の太陽光発電量のホームページへの掲載について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年6月3日受付)

北谷小を始め各学校に設置されている太陽光発電のパネルに関して、一日の発電量をホームページに掲載して欲しい。一日遅れの掲載で良いので検討して下さい。出来ればリアルタイムの表示も希望です。

回答内容

(平成23年6月9日回答)

市では昨年までに、北谷小学校・三輪野江小学校に20キロワット、南中学校に30キロワットの太陽光発電設備を設置をいたしました。発電量などのデータについては、校舎内に設置したモニターに表示し、総合的な学習の時間や理科の授業などで活用しております。これら設備につきましては環境教育の推進を目的に設置したため、ご提案の1日の発電量のホームページへの掲載については現在のところ予定はございません。児童・生徒への環境教育の一層の推進を図るため、年間発電量などのデータも把握しながら、有効な教材として活用していきたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

小中学校のトイレについて

ご意見・お問合せの内容

(平成23年6月1日受付)

子どもが栄小へ登校していますが、トイレが和式で困っています。是非、市内小中学校のトイレの改善を宜しくお願い致します。

回答内容

(平成23年6月8日回答)

市では平成13年度以降に行った大規模改修について、トイレなどの学校設備に関する、児童や保護者の方々を対象とした事前アンケートの結果などを受け、今年度までに市内小中学校10校のうち7校について、校舎のトイレの半数以上を洋式へ改修したところでございます。今後も、トイレの改修を行う際には洋式を主とした改修を行っていく方針でございます。しかしながら、平成11年に行った栄小学校の大規模改修では、洋式が校舎に各階1から2箇所の設置となっており、現在のところ新たに洋式を整備する予定はございません。なお、プレハブ校舎2棟のトイレは全て洋式となっておりますので、こちらもご利用いただければ幸いです。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

  

(仮称)美南小学校の校庭について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年2月14日受付)

美南小学校建築に係る合同説明会に参加した(2月13日)。パブコメ募集時点と違い、北側の土地が不動産業者に販売されることを初めて知ったが、いつ計画が変更・決定したのか。また、建物の設計は同じままで結果的に校庭が大変狭くなっているが、広さで十分とはとても思えない。栄小が用地取得に失敗し運動会で父兄が入りきれずに隣接の公園で食事をしているのと同じような事態にならないのか。校庭を十分に確保するために、建物の設計を見直す、北側駐車場を減らす、学校ファームを屋上または近隣地にする、などの検討を早急に行っていただきたい。

回答内容

(仮称)美南小学校の予定地につきましては、平成2年9月に土地の所有者である都市再生機構によって、吉川駅南特定土地区画整理事業において約24,000平方メートルと計画されました。市内小学校7校の敷地面積の平均が約17,000平方メートルであることなどから、市では学校用地の規模について再度検討を行い、平成20年2月に市内小学校と同等の面積約18,000平方メートルと決定いたしました。この決定に伴い、学校用地の北側につきましては、所有している都市再生機構が区画整理事業の計画に沿って土地利用を検討していると伺っております。このようなことから、ご指摘のありました敷地面積の計画については、平成22年9月14日に行いましたパブリック・コメントの原案と、2月13日の説明会での内容に変更はありません。また、校庭の広さにつきましては学校用地の中で広さを確保するため、プールを屋上に配置し、体育館と校舎を一体の建物とするなど、近隣への影響についても考慮した上での計画となっております。ご意見の建物の配置を駐車場のある北側に寄せることは建築基準法等の制限により難しく、学校ファームについても、屋上への配置などは難しいものと考えております。地域の皆様に愛される小学校となるよう、可能な限り、近隣の皆様のご意見やご要望を真摯にお伺いしながら、建設を行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

  

小学校の保護者ポイント制について

ご意見・お問合せの内容

(平成22年10月15日受付)

教育委員会にいいたいこと。小学校の保護者ポイント制ですが、役の期限を1年間ではなく半年にしてほしいです。1年間は長すぎます。半年など、期間を短くして誰もがポイントを取りやすくしてほしい。育児や仕事へのしわ寄せを少なくし、保護者の負担を軽くしてほしい。「役の期間が長いから妊娠も出産もしづらい。妊娠を理由に途中で役を辞めると批判される」というママもいました。

回答内容

(平成22年10月20日回答)

ご投稿ありがとうございます。また日頃から、小学校の教育活動、PTA活動につきましてご理解、ご協力をいただいておりますことに重ねてお礼を申し上げます。さて、ご投稿内容の小学校の保護者ポイント制の件ですが、教育委員会から特にPTA活動の役員選出方法等についてのお願いはしておりません。

それぞれの学校は、その実態に応じて「保護者と教職員が協力して、家庭と学校と地域社会における児童生徒の教育の充実振興と会員相互の親睦をはかり、かつ教養を高めること」などを目的にPTA活動を行っております。役員の選出方法につきましても、さまざまな検討をしながら絶えず見直しを行っているようです。

ご相談のポイント制のケースは、PTA活動を一部の方に偏ることなく、全員で行っていきたいという考えからのものと聞いております。各ご家庭によって、ご事情がおありになると思いますので、それぞれの学校のPTAごとに、十分ご相談いただきたく存じます。

担当課

学校教育課 電話 048-984-3564

 

子供の通学見守りについて

ご意見・お問合せの内容

(平成22年10月5日受付)

教育委員会に対してです。小学校の保護者に「子供の通学見守り時には下の子を近所の人にあずけ連れてきてはならない」というのはやめてほしい。子供を預けられる人(信用できる人)なんかいません。親や親せきは遠すぎる。親しい知人がいないうちみたいな核家庭にどうしろっていうんです?下の子を家に一人で置いてくるの?かなりストレスたまります。他人に預けて謝礼とか払うの?こういうバカげた規則って本当ストレスたまります。一緒に下の子を連れていくことを許可してほしい。

回答内容

(平成22年10月6日回答)

ご投稿ありがとうございます。また日頃から、児童の登下校時の安全確保のため、見守り活動を行っていておりますことに、重ねてお礼を申し上げます。保護者や地域の皆様方がこのような自主的な活動を行っていただいているおかげで、小学生の安全な登下校ができております。
さて、ご投稿内容の見守り活動時の小さいお子さんの件ですが、教育委員会から特に「通学見守り時には、下の子を近所の人にあずけ連れて来ないでください」などのお願いはしておりませんが、各学校のPTAなどで、小さいお子さんが事故に巻き込まれないようにという配慮からかと推察されます。お子様を一人にしておけないご事情もおありかと思いますので、すでにご配慮をいただいていることと存じますが、見守り時には、手をつないでいただくなど事故のないように、気をつけていただきたくお願いいたします。

担当課

学校教育課 電話 048-984-3564

 

仮称美南小学校の施設整備の基本設計のワークショップについて

ご意見・お問合せの内容

(平成22年7月6日受付)

7月5日に仮称美南小学校の施設整備の基本設計に係るワークショップに当自治会から2名出席し、用地の変更はできないかとの質問に、平成元年に決定しており規定の広さが決められているとの事で変更できない主旨の回答と報告がありました。用地購入は23年度と聞いておりますが決定事項でしょうか。そうであれば、施設整備の基本設計のワークショップを行う前に地域住民に対し説明するべきかと思います。(PTAも含め)

回答内容

(平成22年7月16日回答)

(仮称)美南小学校予定地につきましては、都市再生機構による吉川駅南特定土地区画整理事業の区域内となっております。土地区画整理事業につきましては、公共施設や公益施設など全体の計画の中で、面積や位置などの土地利用を決定しております。この中で、小学校が約24,000平方メートル、中学校約28,000平方メートルが現在の場所に位置付けられ、平成2年9月に国から事業の認可を受けて整備された経緯があります。
地域にお住まいの方や、地権者の皆様への周知につきましては、認可及び土地区画整理事業者である都市再生機構の事業計画図の公表によって、周知が図られたものと考えておりますのでご理解をお願いいたします。また、(仮称)美南小学校の用地につきましては、市内小学校と同等の面積18,000平方メートルを平成23年度に購入してまいります。中学校用地につきましては、グランドのほかテニスコートやハンドボールなどの用地を確保するため、中学校予定地の約28,000平方メートルを必要としておりますので、用地の位置の変更をすることは難しいものと考えております。ご理解をいただけますようお願いいたします。

担当課

教育総務課 電話 048-984-35645

 

南中のグラウンドの砂埃への対策について

ご意見・お問合せの内容

(平成22年6月15日受付)

先日、子供が通う南中の運動会へ行き、思う事があったので意見します。当日は梅雨入り前の晴天だったのですがグランドに巻き上がる砂煙に閉口しました。あの黄色い砂煙の中で毎日の様に体育だ部活だと運動をする(=激しく呼吸)事により生徒・先生方の健康被害は大丈夫なんでしょうか?その影響かは定かではありませんが実際、今も床についた子が咳込んでいます。土と入れ替える等の処置を望みますが、とり急ぎ散水する等の改善策の検討を切望します。多くの生徒・教師の健康に係わる事です。即刻、調査の上、改善して頂きたくお願い申し上げます。

回答内容

(平成22年6月22日回答)

南中学校の校庭の砂煙につきましては、ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
運動会が開催されました日につきましては、特に風が強かったために砂煙がまったものと思われます。
学校に対しましては、風が強い日に、校庭での授業や部活動をする際には、頻繁に散水をするよう依頼をしたところでございます。
また、今後におきましては風に舞いにくいといわれております、岩瀬砂を校庭にまくなどを検討してまいります。

担当課

学校教育課 電話 048-984-3564