公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画

公的資金補償金免除繰上償還について

公的資金補償金免除繰上償還制度は、地方公共団体の公費負担対策として、高金利(5パーセント以上)の地方債の負担を軽減するために平成22年度から平成24年度の3年間、財政健全化計画を策定し、国の承認を経た団体に限り公的資金の補償金が免除され、未償還残高を繰上償還することができる制度です。

通常、公営企業債を発行した場合には、借入先との契約により償還年限まで元金と利子を償還していきますが、団体の都合により償還年限前に元金を償還する場合には、補償金(償還期限まで支払う利子相当額)を支払うことになります。

吉川市水道事業では、公営企業経営健全化計画について、平成22年12月17日に総務大臣及び財務大臣の承認を受けましたので、6パーセント以上の高金利の借入金について下記の資料のとおり補償金免除繰上償還を行うものです。

公的資金繰上償還額 [48KB pdfファイル]   

計画の期間

平成22年度から平成26年度までの5ヵ年

計画で対象となる企業債及び効果

平成22年度に、6パーセント以上の企業債現在高2億7,996万9千円を繰上償還いたします。繰上償還額のうち、2億7,990万円について、借換債(低金利への借換えを行う。)を発行いたしました。この結果、利子負担が約8,580万円軽減されました。

補償金免除繰上償還による利子負担軽減額(効果額) [48KB pdfファイル]  

計画の内容

  1. 基本的事項(事業の概要等)
  2. 財政状況の分析(財務上の特徴、経営課題)
  3. 今後の経営状況の見通し(収支計画、経営指標等)
  4. 経営健全化に関する施策(人件費等)
  5. 繰上償還に伴う経営改革促進効果(主な課題と取組み、年度別目標等)

計画書本文(印刷用)

吉川市上水道経営健全化計画 [997KB pdfファイル] 

計画の執行状況

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)