市長のプロフィール  

  • 氏名 吉川市長 中原恵人

    中原恵人(なかはら しげと)

  • 生年月日等  

    昭和45年5月22日 ふたご座 O型

  • 家族構成    

    妻、二男一女、デイジー(犬)

  • 趣味    

    • スポーツ(野球、フットサル、ゴルフ、格闘技など)
    • 音楽(ロックバンド、Vo G(ボーカル ギター)
    • 絵画(水彩画)
    • 執筆
    • バイク(天気の良い日にツーリング)

  

 野球をする中原市長バンド活動をする中原市長

  

著書

「永遠などないと思っていたから」(新風舎)

「そして時代の青に消えていく」(サンクチュアリ)

「これほどまでに不登校、ひきこもりを生み出す社会とは何なのか?」(北大路書房)

中原市長の著書

主な経歴

平成元年  3月 開成高校卒業

平成10年 3月 筑波大学第一学群社会学類政治学科卒業

平成15年10月 NPO法人「Future School 燦」理事長

平成23年 4月 埼玉県議会議員

平成27年 3月 吉川市長

 高校卒業時のロックバンドは遥か遠い夢。ようやく進学した大学では「塾経営」から「不登校、ひここもり問題」に取り組むようになり、新党さきがけの武村正義氏との出会いで「政治」を知った。しかし、さきがけ解党と同時に政治から離れ、「不登校、ひきこもり青少年への支援」に専念。自宅に生徒を預かるなど多くの子供達、青年達と共に過ごし20余年。「子供達の未来」には、社会構造や価値観の変革が必要と、2011年4月の埼玉県議会議員選挙に立候補。組織もお金も知名度も無い中、1人でも多くの市民に気持ちを伝えようと毎朝駅に立ち、自転車で市内を走り回り、多くの仲間、同志を得て当選。「価値ある未来を共に」を合言葉に無所属市民派として4年間県議会議員として全力投球。そして平成27年2月、投票率が前回よりも約10パーセント上がる中で、吉川市長に当選。

なまりんと握手する中原市長