実施設計を終了しました

平成26年3月に策定した基本設計を基に、デザインと技術の両面にわたって詳細な設計を進めるとともに、建設事業費の縮減に努め、実施設計図書の作成、積算業務などを行い、実施設計を終了しました。

 

東洋ゴム工業(株)が製造した免震材料の大臣認定不適合等について

平成27年3月13日に国土交通省から発表された「東洋ゴム工業(株)が製造した免震材料の大臣認定不適合等について」により、同社が製造、販売する免震材料についてデータの不正が判明し、不正取得に係る免震材料の大臣認定3件が同日付けで取り消されるという事案が発生しました。

市は、東洋ゴムの免震装置を設計に組み入れて免震構造に係る性能評価及び大臣認定の手続きを終え、確認申請の手続きを行っている段階でしたが、東洋ゴム工業の免震材料が大臣認定を取り消されたことに伴い、手続きを終えていた性能評価及び大臣認定の効力が無効となり、確認申請については確認検査機関から適合するかどうかを決定することができない旨の通知書が出されました。

このため、確認済証を取得するためには、今後、何らかの形で設計の見直しが必要となります。

 

市長キャラバンを開催します

市では、これまで新庁舎建設事業を進めてきましたが、東日本大震災の復興事業の本格化や消費税率の変更に伴う建設需要の高まりなどを背景に資材価格や労務単価が高騰したことなどにより、基本構想、基本計画時と比べ建設事業費が大幅に上昇している状況です。

このようなことから、市では、市長キャラバンを開催し、市民の皆様からいただいたご意見等を参考にしながら、建設事業費の縮減に向けた検討を行います。

市長キャラバンの日程等について