マイナンバー(社会保障・税番号)の通知カード・個人番号カードについての質問をまとめています。

質問

個人番号カードは何に使えるのですか?

回答

個人番号カードは、表面に氏名、住所、生年月日、性別と本人の顔写真が表示され、裏面にマイナンバーが記載されます。申請していただくことで、平成28年1月以降、順次交付されます。

個人番号カードは、

  1. 本人確認のための身分証明書として利用できます。
  2. カードに搭載される電子証明書を活用することにより、e-Taxをはじめ、各種電子申請を行うことができます。マイナンバーはカードの裏面に記載されますが、法律で認められた場合を除き、個人番号カードの裏面をコピーすることなどは法律違反になるので、注意してください。なお、ICチップには、券面に書かれている情報のほか、電子申請のための電子証明書が記録されますが、所得の情報や病気の履歴などのプライバシー性の高い個人情報は記録されません。そのため、個人番号カードから全ての個人情報が分かってしまうことはありません。

質問

個人番号カードを取得するとなぜ通知カードを返さなくてはならないのですか?

回答

社会保障・税・災害対策における各種手続きにおいては、(1)マイナンバーの確認と(2)本人確認の両方が行われることとなりますが、個人番号カードは、その両方を1枚のカードで行うことができます。

一方、通知カードは、マイナンバーの確認を行うためのみにつくられるカードであり、個人番号カードがあれば、通知カードを持っている必要はなくなります。

このようなことから、国の法令の規定により、個人番号カード取得の際は、通知カードを返納していただき、返納された通知カードは速やかに廃棄しております。 

質問 

今持っている住民基本台帳カード(住基カード)はどうなりますか?

回答

マイナンバー制度の導入に伴い、平成28年1月下旬以降、これまでの住基カードに替えて個人番号カードの交付をはじめております。このため、国の法令の規定により、個人番号カード取得の際は住基カードを返納していただくこととなっております。ただし、記念品として失効した住基カードをお持ちいただくことはできますので、ご希望の場合には、その旨窓口の職員までお申し出ください。

なお、現在お持ちの住基カードは、有効期間内であれば、個人番号カードを取得するまでは利用することができます。 

質問 

通知カードは身分証として利用することができますか?

回答

通知カードはマイナンバーの確認のためのみに利用することができるカードですので、身分証としては利用しないようお願いします。 

質問

個人番号カードの暗証番号は窓口の職員さんに知られてしまうのですか?

回答

個人番号カードの暗証番号は、原則、みなさま自身に入力していただくこととなるため、窓口の職員が知ることはありません。

なお、法定代理人(親権者や成年後見人の方など)以外の代理人の方が窓口で手続きを行う場合など、一定の場合には、窓口の職員がみなさまに代わって暗証番号を入力することとなりますが、職員には守秘義務があること、また、万が一、職員が暗証番号を把握したとしても、個人番号カードそのものがなければカードの利用はできないことから、悪用される心配はありません。 

質問

通知カードや個人番号カードの内容に変更があったらどうするのですか?

回答

引っ越しなどで住所が変わるときは、住民票異動の手続きの時に、通知カードか個人番号カードを一緒に窓口に提出して、記載内容を変更してください。 

質問

通知カードや個人番号カードをなくしたらどうすればいいですか?悪用されてしまいますか?

回答

紛失や盗難にあったときは、マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178(無料))に電話し、利用の一時停止(24時間365日対応)を行ってください。カードの再交付は、窓口で手続きをしてください。通知カードの再交付には、1枚につき500円、個人番号カードの再発行には、1枚につき1,000円の手数料がかかります。

なお、個人番号カードのICチップには、税や年金に関する情報などのプライバシー性の高い個人情報は記録されていません。

また、顔写真があることや暗証番号の設定などのセキュリティ対策により、個人番号カードの悪用は困難な仕組みとなっています。