○吉川市みどりの条例

平成4年3月24日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、みどり豊かな潤いと安らぎのある良好な生活環境を確保するため、市と市民が一体となって、緑化の推進及びみどりを保全し、魅力あるまちづくりに資することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「みどり」とは樹木、樹林等(竹林も含む。以下同じ。)をいい、「緑化」とはみどりを植栽し、保護育成することをいう。

(市の責務)

第3条 市長は、緑化の推進及びみどりを保全するため必要な施策を講ずるとともに、市民及び事業者の行う緑化に関する活動の助長に努めなければならない。

2 市長は、公園、道路、学校その他公共用地及び公用地の緑化に努めなければならない。

(市民の責務)

第4条 市民は、自らの地域及び家庭のみどりの保護育成に努めるとともに、市が行う緑化施策に協力しなければならない。

(事業者の責務)

第5条 事業者は、その事業活動等によりみどりを損なうことのないよう努めるとともに、事業用地のみどりを保護育成するための必要な措置を講じ、市が行う緑化施策に協力しなければならない。

(事業)

第6条 市長は、緑化の推進及びみどりの保全を図るため、次の事業を行う。

(1) みどりの調査

(2) 保存樹木等の指定

(3) その他緑化の推進に必要な事項

(保存樹木等の指定)

第7条 市長は、良好なみどりの自然環境を保全するため、必要があると認めるときは、規則で定める基準により、保存すべき樹木、樹林等(以下「保存樹木等」という。)を当該所有者と協議の上指定することができる。

(除外区域)

第8条 前条の規定は、次に掲げるものについては、適用しない。

(1) 文化財保護法(昭和25年法律第214号)第69条第1項、第70条第1項又は第98条第2項の規定により指定され、又は仮指定された樹木又は樹木の集団

(2) 森林法(昭和26年法律第249号)第25条の規定により指定された保安林に係る樹木又は樹木の集団

(3) 国又は地方公共団体の所有又は管理に係る樹木又は樹木の集団で前2号に掲げるもの以外のもの

(標識の設置)

第9条 市長は、保存樹木等を指定したときは、規則で定めるところにより、これを標示する標識を設置しなければならない。

(所有者等の保存義務)

第10条 保存樹木等の所有者は、当該保存樹木等について枯損の防止等その保存及び管理に努めなければならない。

2 市民等は、市長が指定する保存樹木等が大切に保存されるよう協力しなければならない。

(行為等の届出)

第11条 保存樹木等の所有者は、当該保存樹木等が滅失し、若しくは枯死したときは、遅滞なくその旨を市長に届け出なければならない。

2 保存樹木等の所有者は、当該保存樹木等を伐採し、又は譲渡しようとするときは、あらかじめその旨を市長に届け出なければならない。

(変更措置)

第12条 市長は、前条第2項の規定による届出があったときは、みどりを保全する観点から、その変更を求めることができる。

(指定の解除)

第13条 市長は、保存樹木等について滅失、枯死等によりその指定の理由が消滅したときは、遅滞なくその指定を解除しなければならない。

(助言等)

第14条 市長は、指定した保存樹木等の枯損の防止その他保存に関し必要があると認めるときは、保存樹木等の所有者に対し必要な助言及び勧告をすることができる。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成7年条例第27号)

この条例は、平成8年1月1日から施行する。

附 則(平成16年条例第26号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

吉川市みどりの条例

平成4年3月24日 条例第3号

(平成17年4月1日施行)