離婚時の厚生年金分割制度

 平成19年4月1日以後に離婚した場合、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録を、離婚する当事者間で分割できるようになります。なお、平成19年4月1日前の離婚は対象になりません。

分割の条件

分割の割合は両者で協議をして決定します。(分割の上限は50パーセント)
分割割合が決定しないときは、一方の求めにより裁判所が割合を定めることができます。

分割の請求

 離婚後2年以内に年金事務所に請求します。

3号分割制度

  • 平成20年4月1日以後に離婚した場合(配偶者の所在が長期間にわたり不明な場合を含む。)、婚姻期間のうち、平成20年4月1日以後の第3号被保険者期間中の厚生年金保険料納付記録を、離婚する当事者間で分割できるようになります。
  • 分割割合は2分の1で、当事者のうち、第3号被保険者であった方が年金事務所に請求します。他方の同意は必要ありません。
  • 分割をしても本人の受給資格期間が足りない場合や、支給開始年齢に達していない場合は、年金を受給できないこともあります。分割の請求手続など詳しいことは、年金事務所で相談をお願いします。

70歳以上の老齢厚生年金受給者に対する在職老齢年金制度

  • 平成19年4月以降に70歳を迎える方にも、60歳台後半の在職老齢年金制度が適用され、給料に応じた年金の支給調整がされます。対象者は昭和12年4月2日以降生まれで、厚生年金の適用事業所に勤める方です。
  • 70歳以上の方は、厚生年金の被保険者となりませんので、保険料は徴収されません。

老齢厚生年金繰下げ制度

  • 老齢厚生年金を65歳以降(66歳から70歳まで)に繰下げて請求ができるようになります。
  • 老齢基礎年金と同様に増額率は、1月0.7パーセント×(かける)繰下げ月数となります。

お問合せ

越谷年金事務所 048-960-1190(代表)

ライフイベント