埼玉県宅地建物取引業協会越谷支部と空き家に関する協定を締結

 空き家などの利活用を進めることにより、良好な生活環境の保全と地域の活性化を図るため、吉川市は公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会越谷支部と「吉川市空き家バンク媒介に関する協定」および「空家等の情報提供にかかる協定」を締結しました。

 埼玉県宅地建物取引業協会越谷支部長と市長

調印式の様子

調印日:平成30年3月27日

場所:吉川市役所本庁舎2階 応接室

協定の内容

吉川市空き家バンク媒介に関する協定

 吉川市と公益社団法人宅地建物取引業協会越谷支部(以下「宅建協会」という。)が相互に連携・協力して、市内の空き家等を市場へ流通させることで、空き家等を減らし、良好な住環境の確保及び定住促進等による地域の活性化を図ることを目的とする。

空き家等の情報提供にかかる協定

 吉川市内にある空家等の情報を宅建協会に提供し、宅建協会が当該情報を活用することにより空家等の有効利用を図ることで、空家等が管理不全な状態になることを防ぎ、市民の安全で安心な生活を確保することを目的とする。

吉川市空き家バンク媒介に関する協定.pdf [158KB pdfファイル] 

空家等の情報提供にかかる協定.pdf [98KB pdfファイル] 

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)