地域のためにできること 吉川工専工業会「環境部会」の取り組み

環境保全協定制度の創設までの経緯

市のほぼ中央部に位置する工業専用地域に指定されている小松川地区には、製造業などの工場が約90社集まっている小松川工業団地と呼ばれる地域があります。

この工業団地内の事業者や近隣住民は、産業廃棄物処理業者などの工場から発生する粉じんや悪臭などに頭を悩ませていました。これは、産業廃棄物処理業者などが事業を始めるにあたって、近隣に対する説明や対策が不十分なまま事業が開始されていたことが原因だと考えられました。

そこで、市は平成15年に、周辺の生活環境に影響を与える恐れのある産業廃棄物処理業などを新たに行う場合には、近隣に対する事前の説明会を義務付け、トラブルを未然に防ぎ、生活環境の保全について市と事業者が協働して推進していくことを目的とした環境保全協定制度を創設しました。

吉川工専工業会と環境部会

環境保全協定制度の創設と同時期に工業団地内の事業者も、工業団地を自らの手で守ろうと、吉川工専工業会を立ち上げ、工業団地内のクリーン作戦や、路上駐車を無くすための看板の設置などを行い、工業団地の悪いイメージを払拭しようと奮闘しました。

このような中、産業廃棄物処理業者なども地域に根ざした企業を目指し、自ら発生させている粉じんや悪臭などを減らすために散水の徹底や防止施設に設備投資を行うなど、改善策を講じてきました。今では、産業廃棄物処理業者なども吉川工専工業会に加入し、平成18年には吉川工専工業会の下部組織として、産業廃棄物処理業者を中心に、12社で構成された環境部会を立ち上げる程、環境保全に対する意識が高まっています。

小松川工業団地 路上駐車防止看板設置状況 案内看板及び目安箱設置状況

道路散水状況1 道路散水状況2 道路散水状況3

粉じん防止対策状況 飛散防止対策状況1 飛散防止対策状況2

環境部会

工業団地内での活動

環境部会が中心となって小松川工業団地内のクリーン作戦を実施したり、会員が所有する清掃車を共有して、道路清掃などを実施しています。

また、環境パトロールを実施し、粉じんや悪臭などを未然に防止するための約束事を各企業がきちんと履行しているかお互いがチェックするなど、切磋琢磨しながら活動しています。

なお、この環境パトロールには市民団体である環境ネットワークよしかわも同行し、取り組み状況の確認と、意見を述べるなど「市民の目」として参加しています。もちろん、一般の参加も可能です。

この他、各事業者は自助努力により壁面緑化、緩衝帯や花壇の設置、ハンギングバスケットを置くなど、地域の環境と美化に配慮した取り組みを行っています。

壁面緑化風景 花壇の設置風景 ハンギングバスケット設置風景 

活動紹介 
  • 環境部会定例会 2カ月に1回
  • 環境パトロール 2カ月に1回

環境パトロール  

  • クリーン作戦 2週間に1回

クリーン作戦  

  • ペットボトルのキャップ回収
工業団地以外での活動

より地域に密着した事業展開を目指して、数々のイベント等に参加し事業に対して多くの市民の理解が得られるよう努力しています。

平成23年度の活動実績

  • 環境展への参加 平成23年6月10日(金曜日)から12日(日曜日)まで [環境ネットワークよしかわ主催]

環境展  

  • 駅からハイキングへの参加 平成23年10月29日(土曜日) [JR東日本大宮支社主催]

駅からハイキングの様子  

  • 市民まつりへの参加 平成23年11月20日(日曜日)[市民まつり運営委員会・吉川市主催]
    市民まつりにおいて「東日本震災復興バザー」を行いました。

市民まつりの様子  

平成23年度事業実施にあたって

環境部会から

よしかわ工専工業会の下部組織として早5年が経過しました。現在の活動状況は、発足当時から継続して月2回の工業団地内清掃を実施しています。また、環境部会員各施設が吉川市との約束事を維持・向上しているかを確認する環境パトロールを年6回実施しています。この環境パトロールには、吉川市環境課、埼玉県廃棄物指導課とともに、市民目線でチェックを行う意味から市民団体の「環境ネットワークよしかわ」の方々にも参加をいただいております。 パトロールを重ねることにより、「環境ネットワークよしかわ」の方々から、少しずつではありますが当部会の環境に対する取り組みを評価いただけるようになりました。これに驕ることなく、今後も環境に対する取り組みに対応させていただきます。平成23年度の活動実績としては、「環境展」において小学4年生の皆さんに環境部会会員企業のリサイクル事業の説明(環境啓発につながるパンフレットの作成・配布とその内容説明・パネル展示等)、埼玉県主催の「遊歩道・おおばがわ」完成イベントへの協賛・協力(式典設営、運営協力、模擬店出店)、JR東日本主催の「駅からハイキング」において誘導活動、「市民まつり・商工まつり」においてパネル展示・模擬店出店を行うとともに、「東日本震災復興バザー」の開催・収益金の被災地へ寄贈、さらに春・秋の交通安全週間には、小学生の登校時における誘導活動を行いました。本年は、心強いことに当会に新たに1社が加わり会員企業が13社となり、今後も吉川市民の皆さまのご理解を得られ、共存できる団体を目指して活動して参りますので、よろしくお願いします。  

環境ネットワークよしかわから

“環境部会の取り組みに敬意” =市民・企業・行政の協働のモデルに!!=

環境ネットワークよしかわは、平成15年に吉川市環境まちづくり委員会としてスタートし、当初は市の呼び掛けに応じた環境団体と市民で組織、市の環境施策の実行部隊だったものの、年々活動が広がり参加団体・市民も増え、平成19年に更に多くの市民や企業、市外の環境団体とも連携を深めるべく、任意団体として市から独立しました。
事業は市からの委託事業と独自事業の2本立て、独自の事業を活発化させる為に多くの企業や市民から賛助を得ております。特に環境部会の企業様には、多大なるご支援を頂き大変感謝しています。又、本来は競争相手である同業者が定期的に揃って、社内の施設や取り組みを紹介・チェックし合う素晴らしい環境活動に感激しています。更に、来年度は環境活動の拡大予定との事、敬意を表します。
環境は市民・企業・行政が三位一体となって、お互いに垣根を超えて協働して取り組まなくてはならないと思っています。
これからも、環境向上の大切さを多くの方に訴え続ける活動(出前講座・環境展・環境フェステバル・市民まつりでの啓蒙・パトロール等々の啓蒙キャンペーン)として市民・企業・行政三位一体の協働のモデルケースを続け、更に発展させて行きたいと思っていますので、引き続きご指導・ご支援・ご協力をお願い致します。 

平成22年度の活動実績

  • 環境展への参加 平成22年6月4日(金曜日)から6日(日曜日)まで [環境ネットワークよしかわ主催]

環境展活動写真  

  • 環境まちづくりフォーラム埼玉への参加 [環境まちづくりフォーラム埼玉実行委員会主催]
  • 駅からハイキングへの参加 平成22年10月2日(土曜日) [JR東日本大宮支社主催]

ハイキング活動  

  • 市民まつりへの参加 平成22年11月21日(日曜日) [市民まつり運営委員会・吉川市主催]

市民まつり活動写真  

  • なまずの里マラソンへのボランティア参加 [吉川市体育協会主催]
  • 近隣自治会の行事に積極的に参加

平成22年度事業実施にあたって

環境部会から

平成18年に、吉川工専工業会の下部組織として発足して、約4年間が経過します。発足当初は、工専工業団地内を清掃車で、月2回程度、清掃をする内容の活動が中心でした。その後、吉川市環境課の助言により、2ヶ月に1回、部会員会社の施設が、吉川市との約束ごと(粉塵対策等の環境維持・改善行動)を履行しているかをチェックする環境パトロールを実施しました。現在では、吉川市環境課及び吉川市の「環境ネットワークよしかわ」の方々に参加して頂き、市民目線でのチェックを加えたパトロールに発展しました。また、「環境ネットワークよしかわ」の方々からの貴重なご意見・要望をお聞きし、部会員各社が、できるものから一つ一つ実行・改善しております。
地域貢献・社会貢献活動と致しましては、環境部会から、「ペットボトルのキャップを集めてワクチンを寄付しよう」という提案をし、親会の吉川工専工業会に採用され、現在では、全会員約90社が参加している活動となりました。
また、「吉川市民まつり」の出店(ペットボトルキャップでヨーヨー風船釣り)・会場内分煙の啓蒙活動への協力、「吉川なまずの里マラソン」のボランティア参加、「吉川市環境展」への参加(小学生に対するリサイクル啓蒙活動)、JR吉川駅の「駅からハイキング」に対するボランティア参加等々、地域活動に、積極的に参加しております。
今後も、現在の状況に甘んじることなく、毎年、新たな取組を取り入れ、吉川市環境課のご指導のもと、吉川市民の方々と共存する団体を目指し、活動してまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

環境部会集合写真(平成22年度)

環境ネットワークよしかわから

“環境部会の取り組みに敬意” =市民・企業・行政の協働のモデルに!!=

 環境ネットワークよしかわは、平成15年に吉川市環境まちづくり委員会としてスタート、当初は市の呼び掛けに応じた環境団体と市民で組織、市の環境施策の実行部隊だったものの、年々活動が広がり参加の団体・市民も増え、平成19年に更に多くの市民や企業、市外の環境団体とも連携を深めるべく、任意団体として市から独立しました。
 主たる事業は市からの委託事業と我々独自の事業の2本立て、独自の事業を活発化させる為に多くの企業や市民から賛助を得ております。特に環境部会の企業様には、物心共にご支援を頂き大変感謝しています。又、環境部会の企業は本来は競争相手である同業者が定期的に揃って、社内の施設や取り組みを紹介・チェックし合う素晴らしい環境活動に感激しています。
 環境は市民・企業・行政が三位一体となって、お互いに垣根を超えて協働して取り組まなくてはならないと思っています。
 これからも、環境向上の大切さを多くの方に訴え続ける活動(出前講座・環境展・市民まつりでの啓蒙・パトロール・種々の啓蒙キャンペーン等々)として市民・企業・行政三位一体の協働のモデルケースを続け、更に発展させて行きたいと思っていますので、引き続きご指導・ご支援・ご協力をお願い致します。 

平成21年度の活動実績

  • 環境展への参加 平成21年6月5日(金曜日)から7日(日曜日)まで [環境ネットワークよしかわ主催]

環境展活動写真  

  • 環境まちづくりフォーラム埼玉への参加 [環境まちづくりフォーラム埼玉実行委員会主催]
  • 市民まつりへの参加 平成21年11月22日(日曜日) [市民まつり運営委員会・吉川市主催]

市民まつり活動写真  

  • なまずの里マラソンへのボランティア参加 平成22年4月4日(日曜日) [吉川市体育協会主催]

マラソンボランティア活動写真  

  • 近隣自治会の行事に積極的に参加

平成21年度事業実施にあたって

環境部会から

私たち「環境部会」のメンバーは、会の発足時にまず、「私たちは、廃棄物を適正に処理(リサイクル)する環境貢献企業であると同時に、その事業活動の過程で、大量に電気と化石燃料を消費し、騒音や粉塵等の環境負荷を与えている」という自分たちの置かれている立場を理解することからスタートしました。
そして、「メンバー同士助け合うこと、決めたことは継続すること」を約束し、背伸びをしないで、すぐできることから一つひとつ積み重ねて活動してきました。
こうした無理のない活動が、地元の方々に理解され、何かと応援していただいておりますことは本当に喜ばしい限りです。
環境を守るためには、個人や個々の企業の努力だけでは不十分です。地域全体の幅広い分野での総合的な取り組みが必要です。
私たちは、今後とも積極的に、地域と連携を取った環境保全活動を続けてまいりますので、関係者の方々のご理解とご協力をお願い申し上げます。
環境部会集合写真(平成21年度)

環境ネットワークよしかわから

環境部会の取組に敬意

環境ネットワークよしかわは、環境に関心のある市民及び団体がネットワークを構築し、事業者及び行政等と連携を図ることにより、環境に配慮した生活及び活動を実践する市民及び事業者等を育み、次世代へと引き継ぐことのできるまちの実現に寄与することを目的に組織された市民団体です。
平成15年に市によって立ち上げられた環境まちづくり委員会から発展し、平成19年に独立、任意団体となりました。より自由な発想と市民の目線から環境を捉え、活動の幅を広げています。
環境部会の取り組みについては、同業種の会社同士がお互いに活動を紹介、定期的にチェックし合う事は大変素晴らしく敬意を表します。そして積極的に地域に評価して貰う姿勢も素晴らしいと思います。
環境は市民・行政・企業が三位一体となって取り組まなければ、解決しないと考えており、環境ネットワークよしかわはその一角を目指して積極的に企業や行政と協働を進めています。
企業の皆様も、日頃から我々の活動に参加して頂いております。これからも、環境部会の方々とは綿密に連絡を取り合い、参加企業の輪を広げて行きたいと考えています。

最後に

公害などの発生が完全に無くなるまでには、まだまだ時間のかかることと思いますが、各企業の姿勢を見ていると、いつか公害の無い工業団地が実現するのではないかと感じます。これからも、環境部会の取組みを見守っていだだければと思います。

お気づきの点があれば、環境課までご一報ください。