上下水道料金の免除や、福祉サービスを市民同様に提供します

上下水道料金の免除、学童保育料の免除、福祉や介護に関するサービス、ヒブ・小児用肺炎球菌、子宮頸がんワクチンの任意予防接種などを市民同様に提供します。

対象者

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による被災地や、原子力発電所の事故による警戒区域などから転入した方で、吉川市の住民基本台帳に記録されていない方

東日本大震災の被災者に係る支援の実施に関する要綱 [210KB pdfファイル] 

第2条 この要綱において「被災者」とは、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により次に掲げる区域から転入した者で市の住民基本台帳に記録されていないものとする。

  1. 災害救助法(昭和22年法律第100号)が適用された市町村(東京都の市町村を除く。)の区域
  2. 原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156号)第20条第3項の規定により避難のために立退きを指示された区域
  3. 原子力災害対策特別措置法第28条第2項により読み替えられる災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第63条第1項の規定により設定された警戒区域

東日本大震災の被災者に係る水道料金の取扱いに関する要綱 [78KB pdfファイル] 

第2条 この要綱において「被災者」とは、平成23年3月11日に発生した東日本大震災により次に掲げる区域から転入した者とする。

  1. 災害救助法(昭和22年法律第100号)が適用された市町村(東京都の市町村を除く。)の区域
  2. 原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156号)第20条第3項の規定により避難のために立退きを指示された区域
  3. 原子力災害対策特別措置法第28条第2項により読み替えられる災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第63条第1項の規定により設定された警戒区域

被災者であることの認定

サービスなどを申し込みした方への聴き取りにより行います。

支援期間

平成25年3月31日まで

支援内容の概要

次に記載している内容は概要です。サービスを受けるための条件などの詳細は、各担当課に相談が必要になります。

健康に関する支援

 がん検診

胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、肺がん、前立腺がん検診

肝炎ウイルス検診

40歳で特定健診及び生活習慣病予防健診時に検査を希望する方

 生活習慣病予防健診

18歳以上の方の生活習慣病予防健診

乳幼児健康診査

4か月児健診、7か月児健康相談、1歳8か月児健診、3歳4か月児健診

 妊婦健康診査

妊婦健康診査受診票及び助成券14回分(子宮頸がん検査、HIV・貧血・血糖検査等の血液検査、クラミジア検査、ヒト白血病ウイルス検査等

 定期予防接種

BCG、ポリオ、三種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳)、麻疹、風疹、日本脳炎、二種混合(ジフテリア、破傷風) 

高齢者インフルエンザ(実施期間の指定があります) 

任意予防接種

ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン

子宮頸がん予防ワクチン

問合せ

健康増進課 電話、048-982-9804

 

子育てをしている被災者の皆さんへの支援

 こども発達センター

入所要件を緩和します。第二保育所内に併設したこども発達センターで、発育や発達に障がいまたは遅れがあると思われるお子さんに対し、基本的な生活習慣を身につけることや、社会生活に適応する力を高めていくために必要な機能訓練や保育指導を行ない、お子さんの発育を促すとともに、保護者に対する相談・援助を行います。

  • 問合せ、こども発達センター 電話、048-982-5300 
子どものショートステイ事業

対象者の要件を緩和します。3歳未満のお子さんを養育している保護者の方が、傷病、冠婚葬祭、出張などの社会的事由により、一時的にお子さんの養育が困難になった場合、市と契約した乳児院で短期間お預かりします。

保育所の入所

保育に欠ける児童がいる場合は、市内保育所に入所することができます。

  • 問合せ、子育て支援課 電話、048-982-9528
学童保育室への入室

 保育に欠ける学童(小学1年生から3年生まで)がいる場合は、市内学童保育室に入室することができます。

  • 問合せ、子育て支援課 電話、048-982-9529
幼稚園就園費補助金

 幼稚園に入園しているお子さんがいる世帯に対し、入園料及び保育料の一部を支給要件を緩和して補助します。

就学援助制度

小・中学校へ通学しているお子さんがいる世帯に対し、給食費、学用品費、校外活動費(遠足など)、修学旅行費などを支給要件を緩和して補助します。

  • 問合せ、教育総務課 電話、048-984-3565

障害のある被災者の皆さんへの支援  

介護給付

居宅介護(ホームヘルプ)や短期入所(ショートステイ)など介護の支援を行います。

対象者

障がいの内容や障害程度区分により異なります。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。

訓練等給付

身体機能の訓練や就労のための訓練などの支援を行います。

対象者

障がいの内容や障害程度区分により異なります。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。)  

補装具費の支給

身体機能を補い、社会生活を容易にするための補装具の購入や修理のための費用を支給します。

対象者

補装具の種類に応じて異なります。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。所得が一定以上の場合は対象外となります。) 

相談支援

さまざまな相談に応じ、情報提供・助言を行い、関係機関との連絡調整、権利擁護のための必要な助言をします。

対象者

障がいのある方、介助者の方等

利用負担

無料 

コミュニケーション支援

手話通訳者・要約筆記者の派遣を行います。

対象者

聴覚に障がいのある方等

利用負担

無料 

日常生活用具の給付 ※介護保険優先

障がいのある方が、日常生活をおくる上で必要な日常生活用具を給付または貸与します。

対象者

用具ごとに障がいの区分や等級により対象者が異なります。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。) 

移動支援

一人で外出することが困難な方の移動支援を行い、自立生活や社会参加を促します。

対象者

全身性障がい者、視覚障がい者、知的障がい者、精神障がい者、障がい児のうち一人で外出することが困難な方

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。)  

地域活動支援センター事業

創作活動または生産活動の機会提供や社会との交流促進を行うなど、地域での生活を支援します。

対象者

障害者手帳をお持ちで18歳から概ね64歳までの方で、原則介護保険によるデイサービスを受けていない方。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。) 

訪問入浴サービス

入浴が困難な在宅の方の居宅を訪問して入浴介護を行います。月5回まで(夏季7月から9月は月10回まで)

対象者

1から3級の身体障がい者(児)で常時寝たきり又はその状態に準ずる方。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。)  

日中一時支援

日中に監護する方がいない場合、一時的に施設において見守りなどの支援を行います。

対象者

施設により対象者が異なります。

利用負担

原則1割負担(所得に応じた軽減措置があります。)

のぞみ号の貸出  

通院や社会参加などで、一般の交通機関の利用が困難な場合、車いすのまま乗降できるスロープ付きの福祉車輌を貸し出しています(返却の際は燃料を満タンにしていただきます)。

対象者
  1. おおむね65歳以上の方で、疾病等により常時寝たきりまたはこれに準ずる方  
  2. 身体障がい者 知的障がい者 精神障がい者 障がい児 難病患者
利用負担

無料

一時介護等利用料助成事業  

介護する方が、一時的に介護にあたれない状況となった場合、介護人(登録団体)で実施している一時預かりサービスの利用料を助成します。

対象者

身体障害者手帳または療育手帳を所持している方

助成限度額

1日あたり5,000円  1年間当たり50,000円

  • 問合せ、社会福祉課 電話、048-982-9530

 

高齢な被災者の皆さんへの支援 

日常生活用具給付

介護予防のため、歩行支援用具、入浴補助用具、腰掛便座を給付します

日常生活サポートサービス

利用される方の必要に応じて、生活支援のための日常生活上の援助を行います

ふれあいデイサービス

家に閉じこもりがちな独居高齢者等のためのデイサービス

生活安心ヘルプサービス

介護認定で非該当となった方に対する炊事、洗濯、掃除などの家事援助サービス

くらしアップデイサービス

介護認定で非該当となった方に対するデイサービス

気分転換ショートステイ

介護認定で非該当となった方に対するショートステイサービス

介護支援用品の支給

要介護認定4、5と認定された市民税非課税世帯の在宅介護者に対し、介護に必要な用品を支給します。

外出支援サービス

要介護認定3、4、5と認定された市民税非課税世帯の在宅介護者に対し、市内の一般タクシーや介護タクシーが利用できる券を発行します。

介護保険給付サービス負担金補助

介護保険サービス利用者のうち、介護保険料が1段階及び2段階の方に対して、利用者負担のうち、一部を補助します。

  • 問合せ、いきいき推進課 電話、048-982-5118 

 

国民健康保険加入者の皆さんへの支援  

特定健康診査の実施
健診の内容

問診、身体測定(身長、体重、腹囲)、血圧測定、診察、尿、血液検査、医師の判断により行う検査(貧血検査)

実施期間

平成23年5月9日(月曜日)から10月31日(月曜日)

対象者

40歳から74歳までの国民健康保険に加入している方。

実施場所

市指定医療機関(16か所)

  • 問合せ、国保年金課 電話、048-982-5116

 

後期高齢者医療加入者の皆さんへの支援 

高齢者健康診査の実施
健診の内容

問診、身体測定(身長、体重)、血圧測定、診察、尿、血液検査

実施期間

平成23年5月9日(月曜日)から10月31日(月曜日)

対象者

75歳以上の方

実施場所

市指定医療機関(16か所)

  •  問合せ 国保年金課 電話、048-982-9546

 

減額・免除

 自転車駐車場使用料の減額

吉川市自転車駐車場使用料の定期利用(月額)から1,000円減額します。

  • 問合せ、市民安全課 電話、048-982-9471 
児童館ワンダーランド

プラネタリウム観覧料(200円)を免除します。

  • 問合せ、児童館 電話、048-981-6811 
水道料金下水道使用料
  • 被災者のみで居住している場合は全額免除します。
  • 市民と被災者が同居している場合は、その世帯の前3期の平均使用水量(平均汚水量)を差し引いた量を減額します。

また、吉川市の住民基本台帳への記録の有無に関わらず使用者を対象とします。

  • 問合せ、水道課 電話、048-982-7711

         河川下水道課、電話、048-982-9982 

し尿処理手数料の免除
  • 被災者のみで居住している場合は全額免除します。
  • 市民と被災者が同居している場合は、被災者の人員に係る料金を減額します。
  • 問合せ、環境課 電話、048-982-9696 
保育料の免除

保育所の保育料について免除します。

  • 問合せ、子育て支援課 電話、048-982-9528
学童保育料の免除

学童保育室の学童保育料について免除します。

  • 問合せ、子育て支援課 電話、048-982-9529

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)