未成年者の契約について

未成年者が法律行為をするには、その保護者である法定代理人の同意が必要であると民法で定められています。従って、未成年者が親の同意を得ずにした契約は、原則取り消すことができます。詳しくはセンターにご相談ください。ただし、下記のような場合などは、契約を取り消すことができません。

結婚した場合  

 20歳未満であっても婚姻した者は、民法上、成人とみなされ、未成年者の契約取消権はなくなります。

 

親から事前に使うことを許された金銭によって契約した場合

お小遣いやお年玉などは「未成年者が自由に使うことができるお金=親の同意を得ずに契約しても取り消しはできない」ということになります。

 

未成年者が親に許可された営業に関する契約をした場合

例えば、自営業をしている未成年者が、その営業に関わる契約をしたような場合は取り消しできません。

 

未成年者が自ら成人であると偽ったり、親の同意を得ていると嘘をついた場合

自ら取引相手をだまして契約した場合は取り消しができませんが、取引相手から「契約書に20歳と書くように」等と誘導された場合は取り消しできます。

 

20歳になってから、その契約を認める行為をした場合

例えば、20歳になってから商品を受け取ったり、サービスを受けたり、代金を支払った場合などは、取り消しはできません。

 

契約当事者が25歳になった場合

未成年者の契約取消権の時効は成人に達してから5年です。前文の行為をしていない限り25歳になるまでは未成年の時にした契約を取り消しできます。