ヘビを見かけた時の対応について 

ヘビを見かけたら

ヘビは、生態系を成す自然の生き物ですので、市では駆除や追い払うことは行いません。ヘビはしばらくすると、餌を求めて別の場所に移動しますので、ヘビを見かけても刺激を与えないでそっとしておきましょう。

ヘビを寄せ付けないようにするためには

ヘビを寄せ付けないようにするには、次の方法が有効です。

  • ネズミなど、ヘビの餌になるものを駆除する。
  • ヘビは外敵から身を守れる場所を好むため、ヘビの巣となりそうな場所の草刈りをしたり、やわらかい土の穴や木の根元の隙間を埋めたりする。
  • 人家への侵入は、穴や隙間を埋め、塀などを設置することで防ぐ。

どうしてもヘビを追い払ったり、駆除したりする場合は

ヘビが家の中に入った場合など、どうしても追い払いたい場合は、むやみに近づかないで、以下の方法を行うのが有効です。

  • 大きな音を出す。
  • 水をかける。
  • 線香をたく。
  • 塩素系漂白剤をヘビの近くにまく。
  • 長い棒でつつく。
  • どうしても駆除したい場合は、駆除業者へご相談ください(駆除料金が発生します)。

吉川周辺で見られるヘビ

市内で見られるヘビは、アオダイショウやシマヘビがほとんどです。この種類のヘビは無毒ですが、近づくと咬まれる危険がありますので、むやみに近づかないようにしましょう。

アオダイショウ
 分布 北海道から九州
 身体の大きさ 1メートルから2.5メートル
 毒の有無 無毒

日本では最も大きくなるヘビで、平地の耕地や、人家の近くに多くいます。ねずみ類を好んで食べ、人家の天井や倉庫に住みついてねずみを退治してくれるので、特に農家から大切にされています。幼蛇のうちは黒褐色の帯模様をしていますが、成長すると褐色を帯びたオリーブ色となります。

アオダイショウ(成体)    

 アオダイショウの成体
 
 アオダイショウ(幼体)

アオダイショウの幼体

シマヘビ
 分布 北海道から九州
 身体の大きさ 1メートルから1.5メートル
 毒の有無 無毒

平地や山地の草原・森林・水辺などに広くすみ、よく見かけます。背中に4本の縦じまがありますが、若い間は横じまもあります。カエルを好んで食べるほか、ねずみ、小鳥とその卵、トカゲや小ヘビも食べます。体の黒いものはカラスヘビとも言います。

シマヘビ

ヤマカガシ
 分布 本州から九州
 身体の大きさ 1メートルから2メートル
 毒の有無 有毒

日本で最も普通に見られるヘビで、背中に赤色の斑模様があります。平地の水田や流れの近くにすみ、カエルや小魚を食べます。首の背中側の皮膚の中には毒液を出す袋があります。また、奥歯の付け根に毒を出す線があるので、咬まれると危険です。

ヤマカガシ