詐欺の電話が来るのは、今日かもしれない。

「なぜみんなだまされるのか」、「自分は大丈夫だと思っていた」、「だまされた自分が悪いから…」と、被害者の方は言います。
言葉巧みに動揺させて冷静さを失わせてくるだましのプロが詐欺師です。
いざ、電話があって助けを求められると、息子や娘のために銀行員や郵便局員の「詐欺の可能性はありませんか」という言葉も聞かず、振り込んでしまったり、現金を入れてはいけないレターパックで送ったり、関係者を名乗る相手に現金や通帳等を手渡してしまったりすることが多いです。
恥ずかしいことだからと一人で悩んで判断せずに、お金を要求する話をされたら、すぐに身の周りの人や市消費生活センターまでご相談ください。

アドバイス

  • 電話に「録音機を付ける」「留守電の設定をする」
    詐欺師は自分の声が残るのを嫌うため、録音や留守電が効果的です。
    電話の傍に注意喚起をするためのスタンドを置くことも良いでしょう。

スタンドの作り方印刷用データ(はがきサイズ)

スタンドの置き方例

  • 相談用電話番号「188」「#9110」をメモして貼る
    一人で悩まず、何かあればどんなことでも電話してください。

  • 家族や身近な人と普段から会話をする
    近況把握や地域での声かけが、異変に気づくキッカケになることもあります。 

参考情報

吉川市消費生活センターにご相談ください!

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)