埼玉県では、農業経営の見える化や数値化により、農業経営を効率化するためのほ場管理システム、経営管理システム等の導入を支援しています。この度、平成29年度の3次募集がありましたのでお知らせします。

事業主体

農業者、農業法人

事業内容

 ほ場管理、経営管理等に係るデータの見える化、数値化する技術(システム)の導入に係る経費を支援します。

対象技術の例

  • モバイル端末等でほ場ごとの農作業の状況や農作物の生育状況等を入力し、農業生産を管理するシステム
  • 栽培品目ごとの収益、ほ場ごとの出荷計画、販売状況などをモバイル端末に入力し、農業経営を評価・分析するシステム
主な補助対象経費
  1. 設置経費:対象の技術の運用に必須のソフトウエア、消耗品、装置類の購入、設置、設定に要する初期導入に係る費用
  2. 運用経費:対象技術の運用に直接要する事業実施期間内の運用経費(事業実施期間は平成30年2月末日までとします。)
  3. 上記以外で、知事が特に必要と認める経費補助対象

 

採択要件

次に掲げる要件を全て満たしていること

  1. 本事業の導入により、事業完了後3年以内に、経営や生産の数値化、可視化による農業経営の向上が見込まれること
  2. ほ場管理や経営管理の効率化を通じて生産性の高い農業の実践に資するモデル的な取組であること
  3. 補助事業として採択後、補助事業の情報(導入技術、事業主体名、補助金額等)の公表が可能であること

※ 事業開始は早くて2月上旬を予定しており、事業完了は2月末日までとなります。

補助率

補助対象経費の2分の1以内

※ 補助上限額は30万円以内となります。

採択予定件数

1件程度

選考方法

事業計画書について審査を行い、その結果は2月上旬頃に通知されます。

申請方法

事前に、農林振興センター農業支援部またはお住まいの市町村へお問い合わせください。

  • 申込締切 平成30年1月15日(月曜日)
  • 申込先 お住まい(法人であれば所在地)の市町村へ郵送または持参により申し込んでください。

 

その他、詳細は埼玉県のホームページをご確認ください。

埼玉農業先端技術導入支援事業(埼玉県のホームページにリンクします。)