テレワークで誰もが働きやすい職場環境づくり

テレワークとは、「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」です。

インターネットなどのICTを利用することで、本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をすることができます。

テレワークの導入は、新型コロナウィルス感染症の感染リスクを減らすうえで有効です。

以下のようなメリットが、労働者・事業主の双方に見込めます。

労働者

  • 通勤や移動時間の短縮、通勤に伴う精神的・身体的負担の軽減
  • 長時間労働の是正
  • ワーク・ライフ・バランスの向上
  • 集中して仕事に取り組むことが可能となり、業務効率が向上

事業主

  • 育児、介護などによる離職の防止
  • 業務効率化による生産性の向上
  • 出張費やオフィスコストの削減
  • 非常時の事業継続性の確保
  • 働きやすい環境づくりによる優秀な人材の確保

 

国・県で実施するテレワークの主な支援

総務省テレワークマネージャー相談事業

Web会議・電話にて、テレワークに適したシステム(在宅勤務などを行うためのICT機器、システム)や情報セキュリティ、勤怠労務管理、その他テレワーク全般に関する情報提供・相談を行っています。

問い合わせ テレワークマネージャー相談事業 事務局 電話03-5213-4032

 

総務省テレワーク・サポートネットワーク事業

全国各地の中小企業や団体がテレワークを速やかに導入できるよう、地域の中小企業を支援する団体等と総務省が連携し、地域のテレワーク導入のサポートを行います。

問い合わせ テレワーク・サポートネットワーク事務局 電話03-5422-1517

 

埼玉県テレワーク導入支援補助金 

県内の中小企業、個人事業主等(雇用保険適用事業所)が整備するテレワークの導入・運用に係る費用について、補助金(上限20万円、補助率3分の2以内)が交付されます。

問い合わせ 埼玉県産業労働部ウーマノミクス課女性活躍担当 電話048-830-3960