ハチの相談・駆除について 

市民の皆さんから「ハチの巣ができたから駆除してほしい。」との相談が多く寄せられています。
軒下などいろいろなところに巣を作りますが、知識があればハチは怖い生き物ではありません。

ハチのQ&A

Q ハチは人を刺す害虫でしょ?
A いいえ、ハチはむしろ益虫の一面があります!
そもそもハチは、花や樹木の受粉をしたり、毛虫などの害虫を食べたりと、自然の中で大きな役割を果たしている益虫の一面もあります。人の生活や健康に害のないハチまで殺してしまうのは考えものです。ハチがいつも人を刺すわけではありません。
人を刺すハチは限られています。主にスズメバチとアシナガバチで、しかもメスだけが人を刺します。
また、巣を刺激したりしなければ、特にアシナガバチは積極的に人を刺したりはしません。

Q ハチに刺されないために注意することは?
A ハチに刺激を与えないことが大切です。

ハチの巣を見つけたときは、巣にいたずらをしないようにしましょう。また、植木などを剪定するときには、中に巣がないか注意することも大切です。

Q もしも、ハチに刺されてしまったら?

  1. 速やかに巣から離れ、安全な場所に避難します。
  2. 患部を流水でよく洗い流し、傷口周囲を圧迫して毒液を絞り出します。(ハチ毒は水に溶けやすいので、水で流しながら毒を絞り出すと効果的です)
  3. かゆみ止めの軟膏(抗ヒスタミン軟膏)をつけます。
  4. 症状がひどい場合は、早急に医師の診察を受けましょう。

駆除に関して

駆除の相談

ご自宅の敷地内や建物にできたハチの巣の駆除等については、埼玉県ペストコントロール協会にご相談ください。無料で相談できます。
※駆除は有料です。

埼玉県ペストコントロール協会
電話 048-854-2890

駆除の方法

準備

  • 一般の殺虫剤で駆除できます。
  • ハチは、夜になると巣に戻ってくるので、日没後暗くなってから作業をしましょう。
  • 肌を露出しないような服装で、なるべく厚手の白っぽい服を着用しましょう。
  • ライトで照らすと、ハチがライトに集まってしまうので、ライトは使わないようにしましょう。

手順

  1. 風上から、殺虫剤を巣の全体に数十秒間かけ続けます。
  2. 殺虫剤をもう一度巣にかけ、ハチが巣からいなくなっていることを確認してから、巣を落とします。
  3. 地面に落ちたハチや巣をほうきとちりとりで集めます。(刺されることがあるので、素手で触らないようにしてください)
  4. 集めたハチや巣をビニール袋に入れて踏みつぶします。
※危険ですので、スズメバチの駆除は専門の業者に任せましょう。

ハチの種類

ハチの種類には、大きく分けて、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチがあります。

ハチの種類

特徴

スズメバチ

スズメバチの写真

 スズメバチは、ハチの中では攻撃性が強く、刺されるとアレルギー反応によって、ショック症状を起こすことがあります。
 巣は、波模様の外被で覆われ、家の軒下、板塀の間、木の枝などに、ボール状の大きな巣をつくります。1個の出入口があり、巣は1年限りで捨てられます。

アシナガバチ

アシナガバチの写真

 スズメバチより小型で、体長は2センチメートル程度です。体が細く、脚は長く、飛ぶときは脚を伸ばしています。
 軒下や木の枝にハスの花状の巣を作ります。スズメバチと同様に、巣は1年限りで捨てられます。

ミツバチ

ミツバチの写真

 体長は、1.3センチメートル位で丸っぽい形をしています。
 写真は、5から7月にかけて起こる、分蜂と呼ばれるミツバチの移動行動です。枝などに集団で集まりますが、危害を加えない限り攻撃性はありません。
 1日から数日で新たに巣を作る場所を求め移動していますので、そのまま見守ってください。

 

<分蜂>
 女王バチは、新しい女王バチが誕生する直前に、新たに巣を作る場所を求め、多数の働きバチを連れて巣から飛び出します。天気のいい日の午前中に行われることが多いようです。