新型コロナワクチンの接種を無料で受けられる期間は、令和5年度(令和6年3月31日)で終了しました。

令和6年度以降は、国の方針により、高齢者インフルエンザと同様に、原則有料による「B類疾病の定期予防接種」を実施することになりました。

なお、令和6年4月1日以降に定期接種以外で接種をご希望の方は、任意接種として自費で接種していただくことになります。

 

ワクチン接種について

目的

個人の重症化予防により、重症者を減らすことを目的として実施

対象者

接種日に次のいずれかに該当する方

  • 65歳以上
  • 60歳以上64歳以下で、重症化リスクの高い方(※)

※範囲は高齢者インフルエンザ予防接種と同様に、身体障害者手帳1級のうち、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫機能に障がいを有する方

努力義務

ありません

接種回数・接種時期

年に1回、秋から冬の時期

使用するワクチン

流行の主流等を踏まえウイルス株を選定し、有効性、安全性等を踏まえ、国において検討することとしています

接種費用

原則、一部負担あり(公費助成額等は未定)

Q:新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。また、接種間隔を空ける必要はありますか。

A:新型コロナワクチンと他のワクチンとの同時接種は、医師が特に必要と認めた場合に可能です。

  また、他のワクチンとの接種間隔に制限はありません。

 

新型コロナワクチンQアンドA(外部リンク:厚労省)

接種証明書について

令和6年4月1日以降の接種分

定期予防接種として接種した接種証明書が必要な場合は健康増進課へご相談ください

任意で接種した予防接種については、接種証明書を発行できません

令和6年3月31日までの接種分

接種証明書が必要な場合は健康増進課へご相談ください