梅雨明け前から熱中症に注意しましょう

熱中症と言えば真夏と思われる方も多いと思われますが、体が気温の上昇になれていない梅雨の合間にも、熱中症が発生することがあります。

早くから暑さに体を慣らすことが大事で、日頃からウオーキングなどで汗をかく機会を増やしておけば、急な体温上昇にも対応できる身体を準備できます。
また、高齢者は、汗をかきにくく、暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、のどが渇かなくても、水分を取る習慣をつけましょう。

熱中症は、自分自身で予防することも大事ですが、小さなお子さんや高齢の方に対しては、まわりにいる方が気をつけてあげることが必要です。

熱中症について、予防や適切な対応方法を知り、暑い夏を健康に過ごしましょう。

熱中症とは?

私たちのからだは、暑いときや体温が高いときには、皮膚の表面から空気中に熱を放出したり、汗をかきその汗が蒸発するときに熱を奪うはたらき(気化熱)を利用することにより、体温を一定に調節する仕組みが備わっています。
また、汗で失った水分や塩分(電解質)の調節も、適切に対処できるように備わっていますが、熱中症は、この体温や電解質を調節する機能がコントロールができなくなった状態です。

熱中症にかかると、めまいや立ちくらみなどの軽い症状から、重症では、けいれんや意識障害、死亡することもあります。

予防するには

暑さを避けましょう。
  • 帽子や日傘を利用しましょう。
  • 炎天下に長時間いることは避けましょう。
  • エアコンや扇風機を上手に活用しましょう。
水分をこまめに補給しましょう。
  • のどがかわく前に水分を補給しましょう。
  • 高齢者は汗をかきにくく、のどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分補給をしましょう。
  • 睡眠中もからだの水分は発散します。寝る前にも水分補給をしましょう。

かかった場合の応急処置

  • 涼しい環境へ移動させ、衣服をゆるめます。
  • 濡れたタオルや保冷剤などを首、わきの下、股関節の部分にあて、体温を下げます。
  • 水分の補給は、意識がはっきりしている場合には少しずつ飲ませます。意識がはっきりしていな いときには気管に入ることがあり危険ですので飲ませることは避けましょう。
  • 医療機関へ搬送しましょう。

       特に意識がもうろうとしている場合などは、急いで病院に行き点滴などの処置を受けることが重要です。

関連情報リンク