本人、ご家族へのお願い

  • まずは、かかりつけの医師などの医療機関で診察を受けましょう(初期発見、初期対応が大切です)。
  • 本人、家族だけで抱え込まず、高齢者の総合相談窓口「地域包括支援センター」などの専門機関に相談しましょう。
  • 認知症に関する正しい知識、理解を深めましょう(認知症サポーター養成講座の受講など)。
  • いざというときの事態(行方不明など)に備えましょう(見守りネットワークを利用する、衣服に氏名、連絡先を書いておくなど)。
  1. 認知症の疑いがある
  2. 認知症はあるが、日常生活は自立
  3. 誰かの見守りがあれば、日常生活は自立
  4. 日常生活に手助けが必要
  5. 常に介護が必要

吉川市認知症ケアパス別冊.pdf [428KB pdfファイル]  

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)