平成28年度毎日1万歩運動は終了しました

1月27日(金曜日)、28日(土曜日)、29日(日曜日)事後検査を実施しました

今年度「毎日1万歩運動に参加された」171人の方が事後検査を受けました。

血圧測定 体組成測定

体力測定 採血

来年度の説明

半年間のウォーキング、お疲れ様でした。

「ノルディック・ウォーキング体験教室」を開催しました

1月12日(木曜日)、13日(金曜日)、14日(土曜日)50人の方が参加され、ノルディック・ウォーキングを体験しました。

準備運動 総合体育館から外へ

ノルディック・ウォーキングとは、両手にポール(ストック)を持って、交互に地面を押しながら行うウォーキングです。専用ポールを使用することにより、効果的な「有酸素運動」として下半身の関節への負担を軽減するだけでなく、腕、上半身の筋肉などの全身を使うウォーキングとなります。

 

「なまりんバスで行く市外ウォーキング」に行ってきました

昭和記念公園、御岳山、国営武蔵野丘陵森林公園

3日間とも穏やかな天気に恵まれました。

10月24日(月曜日)昭和記念公園は24人、10月31日(月曜日)御岳山は27人、11月4日(金曜日)国営武蔵野丘陵森林公園は30人の方が参加してくださいました。来年も、またぜひ一緒にお出かけしましょう。

昭和記念公園 御岳山1 御岳山2 森林公園

 

9月3日(土曜日)セミナーを開催しました

筋力アップセミナー

おあしす多目的ホールを会場に、公益財団法人埼玉県健康づくり事業団の健康運動指導士の、長谷川飛将先生と浅見真一先生に御講義いただきました。

ジャンケン脳トレで会場が湧き、その後、運動を継続するための秘訣や、実際の筋力アップトレーニングについて教えていただきました。

66人の方が筋力アップセミナーを受講されました。

ジャンケン脳トレ スクワット

8月20日(日曜日)セミナーを開催しました

食事と栄養のセミナー

おあしす多目的ホールを会場に、昭和女子大学、健康デザイン学科教授の小川睦美先生から御講義いただきました。

「営食養生、食事は身体をつくる材料です」をテーマに、学術データを交えながら、日々の食事においてこころがける点について大変わかりやすくお話してくださいました。今後ぜひ吉川版食事バランスガイドを参考に、乳製品を忘れがちな方は摂取を心がけ、骨を元気にしましよう。62人の方が学ばれました。

食事と栄養のセミナー1 食事と栄養のセミナー2

 

 

7月31日(日曜日)講座を開催しました

毎日1万歩を達成するためのポイントと体力づくり講座

美南地区公民館の洋会議室を会場に、埼玉県立大学の田口孝行教授と、理学療法士の菊池裕美先生から御講義をいただきました。

筋肉について知り、筋肉のマッサージ方法と、痛みを予防するストレッチや筋トレを学びました。また、毎日1万歩を無理なく達成し、健康づくりに取り組むためのポイントを教えていただきました。健康づくりが「身体への拷問」にならないようにという先生の言葉に、穏やかな笑いがこぼれていました。82人の参加者の皆様、お疲れ様でした。 

肩周辺の筋トレ(五十肩予防) ももの前の筋トレ(腰痛予防、膝の矯正にも!)

背筋・お尻の筋トレ(腰痛予防体操) 

7月23日(土曜日)ウォーキング教室を開催しました 

総合体育館大体育室を会場に、吉川市体育指導員の榎本薫先生から御講義をいただきました。

ウォーキング前後のストレッチを十分に行い故障を予防できるように、実際にストレッチを体験しました。色々な歩き方や、インターバルトレーニングを行いました。73人の参加者が気持ちのよい汗をかきました。

ウォーミングアップ インターバル トレーニング

 7月16日(土曜日)19日(火曜日)事前検査を実施しました

 今年度から始める新規参加者78人が事前検査を受けました。

体力測定(握力・柔軟性)  体力測定(バランス)

血液検査  導入セミナー

今年は継続参加99人と、新規参加78人、合計177人で毎日1万歩運動にチャレンジします。

「毎日1万歩運動」とは

歩数計を付けて半年間、毎日1万歩を目指して歩きます。

体力測定や血液検査、専用機器を使った身体測定などにより、健康に関する値の変化を実感できます。

対象者

18歳以上で市内在住の方、事前事後の血液検査、身体・体力測定を受けてもらえる方

定員

先着100人

費用

無料(歩数計の電池代などが発生する場合があります)

申請方法

申込書を直接保健センターまで御提出ください。先着順となっております。平成28年度の申込みは終了しました。

申込書 [83KB pdfファイル] 

 

平成27年度吉川市「毎日1万歩運動」実施報告書

 埼玉県立大学理学療法学科教授の田口孝行先生に、実施報告書を作成していただきました。
  
 
 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)