埼玉県における施設使用停止等の協力要請および酒類提供時間制限の要請の解除について(6月16日更新)

埼玉県では「新型インフルエンザ等対策措置法」に基づき、令和2年5月7日から令和2年6月18日までの期間で施設の使用停止等の協力要請、令和2年5月25日からは酒類の提供時間を午後10時までとするよう協力要請をしているところですが、県内の感染状況等及び専門家の意見等を踏まえ、令和2年6月17日午前0時から解除するとの発表がありました。

詳細については埼玉県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

埼玉県における緊急事態措置の延長について(5月5日更新)

埼玉県においては、新規の陽性患者が減少し、また感染経路不明の孤発例も少しずつ下がっていますが、この傾向が継続するか判断するには、まだ時期尚早です。引き続き行動抑制によって感染のピークを後ろにずらし、積極的な疫学調査を行いながらクラスター対策を進めるとともに、医療的措置が必要な県民の皆様への対応が極めて重要になります。
国は、5月4日に、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「法」という。)に基づく緊急事態宣言を延長しました。
そこで、本県としては、法第18条に規定する基本的対処方針及び埼玉県新型感染症専門家会議の意見を踏まえ、以下のとおり緊急事態措置を実施してまいります。「新しい生活スタイル」を広げるとともに、引き続き「三つの密」を徹底的に避け、接触機会の8割低減を目指してまいります。

詳細については埼玉県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

なお、緊急事態宣言延長の発表を受けての市長コメントは以下のとおりです。

市長コメント

5月4日、「緊急事態宣言」の5月31日までの延長が国において発表されました。

吉川市では国の決定に先立ち、5月31日までの小中学校の休業や公共施設の利用中止、また、子ども応援配食や小学校預かり児童への弁当配布の延長を発表しておりましたので、それらを継続してまいります。

市民及び事業者の皆さまにおかれましては、「緊急事態宣言」の延長決定を受け、健康や生活など大変ご心配されていることかと思いますが、より一層皆さまの命と暮らしを守ることができるように、これまでの対策に加え、特別定額給付金の確実な給付など各種の支援策が必要な方に早期に届くよう取り組んでまいります。

これまで、外出や営業の自粛、学校の臨時休業、保育施設の利用自粛など、感染拡大防止に大変ご協力いただいておりますが、そうした皆さまの努力が形になるまで、引き続き、こまめな手洗いや咳エチケットと合わせて、三つの密を避け、不要不急の外出を自粛するなど、感染拡大防止に取り組んでいただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルスとの闘いは長期戦が予想されますが、皆さまと共に1日も早く平穏な暮らしを取り戻せるよう、職員一同全力を尽くしてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

                                                       吉川市長 中原 恵人

 

埼玉県における緊急事態措置の追加実施について(4月10日更新)

埼玉県から下記の緊急事態措置の追加実施について発表がありました。

 

4月7日(火曜日)に発出した緊急事態措置(第1弾)に引き続き、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、4月13日(月曜日)から5月6日(水曜日)までを期限として、埼玉県全域に対して以下のとおり緊急事態措置(第2弾)を実施します。なお、本措置は4月13日(月曜日)午前0時より実施としますが、準備が必要な事業者等におかれては可及的速やかにご協力いただけるようお願いいたします。

  1. 下記の施設を管理する事業者又は当該施設を使用するイベント主催者の皆様に対し、施設の使用停止もしくはイベントの開催停止を協力を要請します。
    1. 第1号 学校(第3号に掲げるものを除く。)
    2. 第3号 大学、専修学校、各種学校その他これらに類する教育施設(1,000平方メートル超に限る。)
    3. 第4号 劇場、観覧場、映画館又は演芸場
    4. 第5号 集会場又は公会堂
    5. 第6号 展示場
    6. 第8号 ホテル又は旅館(1,000平方メートル超、集会の用に供する部分に限る。)
    7. 第9号 体育館、水泳場、ボーリング場その他これらに類する運動施設又は遊技場
    8. 第10号 博物館、美術館又は図書館(1,000平方メートル超に限る。)
    9. 第11号 キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホールその他遊興施設
    10. 第13号 自動車教習所、学習塾その他学習支援業を営む施設(1,000平方メートル超に限る。)
  2. 下記の施設を管理する事業者の皆様に対し、適切な感染症防止対策を講じた上で事業の継続を要請します。ただし、保育所及び放課後児童クラブについては規模を縮小しつつ、必要な保育等を確保するようお願いします。
    1. 第2号 保育所、介護老人保健施設その他これらに類する通所又は短期間の入所により利用される福祉サービス又は保健医療サービスを提供する施設(通所又は短期間の入所のように供する部分に限る。)

※各号は新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令第11条の号数を表す。

詳細については埼玉県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

埼玉県における緊急事態措置の実施について(4月7日更新)

新型コロナウイルスの感染者急増に対処するため、4月7日(火曜日)に国が「緊急事態宣言」を発令しました。

それに伴い、埼玉県から下記の緊急事態措置の実施について発表がありました。

  1. 外出自粛を要請
    県民の皆様に対して、医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩など生活の維持のために必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛を要請いたします。特に、遊興施設など、いわゆる「3つの密」が揃う場所への外出や集まりへの参加について自粛を要請いたします。
  2. 多数の者が参加するイベント開催についてのお願い
    事業者の皆さまに対して、多数の者が参加するイベントの開催を控えるよう御協力をお願いいたします。
  3. 県立学校への休業を要請
    県立学校(特別支援学校を含む)について、県教育委員会に対して休業を要請いたします。県内の小中学校、幼稚園などについては、この方針を踏まえ、適切な措置を講ずるようお願いします。
  4. 生活必需品の物資確保についてのお願い
    生活必需品などの物資の確保について、事業者の皆様には県民が安心して購入できる環境を整えていただくとともに、県民の皆様には冷静な対応をお願いします。買い占めや売り惜しみなどについては、躊躇なく対応してまいります。

詳細については埼玉県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。