【5月27日申請書発送しました】特別定額給付金について

和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。

吉川市では特別給付金の申請書を5月27日(水曜日)に発送しました。

申請書は返信用封筒による郵送での提出となります。市役所にお持ちにならないようお願いいたします。

なお、特別定額給付金については総務省ホームページや総務省の問い合わせ先(コールセンター)でもお知らせしています。

総務省のホームページと問い合わせ先(コールセンター)

総務省のホームページ

総務省ホームぺージ(外部リンク)

総務省の問い合わせ先(コールセンター)

特別定額給付金に関するお問い合わせや相談に対応するため、総務省ではコールセンターを設置しています。

  • 電話番号:03-5638-5855
  • 応対時間:午前9時から午後6時30分(土曜日、日曜日、祝日を除く)

※現在、お電話が大変つながりにくい状況となっているようです。お電話がつながらない場合は、時間を置いてお掛け直しいただきますよう、お願いいたします。

特別定額給付金の概要

付対象者及び受給権者

  1. 付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民登録のある方
  2. 給権者は、基準日(令和2年4月27日)の世帯の世帯主

給付

給付対象者1人につき10万円

給付方法

原則として、受給権者(世帯主)の本人名義の銀行口座への振込みます。

請方法(申請期限は、郵送による申請受付開始日から3か月以内となります。)

提出期限 令和2年8月31日(月曜日)予定

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、原則として「郵送」または「オンライン」での申請にご協力をお願いします。

郵送による申請

申請書に給付金の振込口座等を記入し、次の資料を添付して郵送してください。

  • 本人確認書類の写し(運転免許証やマイナンバーカード等の写し)
  • 給付金の振込口座を確認できる書類の写し(口座番号、口座名義人がわかる通帳やキャッシュカードの写し等)
オンラインによる申請(マイナンバーカードを活用します)

受付開始 5月8日(金曜日)から

オンライン申請窓口「ぴったりサービス」(外部リンク)

申請期限について

申請の受付期間は郵送による申請受付の開始日より3か月間です。

郵送による申請の受付開始日は、決まり次第市ホームページなどでお知らせします。

申請から給付までの流れ(郵送の場合)

  1. 申請書類の発送
    市から対象者となる世帯の世帯主あてに申請書類を送付します(6月上旬予定)。申請書類は1世帯につき1通届きます。
  2. 申請
    世帯主の方は申請書に必要事項を記入の上、必要書類を添付し、担当まで郵送で提出してください。オンライン申請の場合は申請書類の郵送は不要です。
  3. 受付
    市は申請内容を確認し、給付の決定をします。
  4. 給付
    原則、世帯主の本人名義の銀行口座に振り込みます。世帯全員の分を1つの口座に振り込みます(分割はできません)。

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、あらかじめ申出をしていただくと下記の取扱いが受けられます。

受けられる取扱い

対象と認められる場合、世帯主でなくとも同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。この場合、世帯主(配偶者など)からの申請があっても、世帯主へは支給しません。

対象となる方

次の1から3のいずれかに該当する方

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 配偶者からの暴力を理由に避難していることについて、婦人相談所や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の証明が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に、今お住まいの市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

申出の手続き(吉川市にお住まいの場合)

上記1から3に該当する方は、特別定額給付金担当又は、吉川市配偶者暴力相談支援センター(市民参加推進課内、電話番号048-982-5968)に予めご相談ください。
確認の上、下記の申出書と添付書類を提出していただき、申出の手続きを行った上で、特別定額給付金の申請をしてください。

  1. 申出書.pdf [ 251 KB pdfファイル]
  2. 添付書類(次のいずれかの書類が必要です)
  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本又は正本

※ 同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

※ 令和2年4月28日以降に今お住まいの市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば市区町村において確認がとれるため、上記の書類は必要ありません。

申出書が提出された市区町村は申出書に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、申出書に記入された、今お住まいの住所等の情報は知らせません。

給付金を装った詐欺にご注意ください!

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください。

市役所や国の職員などが下記のことを行うことは絶対にありません。

  • ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすること
  • 受給にあたり、手数料の振込みを求めること
  • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること

ご自宅や職場などに市役所や総務省(国)などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、吉川市消費生活センター(商工課内、電話番号048-982-9697)、消費者ホットライン188(局番なし188)や吉川警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!