災害時の避難所における新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をお願いします。

 新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況下において、風水害や地震などの災害が発生し、避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要です。
避難所などの密集した環境下での集団生活により、新型コロナウイルスなどの他の感染症リスクも高まります。
 新型コロナウイルスが収束する前に避難所を開設した場合、市民の皆さまへのお願いと市の対応は以下のとおりになりますので、ご協力をお願いいたします。

親戚や友人の家等への避難の検討

  • 自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。
    また、親戚や友人等、避難を受け入れてくれるお宅がある場合には、そちらに避難することもご検討ください。

  ※浸水や倒壊の恐れがあるなど、地域の実情に合わせて危険と判断した場合は躊躇せず避難所に避難してください。

避難をする場合に持参をお願いしたい物

  • 指定避難所には必要最低限の物資しか配備されていないため、避難をする際には非常持出品として次のものを可能な限り準備をお願いします。
  1. マスク(感染症対策)
  2. 体温計(感染症対策)
  3. アルコール消毒液(感染症対策)
  4. 最低3日分の食料と飲料水
  5. 衣類(着替え)
  6. 常備薬
  7. 生理用品 など

手洗い、咳エチケット等の徹底

避難所の衛生環境の確保

  • 物品等は、定期的におよび目に見える汚れがあるときは、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難所の衛生環境をできる限り整えましょう。

十分な換気の実施、スペースの確保

  • 避難所内は十分な換気に努めるとともに、避難者同士が十分なスペースを確保できるように留意します。通常時よりも広いスペースが必要となりますのでご配慮ください。

発熱、咳などの症状が出た方のための専用スペースの確保

  • 発熱、咳などの症状がある方のための専用スペースを確保します。症状のある方は一般の避難者とはゾーンや動線を分けることがありますのでご協力ください。