子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年度から定期接種となりましたが、ワクチン接種後、持続的な痛みやしびれを訴える副反応などの報告が相次いでいます。

平成25年6月14日、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、子宮頸がんワクチンの副反応報告について審議が行われ、国民に適切な情報提供ができるまでの間、 積極的に勧奨すべきではないとされました。

このことにより、厚生労働省から下記のとおり勧告があり、子宮頸がん予防ワクチンの定期予防接種の積極的な勧奨を差し控えることになりました。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)

ただし、定期接種が中止されたものではありませんので、対象者(小学6年から高校1年生相当の女子)のうち、接種を希望される場合は、接種医師などに相談したり、下記のリーフレットを参考に、ワクチン接種の有効性及び安全性等について十分理解した上で接種するようにお願いします。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省作成リーフレット)

関連リンク

厚労省ホームページ(外部リンク)

埼玉県ホームページ(外部リンク)