子宮頸がん予防ワクチン接種後の体調変化等に関するアンケート

アンケート調査を実施しました

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年度から予防接種法による定期予防接種となっています。しかし、接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みがみられたことから、現在は積極的勧奨が差し控えられています。

吉川市では子宮頸がん予防接種後の副反応の実態把握とを把握するためのアンケート調査を行うとともに、市民の方々の不安軽減のための情報提供を行いました。

調査方法

調査用紙を郵送し、郵送で回答

調査期間

平成28年2月29日発送、3月11日までに返送

対象者

平成23年度から平成26年度の接種対象者

平成7年4月2日から平成14年4月1日生まれの女性

通知内容
  1. 子宮頸がんワクチン接種後の体調変化等に関するアンケート調査依頼 [54KB pdfファイル] 
  2. 調査票 [119KB pdfファイル] 
  3. 子宮頸がんについてのお知らせ啓発リーフレット [598KB pdfファイル] 
調査結果

子宮頸がん予防ワクチン接種後の体調変化等に関するアンケート調査結果 [752KB pdfファイル] 

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)