緊急事態宣言期間中の保育について

令和3年1月7日に国の緊急事態宣言(1月8日から2月7日まで)が発令されました。緊急事態宣言において、保育所等は原則開所することを踏まえ、吉川市では引き続き新型コロナウイルスの感染予防を徹底したうえで、通常どおり保育を実施することとします。

ただし、この緊急事態宣言の期間中、職場からの休業要請が出た場合や感染リスクの不安を理由に、連続した期間全てにおいて保育を利用しない場合は、日割り計算により保育料を減額しますので、保育利用の一時停止に係る届出書をご提出くださいますようお願いいたします。

なお、育児休業復帰期限及び求職中の保護者の就労開始期限を次のとおり延長することといたしましたので、ご留意くださいますようお願いいたします。

新型インフルエンザ等緊急事態宣言期間中の保育について

保育所入所に係る育児休業復帰期限の延長について

育児休業を取得中で、職場復帰いただくことを条件に入所が決定している児童の保護者につきましては、緊急事態宣言の発出に伴い育児休業期間が延長となる場合は、職場復帰の期限を、3月1日まで、復職証明書の提出を同月末まで、それぞれ延長いたします。

求職活動中の保護者の就労開始期限について

求職活動を認定事由として在園している児童の保護者で、緊急事態宣言期間中に認定期間が終了してしまう場合、認定期間を3月末日まで延長いたします。

期間中の保育利用の一時停止について

期間中の保育利用の一時停止を希望する方は、別紙「保育利用の一時停止に係る届出書」を令和3年1月15日(金)までに利用施設に提出してください。

※ 提出期限後に利用停止することが決まった場合は、速やかに利用施設に提出してください。ただし、この場合の利用停止開始日は、届出を提出した日以降の日となりますのでご留意ください。

※ 届出提出後の事情の変化により、保育の利用が必要となった場合は、あらかじめ利用施設にご連絡してください。

保育利用の一時停止に係る届出書

保育利用の一時停止に伴う保育料について

保育利用の一時停止の届出をした期間全てにおいて保育を利用しなかった場合、欠席日数に応じて日割り計算のうえ、保育料を還付いたします(認定こども園、小規模保育等を利用する保護者につきましては、直接、ご利用の保育施設にご確認ください)。
なお、届出提出後の事情の変化により、保育の利用を再開した場合は、通常の保育料を納付していただきます。

※ 事前に届出の提出がない場合、期間全てにおいて利用しなかったとしても保育料の日割りの対象になりませんので、ご留意ください。

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)