日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少する見込みです

日本脳炎ワクチンの供給が、製造ラインの問題により大幅に減少することから、令和3年度においてはワクチンが不足することが見込まれます。

国では以下のように優先順位を示しています。

 

優先接種対象者

  • 3歳になる方(令和3年4月から令和4年3月に3歳になる方)

 

定期接種として接種が受けられる年齢には上限があります。下記の方は上限に近づいているため、優先接種の対象です。
  • 概ね6歳半から7歳半未満の方(3回目の接種が終わっていない場合)
  • 12歳の方(4回目の接種が終わっていない場合)
  • 高校3年生から19歳の方(4回目の接種が終わっていない場合)

 

それ以外の年齢の方

  • 6か月から3歳未満の方

 標準的な接種期間となる3歳に達するまでお待ちください。

 

  • 概ね4歳の方

 4歳以上でもまだ1回も接種していない方については、優先接種の対象です。

 第1期初回(1回目、2回目)の接種が終わっている方は、ワクチン供給量が確保されるまで、しばらくお待ちください。

(3回目の接種は、2回目から1年以上あいても問題ありません)

 

  • 概ね9歳の方(平成24年4月生まれの方以降)

 ワクチン供給量が確保でき次第、予診票を送付します。

 

参考 厚生労働省ホームページ