第3回女性減災リーダー育成セミナー(公開講座)

多発する大規模災害に対し、自助・共助の重要性がさらに高まる中、災害時における多様な視点が求められています。

今回、宮城学院女子大学大学院講師浅野富美枝氏をお招きし、「災害時における共生を考える」をテーマに講演を行います。

女性減災リーダー育成セミナーとは

災害時における多様な視点が求められる中、女性の減災リーダーを育成することを目的に、自助・共助について学び、いつ起こるかわからない災害に備えるため、地域で活躍するための知識・手法を学ぶセミナー(ホームページはこちら

日時

令和2年2月1日(土曜日)午後1時30分から午後3時30分まで(午後1時開場)

場所

おあしす 多目的ホール

内容

講演テーマ

「災害時における共生を考える」

講演者

宮城学院女子大学大学院講師浅野富美枝氏

定員

250名(駐車場に限りがあるため、乗り合わせ又は公共交通機関でお越しください。)

対象

どなたでも(男性の方も参加できます。)

費用

無料

その他

  1. 託児室を完備しておりますので、是非ご利用ください。(申込時に名前と年齢をご記入ください。)
  • 未就学児のみ
  • 先着10名(託児室の申込に限り、令和2年1月17日締切)

申込方法

吉川市電子申請・届出サービスからお申し込みください。(12月23日(月曜日)から)

申込はこちら

  • 申し込みは申込代表者が参加人数の入力のみお願いします。
  • 個人で参加される場合は、「個人」で入力してください。

※携帯・メールアドレスをお持ちでない方

【申込書】を直接又はファクスで危機管理課へ

減災フェア

近年、想定を超える気象現象が頻発しており、甚大な浸水被害が県内でも発生しております。

想定を超える災害から自分の身や大切な家族などを守るためには「自助」や「共助」が欠かせません。

今回、水害について考えるきっかけとするため、茨城県常総市神達岳志市長による基調講演「水害と共に生きるために」をテーマにパネルディスカッションを行います。

また、防災関係機関や災害協定団体等の協力のもと、減災関連の体験・展示コーナーも設けます。

日時

令和2年2月22日(土曜日)

第一部

午後1時30分から午後2時30分まで

第二部

午後2時50分から午後4時20分まで

体験・展示コーナー

午前10時から午後5時まで

場所

中央公民館ホールほか

内容

(第一部)基調講演
講演テーマ

「防災先進都市を目指して」~災害に強いまちづくりの推進~

講演者

茨城県常総市 神達岳志市長

(第二部)パネルディスカッション
テーマ

「水害と共に生きるために」~水害に強いまちづくりを目指して~

コーディネーター
  • 中原恵人(吉川市長)
パネリスト
  • 神達岳志(茨城県常総市長)

  • 中村伸也(江戸川河川事務所長)

  • 桜井美菜子(熊谷地方気象台長)

  • 石井亮英(吉川市自治連合会会長)

  • 高尾 良(吉川市自主防災組織連絡協議会会長)

  • 浅野富美枝(宮城学院女子大学大学院講師)

定員

450名(駐車場に限りがあるため、乗り合わせ又は公共交通機関でお越しください。)

対象

どなたでも

費用

無料

申込方法(減災講演会と同様)

吉川市電子申請・届出サービスからお申し込みください。(12月23日(月曜日)から)

申込はこちら

  • 申し込みは申込代表者が参加人数の入力のみお願いします。
  • 個人で参加される場合は、「個人」で入力してください。

※携帯・メールアドレスをお持ちでない方

【申込書】を直接又はファクスで危機管理課へ

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)