大切な人の命を守るゲートキーパー

                                   ゲートキーパー養成講座表題

吉川市では、自殺防止対策として、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができるゲートキーパーの養成講座を毎年行っています。自殺対策では、悩んでいる人に寄り添い、関わりを通して「孤立・孤独」を防ぎ、支援することが重要です。1人でも多くの方に、ゲートキーパーとしての意識を持っていただき、専門性の有無にかかわらず、それぞれの立場でできることから進んで行動を起こしていくことが自殺対策につながります。

平成30年度ゲートキーパー養成講座「住み慣れた地域で上手に年を積み重ねていくコツ」

日時
平成31年2月19日(火曜日) 午前10時から午後12時まで(受付開始時間9時30分から)
場所
吉川市市民交流センターおあしす 多目的ホール
講座内容

メンタルヘルスの観点から「身体と心」の関係を学び、自殺に関する理解を深めることで、あなた自身の健康と周りにいる大切な人が自殺に追い込まれることがないよう一人ひとりが普段の生活からできることを考えます。

講師プロフィール

株式会社ビヨンドザボーダー代表取締役 安藤 亘 氏講師写真
社会福祉士・精神保健福祉士・ファイナンシャルプランナー(AFP)
早稲田大学人間科学部人間基礎科学卒業後、株式会社リクルートに入社。教育機関広報部にてクリエイターとしてコピーライトの仕事を手掛ける。その後、社会福祉士の資格を取得し、メンタルヘルスの領域にキャリア変更を果たす。精神科病院や保健所での様々な相談援助業務を行い、現在では、東京家政大学人文学部非常勤講師、所沢市職員こころの健康相談相談員、朝霞市精神保健福祉相談 相談員、さらに社会福祉士・精神保健福祉士事務所「iさぽーとステーション」の代表として、メンタルヘルスに関わる様々な講演会や研修会の企画・運営、および講師をつとめている。
主な著書に「こころの健康をまもる手引き」「社会福祉士・精神保健福祉士実習前教育必読教本」など多数。

お申し込み

対象

市内在住・在勤の方

定員

先着80名  

申込期間

2月18日(月曜日)まで

受講料

無料

申込方法

申込書に必要事項を記入し、直接、電話またはファクスで、地域福祉課へ

H30ゲートキーパー養成講座申込用紙

その他

講座ポスター

H30ゲートキーパー養成講座チラシ

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)