平成30年7月豪雨では、行政機関が出す防災情報の意味が住民などに十分に理解されていなかったことを一つの原因として、西日本において極めて甚大な被害が発生しました。この教訓を踏まえ、内閣府により「避難勧告等に関するガイドライン」が改定され、市民のみなさまが災害時に情報の意味を直感的に理解し、避難行動を容易にとれるよう、避難情報を5段階の「警戒レベル」を用いて提供するとともに、とるべき行動を明確化することとなりました。

「警戒レベル」の内容及び避難情報と求める行動

「警戒レベル」の内容などについては、下記のとおりです。

※各種の情報は、警戒レベル1から5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。

【気象庁が発表】 警戒レベル1

災害への心構えを高めましょう。

発表する避難情報など

【気象庁が発表】警戒レベル2

避難に備え、ハザードマップなどにより、自らの避難行動を確認しましょう。

発表する避難情報など
  • 洪水注意報
  • 大雨注意報
警戒レベル2相当情報(※1)
  • 氾濫注意情報 
  • 洪水警報の危険度分布(注意)(※2)など

※1:警戒レベル(2から5)相当情報(防災気象情報など)

国や都道府県が発表する指定河川洪水予報、洪水警報の危険度分布などについては、住民が自主的に避難行動をとる際の判断の参考とするため、「警戒レベル相当情報」として提供されます。

※2:洪水警報の危険度分布(外部リンク)

洪水警報の危険度分布は、洪水警報を補足する情報です。 指定河川洪水予報の発表対象ではない中小河川(水位周知河川及びその他河川)の洪水害発生の危険度の高まりの予測を示しており、洪水警報などが発表されたときに、どこで危険度が高まるかを面的に確認することができます。

【吉川市が発令】警戒レベル3(高齢者等は避難)

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児など)とその支援者は避難をしましょう。その他の人は、避難の準備をしましょう。

発表する避難情報など
  • 避難準備・高齢者等避難開始

高齢者や体の不自由な人、乳幼児など移動するのに時間がかかる人は早めの避難を開始してください。支援する人はこの情報が出たら安全な場所に連れて行くなど力を貸してあげてください。速やかに自分で避難できる人は非常用の持ち出し品の用意など準備を始めてください。

【法的根拠:法令による根拠はなく、吉川市地域防災計画で定められているもの】

警戒レベル3相当情報
  • 氾濫警戒情報
  • 洪水警報
  • 洪水警報の危険度分布(警戒)

【吉川市が発令】警戒レベル4(全員避難)

速やかに避難先へ避難しましょう。避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

発表する避難情報など
  • 避難勧告

速やかに避難するよう促す情報です。避難勧告が出たら緊急避難場所や安全な場所に速やかに移動を開始してください。

【法的根拠:災害対策基本法60条】

  • 避難指示(緊急)※地域の状況に応じて緊急的又は重ねて避難を促す場合などに発令します。

直ちに避難するよう指示する情報です。この情報が出たときは災害の危険が差し迫っています。直ちに安全な場所に避難してください。夜間などで視界が悪かったり、道路が冠水したりして外に出るのが危険な場合には建物の2階以上に移動してください。

【法的根拠:災害対策基本法第60条、水防法、地すべり等防止法、警察官職務執行法、自衛隊法】

警戒レベル4相当情報
  • 氾濫危険情報
  • 洪水警報の危険度分布(非常に危険)

【吉川市が発令】警戒レベル5(災害発生している状況)

既に災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとりましょう。

発表する避難情報など
  • 災害発生情報(災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令します)
警戒レベル5相当情報
  • 氾濫発生情報
  • 大雨特別警報(浸水害)

避難行動とは

避難行動は、数分から数時間後に起こるかもしれない自然災害から「命を守るための行動」です。
従来は、公民館や学校の体育館などの施設に移動することが一般的でしたが、現在は、近くの親戚や友人宅、高い建物、自宅の2階など建物内の安全な場所での待機など、次の全てを避難行動としています。

  1. 指定緊急避難場所への移動
  2. 自宅などから移動して安全な場所へ移動(親戚や友人の家など)
  3. 近隣の高い建物などへの移動
  4. 自宅の2階など、建物内の安全な場所にとどまる

命を守るために、その時点で最も安全な避難行動は何かを考え、判断し、行動しましょう。

※1.2.3を「立ち退き避難(水平避難)」、4を「屋内安全確保(垂直避難)」と呼んでいます。すでに道路が冠水していて、「立ち退き避難(垂直避難)」することが危険と判断した場合に、自宅の2階など、建物内の安全な場所にとどまること「屋内安全確保(垂直避難)」 も避難行動です。

※日頃から、自宅や職場が「立ち退き避難が必要な場所なのか」、「上階への移動で命の危険を脅かされる可能性がないのか」などについて洪水ハザードマップなどで確認・認識し、災害時に適切な避難行動(立ち退き避難や屋内安全確保)がとれるよう備えておきましょう。

吉川市洪水ハザードマップ(令和元年7月作成)

参考ページ

内閣府 避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日)(外部リンク)

埼玉県 5段階の警戒レベルを用いた防災情報の発信について(外部リンク)

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)