期間限定テレワークオフィスを開設しました

国では、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置付け、働き方改革の国民運動を実施しています。※

吉川市でもテレワークオフィスを期間限定で開放し、市民と共に、市の職員がテレワークに挑戦しました。

参加者からは「いつもと違う環境で、集中できました」「静かで落ち着いて作業ができました」との感想がありました。

また、8月8日に一日市長に就任した中学生※もテレワークの体験として、長野県に出張中の企業とのテレビ会議に挑戦しました。

※働き方改革の国民運動…国では、7月22日から8月2日、8月19日から8月30日を集中的実施日としています。

※一日市長…市の将来を担う子どもたちが、市長の公務や市の事業を体験し市政への関心を高めることを目的に実施している事業。今年で23回目。

概要

テレワークオフィス開設期間 

7月23日から26日

場所 

おあしすミーティングルーム4(きよみ野1-1)

参加者数 
  • 一般13人(企画職、イラストレーター、SE、コンサルタントなど)
  • 市職員13人(長寿支援課、子育て支援課、障がい福祉課、政策室、商工課)