SDGs研修を実施しました

持続可能な開発目標(SDGs)について理解を深め、意識の高揚を図るため「SDGs研修」を実施しました。カードゲームを用いて「ゲーム体験」と「現実世界」とを紐付けることにより、SDGsという言葉をあまり聞いたことがなくても、楽しみながらさまざまな気付きを得ることができます。

参加者からは「カードゲームを用いることで、自身の行動がSDGsに影響を与えていることが目に見えて分かった」「今後はSDGsを意識しながら市の業務にあたっていきたい」といった声が上がりました。

また、内部講師が使用したカードゲームは、金沢工業大学と株式会社リバースプロジェクトが共同開発した『THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」』に吉川市独自のカードを加えたオリジナル版です。この吉川市版オリジナルカードを使用した研修は、市の出前講座として市民の皆さんも体験することができます。

概要

  • 管理職(課長級以上)
    日時 6月27日
    参加人数 42人(市長、副市長、教育長含む)
    講師 外部講師(一般社団法人イマココラボ)
  • 管理職以外の職員
    日時 7月31日、8月1日・31日(延べ4回実施)
    参加人数 141人
    講師 内部講師