吉川中学校の制服が決定しました 性別に関係ない制服

市立吉川中学校は、令和2年4月に吉川美南地区に市内4番目の中学校として開校します。吉川中学校の制服は従来より機能性を重視し、主に、成長期である中学生が3年間着ることを踏まえ設計しました。

今年4月に就任した戸張 利恵教育長は「社会全体が性別への固定的なとらえ方が解消されていく中で、本市においても多様性を認め、自分も他も大切にして共生していくことは極めて重要」と考え、吉川中学校では「性別に関係なく、誰でも自由に選べる制服」を目指し多様性を認めた制服を採用しました。

概要

主な制服の特徴
  1. ブレザー、スラックス、スカートの伸長・ウエスト調節などの成長機能
  2. 反射板や反射素材を使用し、登下校時を想定した安全機能
  3. 家庭洗濯機対応とし、取り扱いやすさや着心地がよいストレッチ性のある素材を使用
  4. 男性と女性の体型を考慮して「男性用」と「女性用」のスラックスを用意
  5. ネクタイとリボンが自由に選択可能
  6. 夏服は男女兼用のポロシャツを採用