ヴィタリ・ユシュマノフ バリトンコンサート

今、ますます活躍の場を広げるロシア人オペラ歌手、ヴィタリ・ユシュマノフ氏のコンサートを来年2月に開催します。初来日の際、日本に運命的なものを感じたというヴィタリ氏は、2015年から日本に拠点を移し、オペラやコンサートに出演。数多くのメディアにも取り上げられ、現在最も注目されている歌手の一人です。

日本が好きだから日本語の歌を歌いたい

ヴィタリ氏は日本語が堪能で、コンサートでも数多くのレパートリーの中から日本の歌を歌います。今回は、美空ひばりさんの「津軽のふるさと」をはじめ、日本歌曲の名曲を披露します。

概要

日時 

令和2年2月15日(土曜日)午後2時から3時30分(開場:午後1時30分)

場所 

中央公民館ホール (保577)

定員 

480人(小学生以上)

チケット料金 

1,000円(全席自由)※未就学児は入場不可。

チケット取り扱い 

12月6日(金曜日)から生涯学習課、市民交流センターおあしす、中央公民館にて販売

ヴィタリ・ユシュマノフ氏 プロフィール

サンクトペテルブルク生まれ。マリンスキー劇場の若い声楽家のためのアカデミーで学ぶ。ライプツィヒのメンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学を卒業。2013年以来、度々来日し各地で演奏。2015年より日本に拠点を移す。CDも「ありがとう」を風にのせて 日本名歌曲集(オクタヴィア)など3枚をリリース。2018年にはプレトニョフ指揮、ロシア・ナショナル管と歌劇「イオランタ」に出演。2019年には「ドン・ジョヴァンニ」をタイトル・ロールとして全国4公演に出演した。日本トスティ歌曲コンクール第1位、日伊声楽コンコルソ第1位他、受賞歴多数。藤原歌劇団団員