きよみ野地区地区計画

位置

吉川市きよみ野一丁目、きよみ野二丁目、きよみ野三丁目、きよみ野四丁目及びきよみ野五丁目の全部

面積

約62.6ヘクタール

区域の整備・開発及び保全の方針

地区計画の目標

 本地区は、JR武蔵野線吉川駅から北東約2kmに位置し、計画的市街地の実現を目指した都市基盤整備公団の施行する特定土地区画整理事業施行区域である。
  したがって本地区は、土地区画整理事業による基盤整備の効果や良好な住宅地としての環境が損なわれないように規制、誘導し、適正な土地利用を図り、人と自然が調和する街並みを形成することを目標とする。

土地利用の方針

 地区を5区分し、それぞれの方針により土地利用を誘導する。

  • A地区
    低層の住宅を主体とした住宅地の形成を図る。
  • B地区
    地区幹線道路の沿道について、賑わいと居住者の生活利便の向上に寄与し、生活に付加価値をもたらす店舗併用住宅等を主体とした住宅地の形成を図る。
  •  C地区
    景観及び周辺住宅地の環境等に配慮し、バランス良く低・中層住宅を配置した計画住宅地の形成を図る。
  • D地区
    景観及び周辺住宅地の環境等に配慮し、地区のシンボル的な中・高層住宅をバランス良く配置する。なお、居住者の日常生活に対応できる商業・サービス施設等の立地を図る。
  • E地区
    景観及び周辺住宅地の環境と調和する公共公益施設、業務施設等の誘致を図る。
地区施設の整備の方針

 地区施設は、土地区画整理事業により計画的に整備され、地区計画の目標を踏まえ、道路、公園機能が損なわれないよう維持保全を図る。

建築物等の整備の方針

 良好な住宅地の形成を保全していくため、建築物等の用途の制限、建築物の敷地面積の最低限度、壁面の位置の制限及び建築物等の高さの最高限度並びに美観上、防災上の観点から、建築物等の形態又は意匠の制限及びかき又はさくの構造の制限を定めるとともに生け垣の設置を積極的に進める。


 きよみ野地区(地区区分図及び地区整備計画).pdf [87KB pdfファイル]