この公園は、地域住民の力を借りて、どのような公園にするか、みんなで考えて、平成14年12月23日に開園しました。
小さな子どもが遊べるように考えました。小学生くらいの子どもも遊べるようにしました。シンボルツリーのモミの木があり、春には八重咲きのサトザクラやエゴノキの花がきれいに咲きます。暖かくなったらじゃぶじゃぶ池にも水を流し、水に入って遊べるようにもなっています。

 
普通の公園に見えても災害時には、負けません。
きっと、納得いただけるはずです。ぜひ、来園して看板を見てください。災害に強い理由がわかります。ローラー滑り台やターザンロープもあります。

写真1 なまずの里公園写真2 なまずの里公園

  • 所在
    吉川市大字保921番地
  • 土地面積
    7,940平方メートル
  • 防災広場は、災害時に大型車両を乗り入れることができるスペースを確保しました。
  • 大雨のときには、約690トンの雨水が貯留ができる構造としてあります。
  • ベンチは、かまど兼用ベンチとして、座板を取り外すことでかまどとなります。
  • マンホールトイレは、非常用簡易トイレを設置して使用できます。
  • トイレは備蓄倉庫兼用で、災害時に必要となる資材・機材を備蓄してあります。
  • 掲示板は、地域の情報板として、また災害に対する掲示板としても利用します。
  • 太陽光発電による照明施設を、公園の四隅に設置し、電力が使えなくても点灯出来るようにしました。
  • 飲料水兼用の耐震性貯水槽を設置し、地震がおきた時は自動でもれないように遮断して飲み水を 確保します。もちろん、消火用水としても利用できます。
  • パ-ゴラは防災用にも使用できるものとしました。
    災害時には救護場所、避難者支援のためのテントを設置する事ができます。

 

主な公園の見所紹介へ戻る