「市民の声」「イエローボックス」にいただいたご意見と、それに対する市の回答をご紹介します。

市の北方面にショッピングセンターを作ってほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成31年1月25日受け付け)

いつもありがとうございます。お願いなのですが、市の北の方面にショッピングセンターのようなものを作ってはどうでしょうか。以前は旧ライフ、コッコロ(その前はジャスコ)があり、子供の物やちょっとした雑貨を買うことができたのですが、今は、ちょっとしたものでも駅前までいかないと買えません。もしくは市外のショッピングセンターてす。困っている方はきっといらっしゃると思います。少し考えて頂けないでしょうか。

回答内容

(平成31年1月31日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご要望の「ショッピングセンターなどの店舗を市の北方面に建築できないか」につきましては、民間事業者が店舗を出店する際には、商圏や規模、取り扱う商品、用地・事業費の確保などあらゆることを検討し、判断するものと考えていることから、市が働きかけを行うことは困難でございますので、ご理解をお願いいたします。
なお、市では、それぞれの地区の特性を活かした土地利用や生活の利便性の向上を図るため、駅周辺には商業系の用途地域を指定し、民間事業者による商業系施設の立地を誘導しており、また、その他の地区でも、店舗の規模の制限はございますが、店舗を建築することができるようにしているところでございます。

担当課

都市計画課、電話、048-982-9903 

 

ペットの鑑札のデザインについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成31年1月15日受け付け)

先日 越谷市から吉川市にペットの登録を変更しに行きました。監察札?字が違うかもしれませんが、越谷市のものと比べると吉川市のものは、即席で作った感があって 可愛げも全くありませんでした。
もうちょっとペットに対して力をいれていただきたいです。愛犬家にとってカワイイ我が子同然なんです。法律上、物 扱いかもしれませんが、さすがに頂いた監察札を我が子につけようとは思いません。もうちょっと考えていただきたいです。

回答内容

(平成31年1月22日回答)
ご意見ありがとうございます。
犬の鑑札につきましては、その規格が狂犬病予防法施行規則に定められており、その規定の中で鑑札を作成しなくてはなりません。吉川市ではこれまで、犬種の小型化に対応し、鑑札の装着率の向上を図るため、鑑札の小型化とともに、イラストが入ったデザインに変更したことがございましたが、文字が削れてしまうという相談が多く寄せられたため、機能性、耐久性を優先した現在の鑑札のデザインとなった経緯がございます。一方で、市町村によっては、規定の範囲で鑑札の形をデザイン化したものを作成しているところもあることは存じておりますことから、ご要望を踏まえ、次回の作成の際には、デザインの変更について検討してまいりますので、ご理解をお願いいたします。
なお、狂犬病予防法第4条第3項に基づき、登録した犬への鑑札の装着は義務付けられておりますので、装着をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

歩道に犬のフンがあります

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年10月31日受け付け)

温水プールを利用している者です。
プールと駐車場の間、歩道上に最近犬のフンが放置されているのが目立ちます。昼間はさけて通れますが、暗い夜間ふんづけてしまう心配があります。
看板などで犬の飼い主に注意をうながすなど対策をお願い致します。

回答内容

(平成30年11月5日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の場所を確認したところ、数か所に犬のフンを確認し、同時にフン放置禁止の看板をフェンスに設置しました。市ではこれまでも広報誌などで啓発を行っているところでございますが、引き続き飼い主のマナー向上について啓発を行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

駅前の鳥対策について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年10月17日受け付け)
吉川ライフ周辺について。市の方が音による鳥退治をしてくださっているのを何度かお見かけし、非常にありがたく思います。ですが最近、道路や樹木に付着した糞から異臭がします。
夜になればいなくなるので鳴き声は仕方ないと我慢できるのですが…近隣には小さな子供も多く、私の子供も喘息気味のため、糞による感染症も心配です。対策をお願いいたします。

回答内容

(平成30年10月23日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘いただいたとおりムクドリの止まっている電線の下や樹木等に糞が付着している状況を確認いたしました。
ムクドリには、6月頃から郊外の竹林や市街地の街路樹に大きな群れとなって「夏ねぐら」をつくる習性があります。10月くらいになると「ねぐら」はなくなり、大きな群れは解消されますので、この間について、定着させない追い払いの対策を行っているところです。今年につきましては10月中旬の今でも例年より多くのムクドリが飛来しており、すべてのムクドリを追い払うことができていない状況から、糞も多くなっていると思われます。
このようなことから、糞の多い歩道や樹木につきまして清掃を実施することといたしましたので、ご理解をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

ムクドリの対策について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年10月16日受け付け)
今年吉川駅前のマンションに居住し始めた者です。入居当初、通りの樹木に ムクドリが嫌がる音を… と看板がかかっているのを見て懸念はしておりましたが、さほど鳥を見かけることもなかった為忘れかけておりました。
ところが、9月後半~10月に入ったくらいからでしょうか?ライフの前~うちのマンションの側部、マンションの正面の道、直角に夥しい数のムクドリが現れ、夜中まで鳴き声がうるさいです。夕方早めに仕事を終えて帰ることができても、マンションの目の前で飛び回って鳴いているため、糞も心配ですし、やはり頭上にあの数がいると恐ろしくて近寄れず、マンションに入れません。仕方なしにムクドリのいない裏道や、スーパーの中をうろうろして、静かになった頃を見計らってダッシュでマンションに入っています。朝も、マンション前の交差点はムクドリの糞で真っ白に変色し、雨で濡れた日はひどい匂いです。せっかくの街路樹も糞で枯れてしまって可哀想です。
先日隣駅の越ケ谷レイクタウンに遊びに行ったところ、ムクドリが集まっていた駅前の木々がばっさり剪定されていたため、吉川駅に流れてきたのでしょうか?後々調べてみると、吉川駅=ムクドリというようなネット記事やニュースの映像等が見つかり、引越したい気持ちでいっぱいですが、入居したばかりでなかなか難しいため、どうか、改めてご対応をお願い致します。

回答内容

(平成30年10月22日回答)
ご意見ありがとうございます。
ムクドリには、繁殖期が終わる6月頃から郊外の竹林や市街地の街路樹に「夏ねぐら」をつくり、大きな群れを作る習性があります。10月くらいになると「ねぐら」はなくなり、大きな群れは解消されますので、この間について、ねぐらとして定着させない追い払いの対策が現在のところ行える手段となっており、ムクドリが止まれないように樹木の剪定や、毎年、固定式防除機械の設置と、職員が手持ち型の機械を用いて追い払い作業を行っています。
今年につきましては10月中旬の今でもムクドリが大量に飛来しており、これまでの対応ではすべてのムクドリを追い払うことができていない状況です。
今後につきましては、より効果的な追い払い対策を検討しつつ、ねぐらが解消されるまでの間、引き続き追い払い作業を続けてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

中央中学校の校庭に住み着くムクドリについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年7月24日受け付け)
最近(10日ほど前から)中央中学の校庭の木にムクドリが大量に住み着くようになりました。夕方~夜間、明け方の鳴き声が凄まじく眠れません。
また鳥アレルギーを持っているため、少し窓を開けただけで目の痒みやくしゃみなどの症状が出るようになってしまいました。ムクドリの糞による感染症も気になっております。糞の除去や撃退など、ご対策よろしくお願いします。

回答内容

(平成30年7月27日回答)
ご意見ありがとうございます。
学校に確認し、ムクドリが住み着くようになった樹木を特定いたしました。該当樹木につきましては、今週中に剪定を行う予定となっております。
剪定を行うことで、ムクドリが住みにくい環境を整備したいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

担当課

教育総務課、電話、048-984-3565

 

隣地作業用機械の振動について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年6月29日受け付け)
私の家の後ろ側、バイバス通りに面している残土置き場での土の運搬作業中のクレーンの振動がものすごく酷いです。家が地震のように揺れ、時間も朝6時半からと早く、大変迷惑しております。お風呂のタイルにヒビが入るなどの被害も出ています。近隣の方も同様、お風呂のタイルにヒビが入ったそうです。朝も地震のような揺れで起き、寝起きは最悪です。直接文句を言いに行っても、全く聞き入れてくれませんよろしくおねがいします。

回答内容

(平成30年7月6日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘いただきました残土置き場(●●●●●)についてですが、6月22日に●●様のご家族である●● ●●●様からご相談を頂いており、事業所へ指導を行っている状況となっております。今後は引き続き事業所へ指導等を行うとともに、経過について、環境課の職員が直接ご説明させていただきます。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川駅北口ロータリー喫煙所の撤去について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年6月8日受け付け)
こんにちは。私は吉川市にある会社を勤める者で、毎日吉川駅北口のバスターミナルを利用しています。
朝の通勤でバスを待つ時に、すぐ傍にある露天喫煙所から大量の煙が飛んで来て、十数分間の受動喫煙をされています。偶には耐えられますが、長年に渡って健康への懸念が心配されます。特にバスを待つ人が多くて、中に女性、未成年者、障碍者もいらっしゃいますので、皆の健康を守るために、喫煙所の撤去をお願いしたいと思います。そうしたら恐らく喫煙の方にはご不便を感じされると思いますが、東京オリンピックに向って禁煙がどんどん進む流れがきますので、きっとご理解が得られるでしょう。
以上の原因で、吉川駅北口喫煙所撤去の提案を申し上げます。宜しくお願い致します。

回答内容

(平成30年6月20日回答)
ご意見ありがとうございます。
喫煙所は、吸い殻入れを設置することで歩行喫煙や吸い殻のポイ捨てを防止する目的があり、喫煙マナー向上のために吉川駅と吉川美南駅に設置しているものでございます。また、ご意見いただいた喫煙所につきましては、以前はロータリーの駅寄りの場所に設置しておりましたが、通行者が多い事などから、平成25年に現在の場所に移動し、周囲に植栽を設置した経緯がございます。
朝の通勤、通学時間帯の喫煙所を確認したところ、喫煙所からはみ出る喫煙者も見受けられ、たばこの煙がバス停方向に漂ってしまう状況が確認できました。
ご要望のありました喫煙所の撤去は、前述の目的もあり早急に対応はできませんが、煙の影響を減らせるように、朝夕の時間帯の喫煙を控えていただくような掲示を喫煙所に設けるなど対策の検討や、近年の社会情勢の変化や喫煙に関するご意見の増加を踏まえた屋外での路上喫煙対策についても調査研究してまいりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

野良猫対策について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年4月25日受け付け)

野良猫が増え、畑を荒らしたり、建物・車など所かわまず尿をかけたりと被害を受けている。
早急に駆除してほしい。

回答内容

(平成30年5月14日回答)
ご意見ありがとうございます。
これまでも、フン尿をはじめとした野良猫にかかわる相談が市に寄せられておりますが、野良猫によるこうした問題の要因には、無責任に猫を捨てる人や外飼いする人(飼い主の管理の面)、かわいいからあるいはかわいそうだからといって野良猫に無責任に餌を与える人がいることにあると考えております。
このようなことから、広報よしかわ3月号にも掲載しましたが、飼い主に対する適正飼養や、野良猫にむやみに餌を与えないことの啓発を行っているところです。また、地域に住み着いた野良猫に避妊去勢手術を行って繁殖を防ぎ、適切な餌やり、トイレの設置及び清掃などを行っているボランティア団体を支援し、飼い主のいない猫を減らしていく取り組みを進めているところです。
駆除してほしいとのご要望ですが、猫には犬のような登録制度や放し飼いに対する制限がないため、保健所をはじめ、公的機関による駆除や捕獲は行われておりませんので、ご理解くださるようお願いいたします。
なお、埼玉県動物指導センターの公式サイトにおいて、猫への対処法が紹介されていますので参考としていただければと思います。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

立小便及び犬の糞について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成30年4月13日受け付け)

  1. きよみ野第一公園および公園横の大場川沿いの遊歩道で、毎朝立小便をする赤いつばのある帽子をかぶった老人(男性)がいて、近所に住む者として大変不快に感じています。この老人は毎朝6時過ぎに永田公園で散歩、ラジオ体操をした後に第一公園のほうへ移動し、立小便をしてから運動公園のほうへ移動していきます。我が家の場所が特定されて、嫌がらせを受けるのも嫌なので、こちらへ苦情を寄せさせていただきます。
  2. 2日に一度程度ですが、家の前の遊歩道に大きな犬の糞がそのまま放置され、4月に入るとハエがたかっていて、衛生上もよくありません。家の前のため、やむを得ず毎回私が処理していますが、もううんざりです。糞の形、色から同じ犬と推定できます。このようにマナーを守れない人が多いのであれば、いっそ遊歩道を封鎖していただきたいとさえ感じています。どうにかならないのでしょうか。

回答内容

(平成30年4月26日回答)
ご意見ありがとうございます。
はじめに、遊歩道での立小便については、軽犯罪法で規定する軽犯罪に当たるおそれがあり、今回の件については市から警察に相談させていただきましたが、今後につきましては警察へご相談いただくようお願いいたします。
次に、犬の飼い主のマナーについては、これまでも広報紙などで啓発を行っているところでございますが、ご指摘の場所については、一部の心無い飼い主がフンを持ち帰らずに放置しているものと思われます。
市では、引き続き、飼い主のマナー向上について、啓発を行ってまいりますが、フンの放置にお困りで、ご希望の方には、フン放置禁止の看板をお渡ししておりますので、環境課にご相談ください。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

ゴミの清掃について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年1月18日受け付け)
区画整理後、一戸建を建てて約16年になりますが、家の前の下水通路にヘドロやゴミが溜まってきていても、蓋が開かない為、自分では掃除をする事ができません。冬以外は、蚊の発生も酷いです。市の協力を得て、蓋を一度取り外してもらう事は可能ですか?

回答内容

(平成29年1月26日回答)
ご意見ありがとうございます。
市では道路側溝の清掃を行う際には、蓋上げ器の貸し出しや汚泥を入れる麻袋の配布などを行っておりますので、お手数をおかけしますが一度、環境課までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

自宅周辺のねずみの駆除について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年12月25日受け付け)
昨夜、自宅前道路の排水口からネズミが出てきました。以前も車のエンジンルームの中にネズミの糞があったことありましたが周囲にネズミが住みそうな古家等なく清潔な環境なのでどこから来たのかと思っていました。道路では排水口を塞ぐわけにもいかず、また、自宅の配線等かじられると火災にもつながるため早急に駆除消毒お願いします。

回答内容

(平成30年1月9日回答)
ご意見ありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、現在のところ市ではネズミの駆除を行っておりませんので、ご理解くださいますようお願いいたします。
なお、ご自宅や敷地内へのネズミの防除策としては次のような方法がございますので、紹介させていただきます。

  1. エサとなるものを与えないようにする
  2. 巣になる場所や巣材を与えないようにする
  3. 侵入口をふさぐ

また、ご自宅におけるネズミの防除などに関する無料相談を一般社団法人埼玉県ペストコントロール協会(☎048-854-2890)において実施しておりますので、併せて紹介いたします。。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

野焼きについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年12月19日受け付け)
いつもありがとうございます。野焼きの件なんですが…ここの所しばらく、夕方になるとどこかで野焼きか、何か、誰かが何かを燃やしているようです。困るのは、においがずっと残っていて、洗濯物が臭くなる、夜、窓を開けてもくさい、などがあります。特に、洗濯物などはにおいで頭が痛くなったり、目が痛くなったりします。私は、吉川に来てだいぶたちますが、引っ越してきた時からしばらくは、そんなことはありませんでした。とても静かで、空気もきれいで、いいところ、と感じていました。どこで燃やしているかもわかりませんし、市としても対応できないかもしれませんが、こんな現状があるということを知っておいて欲しいです。

回答内容

(平成29年12月27日回答)
ご意見ありがとうございます。
廃棄物を野外焼却することは、たき火程度の日常生活を営む上で軽微な焼却、又、農業を営むためにやむを得ないもみ殻などの焼却など、一部例外が認められているものもありますが、健康と生活環境を守るために法律や県条例で禁止されております。
市が野外焼却を発見した場合又は通報やご相談をいただいた場合には、一般的な野外焼却につきましては環境課、農業に係る焼却につきましては農政課で現場の確認を行い、違法性がある場合には指導等を行いますので、現場と原因者を特定できるよう、今後、屋外での焼却行為を確認した際には、市役所環境課(直通982-9696)までご連絡くださるようお願いします。
なお、夜間、土日祝日に不法と思われる焼却行為を確認した際には、市役所で対応することができませんので、吉川警察署(048-958-0110)又は吉川松伏消防組合消防本部(048-982-3931)まで、焼却現場の状況などをお知らせくださるよう併せてお願いします。

担当課

  • 一般的な野外焼却について:環境課、電話、048-982-9698
  • 農業に係る野外焼却について:農政課、電話、048-982-9482

 

吉川美南駅前の喫煙所について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年11月2日受け付け)
吉川美南駅前の灰皿ですが、イオンがオープンした為に線路側に移動されましたが、ホームに近いので煙が流れてきて不快です。早々に工場側一番奥へ移動するか撤去してください。副流煙を吸わされています。また禁煙区域とするべきです。

回答内容

(平成29年11月15日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の喫煙所につきましては、元の設置場所が商業施設の開業により人の往来が多くなることが予測されたため、吉川美南駅のホーム及び吉川美南駅西口から適度に離れていて比較的往来が少ない現在の場所に移動したものです。また、成人のうち、約18パーセントの喫煙者がいる現状がございますので、喫煙所を廃止した場合、無秩序で場所を選ばない喫煙につながる恐れがあることから、現在のところ喫煙所の設置は必要であり、廃止につきましては、今後の検討課題と考えております。
今後も引き続き、周辺環境への影響を十分配慮しながら、喫煙所への植栽の設置、喫煙エリアの表示及び禁煙区域の設定につきましても検討してまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

区画整理地内の新築住宅について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年11月3日受け付け)
区画整理、隣に新築で建設してますが、家の日照時間がなく、建てている隣は、二階のはずが、三階の屋根の高さが有り一度建設課が検査を

回答内容

(平成29年11月10日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の家は、●●の現在建築中の家であると思います。
建物の高さは、ロフト(小屋裏物置)がある関係で約9.7メートルと通常の2階建てより高いですが、建築基準法上は2階建てとなります。
法律上の申請も提出されており、現行の基準に適合しているものでございます。

担当課

都市計画課、電話、048-982-9885

 

再々投稿:吉川美南駅の喫煙所を撤去してほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年10月25日受け付け)
返答頂きありがとうございます。
ですが、現地視察は行って頂けたのでしょうか?
ゴミの散乱、付近での煙草のポイ捨ては容認と言う事でしょうか?何度も申し上げますが、これでは何の解決にもならないと申し上げているのです。
せめて場所を移動させるなどの提案もあっては良いのではないですか?駅を利用する際、エスカレーターからくる煙りや臭い、禁煙者にとっては苦痛でしかありません。(吸わなくても良い煙りを吸う意味が分かりません。)美南駅周辺は未就園児も多く、広場は良く利用しているのをご存知でしょうか?
私達はただ黙って見てる他ない、喫煙者を理解しろと言われても無理な話しです。体に害がないものならこんなには言いません。
とりあえず、撤去してみてそれでダメなら考えれば良いのではないですか?あるいは人通りの少ない反対側の出口など打開策はたくさんあるのでは?と思います。

回答内容

(平成29年11月6日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の現地確認につきましては、喫煙所移動の前後で行い、ご意見をいただいた後にも確認しております。また、毎日の喫煙所の吸い殻入れ清掃の際、付近のゴミ拾いもしております。
喫煙者数が一定数ある現在の状況で喫煙所を廃止した場合、タバコのポイ捨てが増加する恐れがあるため、廃止につきましては今後の検討課題と考えております。
また、喫煙所につきましては、駅の出口から適度に離れていて比較的人の往来が少ない現在の場所に設置させていただいております。
今後も引き続き、周辺環境への影響を十分配慮してまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

再投稿:吉川美南駅の喫煙所を撤去してほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年10月16日受け付け)
返答ありがとうございました。
しかし、全く理解出来ません。
ポイ捨ての防止?現在の時点でポイ捨てが多く、喫煙所付近、煙草のみならず空きカンや飲み残し含めごみが散乱し、不衛生でなりません‼イオンにも喫煙所があるにも関わらず、設置する意味がわかりません。国で禁煙に力を入れているなか、体に悪影響があるものを容認するようでは、解決にはならないと思います。
安心して子育てを出来る町にして頂きたいです。
追伸、メールではなく現地調査すれば分かるんではないですか?

回答内容

(平成29年10月24日回答)
ご意見ありがとうございます。
現在習慣的に喫煙している者の割合は近年減少傾向にあるとはいえ、平成28年度では20歳以上のうち喫煙者の割合が約18%の値を示す統計もあり、喫煙者は一定数いるというのが現状だと認識しております。
お子様への受動喫煙の影響につきましては現地を確認し十分認識しているところでございますが、こうした現状での喫煙所の廃止は、無秩序で場所を選ばない喫煙につながる恐れがあるため、現在のところ喫煙所の設置は必要であり、喫煙所に吸い殻入れを設置することで、ポイ捨て防止について効果があるものと考えております。
今後も引き続き、周辺環境への影響を十分配慮しながら、植栽の設置や喫煙エリアの表示についても検討してまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川美南駅にある喫煙所を撤去してほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年10月4日受け付け)
吉川美南駅にある喫煙所を撤去してもらいたい!新しくイオンができ、イオンの喫煙所も広場に面しており風向き関係なく広場どこにいても煙草の匂いで子供を遊ばせる事が出来ない。喫煙者のマナーも悪くポイ捨てが目立ち、せっかく綺麗な町なのに残念で仕方がない。小さい子どもにも配慮が出来る町にしてもらいたい!

回答内容

(平成29年10月13日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の喫煙所につきましては、JR武蔵野線吉川美南駅西口ロータリー南隣広場の北東の角付近に設置されているものを指していると推察いたします。この喫煙所は、イオンタウンの開業に合わせ、ロータリー西側から線路側の現在の位置に移動したものです。これは、比較的人の往来が少なかった元の設置場所が商業施設の開業により往来が多くなることが予測されることや、商業施設内および敷地内にも喫煙スペースが設けられることから現在の場所に移動したものです。
お子様への受動喫煙の影響につきましては十分認識しているところでございますが、駅周辺の吸い殻のポイ捨て防止や喫煙マナー向上のためにも、現在のところ喫煙場所は必要であると考え設置しているものでございます。
今後、周辺環境への影響を十分考慮しながら、植栽の設置や喫煙エリアの表示についても検討してまいりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

野焼きについての要望

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年9月25日受け付け)
近所の野焼きについての要望です住宅街ではなく周りが田ばかりのことから、田でもみ殻等の野焼きに関してはやむを得ないと考えます。しかし、明らかにもみ殻以外の家庭ごみ・枝等を焼却している方々がいます。においが充満し、焼却物も不明な為、健康被害にとても不安を感じ、また頭痛や喉痛をおこします。以前直接注意したこともありましたが、市等の行政に通報すると、通報人を特定されることから今後の近所付き合いを考えると我慢するしかないのが現状です。市等で野焼き原則禁止の周知をして頂いてることや、風向き等考えている様なので条例違反なのは本人も承知しているようですが変わりません。現状、市の対策では足りないと感じます。巡回、地域に設置されているスピーカーからの周知等、現状以上の対策強化を考えて頂けないでしょうか。

回答内容

(平成29年10月3日回答)
ご意見ありがとうございます。
廃棄物を野外焼却することは、たき火程度の日常生活を営む上で軽微な焼却、また、農業を営むためにやむを得ないもみ殻などの焼却など、一部例外が認められているものもありますが、健康と生活環境を守るために法律や県条例で禁止されております。
市公式ホームページと広報よしかわで家庭ごみなどの野焼き禁止を周知啓発しているところでございますが、実際に屋外での焼却行為を実施している状況を確認しないと指導等はできません。そのため、お手数をおかけしますが通報された方のお名前など情報は一切明かすことはありませんので、屋外での焼却行為を確認した際には、平日昼間の時間帯であれば市役所環境課、夜間又は土日祝日は吉川警察署または吉川松伏消防組合消防本部まで、焼却現場の状況などをお知らせくださいますようお願いします。
なお、ご意見をいただきました、巡回や防災行政無線(地域に設置されているスピーカー)からの周知でございますが、巡回につきましては人員を確保することが難しいこと、防災行政無線につきましては、放送基準により「市民の生命、身体及び財産にかかわる緊急かつ重要な事項」に該当すると判断した場合のみの放送となることから、実施することは難しいものと考えておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

担当課

  • 一般的な野外焼却について:環境課、電話、048-982-9698
  • 農業に係る野外焼却について:農政課、電話、048-982-9482
  • 防災行政無線について:危機管理課、電話、048-982-9471

 

吉川美南駅前の喫煙所について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年9月21日受け付け)
9月20日にイオン吉川美南がオープンし、同時に駅前ロータリー内のイオン側に設置されていた喫煙所が線路側に移動されてしまいました。日中は子供達が柵にしがみついて電車を眺めたり、側で遊ぶことも多く、保育園児の散歩コースにもなっています。移動された為にタバコの受動喫煙のリスクが高まる為、不安で仕方がないです。早急に別の場所に移動していただくか、元の場所に戻すかを対処いただきたいです。宜しくお願い致します。

回答内容

(平成29年10月3日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘のとおり、JR武蔵野線吉川美南駅西口ロータリーに設置しておりました喫煙所につきましては、イオンタウンの開業に合わせ、ロータリー西側から線路側のロータリー南隣の広場の北東の角付近に移動したところでございます。これは、これまで比較的人の往来が少なかった場所が商業施設の開業により多くなることが予測されることや商業施設内や敷地内にも喫煙スペースが設けられることから現在の場所に移動したものです。
受動喫煙につきましては十分認識しておりますが駅周辺の吸い殻のポイ捨て防止や喫煙マナー向上のためにも喫煙場所は、現在のところ必要であると考え設置しているものでございます。
今後、周辺環境への影響を十分考慮しながら、植栽の設置や喫煙エリアの表示についても検討してまいりますのでご理解ご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

自宅周辺での野焼きについての回答に対する再々投稿

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年9月14日受け付け)
ご返答ありがとうございます。
ホームページ等への明記もありがとうございます。
また、適法の野焼きであっても、周囲への配慮を行って頂けるよう要請して頂いているとのことで、ありがたく思います。
それを踏まえ、恐れ入りますが、もう少し質問と提案がございます。
日没後の野焼きを禁止している自治体もありますが、吉川市では禁止されていないのでしょうか?
明るい時間のみ野焼き可能とすることで、違法な野焼きを抑制できると共に、周囲の住民も野焼きへの対策を行うべき時間を日中だけに限定することができます、かつ延焼のリスクを抑えることができるかと思います。
そもそも深夜に野焼きを行なう必要があるのか?周囲へ配慮された結果なのか?不明ではありますが日没後禁止にすることはメリットの方が多いのではないかと推察致します。(実際、深夜の野焼きはかなり多く、不健全な印象です。)
また、吉川市では野焼き全般について、事前申請の制度などは設けられていないでしょうか?(消防への申請が必要でしょうか?)
事前申請の許可性にすることで、上記の違法性の排除・抑制効果が増すかと思います。
こちらも合わせてご検討頂ければ幸いです。
吉川市の職員の皆様にはお手間がかかるものと承知しておりますが、吉川市の農業と住環境、どちらを優先するというわけではなく、法の範囲内での双方の健全な発展を望んでおりますので、是非前向きなご検討の程宜しくお願い申し上げます。
また、匿名性を保った上で、このやり取りを市のホームページ『市民の声』などでオープンにしていただけませんでしょうか?
適宜抜粋していただいて結構です。
お手数ではございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

回答内容

(平成29年9月28日回答)
重ねてのご意見ありがとうございます。
まず、1点目の日没後の焼却につきましては、ゆっくりと徐々に燃焼するもみがらの性質により焼却完了まで長時間を要することから、日中に着火したとしても日没後まで燃焼が続くといった事例が多いようでございます。(着火数を増やすと火の手が上がる危険性が高くなります。)また、近隣における日中の洗濯物への配慮から夕刻以降の焼却を選択されている農業者もいらっしゃいます。農業者の方、周辺住民の方それぞれに様々なご意見があり、市といたしましても他自治体の事例も参考としながら長年に渡り研究をおこなっているところですが、現時点で条例等により禁止するという判断にまでは至っておりません。市や消防組合といたしましては、視認性や延焼の可能性の観点から日没後の焼却を行わないように農業者の皆さまに要請を続けてまいりたいと考えております。
次に、2点目の事前申請につきましては、火事と見間違うような行為が想定される場合に消防組合に届出を行っていただくよう、農業者の方に周知しているところでございます。しかし、消防組合といたしましても一般的なもみがら焼却の場合、ほとんどが届出の必要性の無い焼却であるとの見解でございます。
ご意見のとおり、吉川市の農業と住環境のどちらを優先するということではなく、それぞれの実情をご理解いただく中で、これまでも市の中部地区であるきよみ野地区の宅地化の際に生じていた同様の問題につきまして、お時間をいただきながら農業者と住民の皆さまのご協力により解決した事例もございますので、今後も市といたしまして課題解決に向けた取り組みを続けてまいりたいと考えております。
また、今までの回答につきましては、市ホームページ及び市役所玄関付近にて個人情報を保護した上で公開させていただきます。

担当課

  • 一般的な野外焼却について:環境課、電話、048-982-9698
  • 農業に係る野外焼却について:農政課、電話、048-982-9482

 

自宅周辺での野焼きについての回答に対する再投稿

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年9月6日受け付け)
ご返答いただきありがとうございます。
前回の投稿に含めておりました、下記の質問及び提案について、具体的にご回答を頂戴できれば幸いです。
(廃掃法では、原則的に野焼きは禁止されているものと認識しております。)

  1. 周辺地域の生活環境への影響が軽微であることや、他の方法で代替不能なやむを得ない野焼きであることは確認されていますでしょうか?
  2. 農業の野焼きであっても要件を満たさない場合は違法であることを市のHP等で明確にし、周知徹底して頂けないでしょうか?
    (2については直接的なコストはかからないかと思います。)

なお、最近の野焼き臭はおそらく農業の野焼きによるものと思っておりますが、実態については確認しておりませんので、農業の野焼きに限定した意図をもった投稿ではございません。もし野焼きの実態を把握されていればご教示いただき、農政課のご担当者様以外に適切なご担当者様がいらっしゃればご対応をお願い致します。
深夜の野焼きがあまりに多いため、本当に適法な野焼きであるのかと疑いを持っております。
お手数ではごさいますが、ご対応のほど宜しくお願い申し上げます。

回答内容

(平成29年9月12日回答)
ご意見ありがとうございます。
先日のご回答が一般的なご説明のみとなり、申し訳ございませんでした。
ご質問とご提案についてでございますが、1の違法性の確認のうち、「生活環境への影響」につきましては、ご相談者の方お一人お一人の受忍限度には違いがあると思われることから、軽微か否かの判断は大変難しい面もございますが、煙による幹線道路の視界不良、延焼の危険性、煙の住居内への大量侵入といった明白な状況が確認できた場合に、市として生活環境への影響が大きいと判断しております。
また、「やむを得ない」の判断についてでございますが、もみがら・稲わらは活用事例も多数ございますので、物理的に「代替不能」な作業ではございません。しかしながら、前回のご回答でもお伝えしましたとおり、代替作業に係る農業経営上のコストの問題を考慮し、市といたしましては現在のところ法令上の「やむを得ない」焼却であると判断しております。一方で、農地へのすき込みを推奨するとともに、やむを得ず焼却する場合においても一回の焼却量や時間帯については、配慮を要請しているところでございます。
野外焼却の農業に係る例外規定については、法令上も裁量の余地の大きい内容となっておりますが、判例や事例の積み上げがほとんど確認できません。このため、吉川市だけでなく、他の自治体においても明白な違法性が確認できる場合を除き、罰則の適用はもとより農業経営を阻害するような措置を講ずることが無い状況でございます。これは、反対に農業者からの業務妨害の訴えがあった場合に自治体として対抗できる違法性の証明が難しいためです。
次に、2のご提案についてでございますが、ご指摘のとおり農業者向けのホームページには法令で原則禁止となっている旨の記載がございませんでしたので、明記いたします。なお、9月号の広報紙におきましても同様の記事を掲載しておりますので、ご確認ください。
市内の野外焼却の実態でございますが、まず、市が野外焼却を発見した場合又は通報やご相談をいただいた場合の対応は、一般的な野外焼却につきましては環境課、農業に係る焼却につきましては農政課で対応しております。どちらの場合におきましても、可能な限り現場と原因者を特定した上で、違法性がある場合には指導を行うとともに、直ちに違法性があるとは認められないと判断した場合におきましても、近隣への配慮を要請しております。件数といたしましては、環境課、農政課それぞれで例年10件程度の対応を行っておりますが、実際の焼却はそれよりも多く行われているものと認識しております。
今回のご相談の件は、同じ地域の方からもご相談があり、農政課で確認を行ったところもみがら焼きによるものと認められますが、もみがら焼きは原因者の特定が難しいほど市内外の各所で行われており、市といたしましても全ての焼却に対応することが困難な状況でございます。しかしながら、生活影響への配慮については引き続き農業者の方へ要請してまいりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、吉川美南駅東口地区土地区画整理事業の進捗により来年度以降、付近での営農が減少する予定であることも申し添えます。

担当課

  • 一般的な野外焼却について:環境課、電話、048-982-9698
  • 農業に係る野外焼却について:農政課、電話、048-982-9482

 

業者の除草剤散布と違反広告物について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年8月28日受け付け)
2点ほどお願いと意見がありメールします。まず1点目ですが、住宅街における除草剤の使用についてです。●●●が管理している土地(空地)がありますが、月に1回程度大量の除草剤を散布され、健康面に不安を抱いています。散布中は臭いが気になり、散布後は気化して目がチカチカします。雑草はまばらに生えている程度で、長さも20センチくらいです。7月の市報で、農地において農薬の使用について留意しようとの記事が掲載されていましたが、住宅街であればより一層の厳格な規制が求められると思います。市から指導ができるのか、無理であるならばどこへ意見すればいいのかご教示願います。
2点目は、違法広告物への対応です。私の自宅の隣地に時間貸しの駐車場ができました。住宅街にこのような施設ができること自体が疑問ですが、規制できないとのことなので仕方ありません。しかし、周辺全体を調べたわけではありませんが、この運営業者は街灯や電柱の少なくとも3箇所に違法広告物を貼り付けしています。少なくとも街灯は市の管理と思いますので、至急剥がすよう指導をお願いします。お忙しいところ恐縮ですが、ご対応をよろしくお願いします。

回答内容

(平成29年9月6日回答)
ご意見ありがとうございます。
1点目の宅地や空き地など農地以外での除草剤の使用につきましては、現状では規制が無いことから、市から使用を中止させるなどの指導は出来ないと考えております。また、埼玉県にも確認したところ同様の回答をいただいたところです。
しかしながら、住宅地周辺での除草剤の使用につきましては、周辺の住環境に配慮することが必要であることから、ご指摘の土地を管理している●●●に除草剤の使用状況について話を伺い、まずは、除草剤を散布する前には周辺に周知をすることや、使用方法などを遵守し周辺の方々に迷惑がかからないよう配慮していただくことをお願いしました。また、今後空き地を管理していく上で、除草剤の使用を減らす、または除草剤以外の機械での除草等を優先して行うなど、周辺環境に配慮した空き地の適正な管理をお願いしてまいります。
次に2点目の違法広告物への対応についてお答えいたします。
電柱や街灯に張り出された違反簡易広告物につきましては、職員や吉川市違反簡易広告物除却推進員制度により認定を受けた市民団体の方々が定期的に除却作業を行っております。
ご指摘の件につきましては、早速現地確認を行い広告物を発見しましたので、関係者を特定し屋外広告物に関する規制を伝え、除却するよう指導を行ったところでございます。
今後も、市民の方々と協働で違反簡易広告物の除却や、違法に広告物を設置する業者への指導を行ってまいります。

担当課

  • 除草剤の散布について:環境課、電話、048-982-9698
  • 違反広告物について:都市計画課、電話、048-982-9885

 

自宅周辺での野焼きについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年8月29日受け付け)
妻が喘息を患っており、野焼きの臭いがする度、家の窓を全て閉めますが、気づいた時には遅く、家の中は野焼きの刺激臭で充満しており、換気もできず、喘息の発作に至る状態です。
市のHPには『農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却は禁止されているものではない』との解答、『害虫駆除のために稲わらを焼却することは違反ではありません。』との記載がありますが、廃掃法では、『公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの』が例外的に認められるだけで、野焼きは原則的に禁止されています。
周辺地域の生活環境への影響が軽微であることや、他の方法で代替不能なやむを得ない野焼きであることは確認されていますでしょうか?農業の野焼きであっても要件を満たさない場合は違法であることを市のHP等で明確にし、周知徹底して頂けないでしょうか?
吉川市は住環境が発展してきており、子供達の呼吸器機能への影響も懸念されます。まずは野焼きの実態調査をし、適法な野焼きが存在するのか確認して頂きたくお願い申し上げます。違法な野焼きには行政指導・処分の検討、適法な野焼きの場合は吉川市の補助等で他の廃棄方法へ変更を促す等の改善策を検討いただければ幸甚です。吉川市の農業と住環境が互いに発展できることを願っております。

回答内容

(平成29年9月4日回答)
ご意見ありがとうございます。
農業に伴う野焼きは、当市のような農地と市街地が近接する田園都市における大きな課題となっております。農業者にとりましては、害虫駆除やもみがら等の分解促進を目的に伝統的な農法として行っていたものを、新たなコストや労力を発生させずに他の方法に切り替えることが難しいこともあり、焼却が必要となるものでございます。しかし、ご指摘のように生活環境への影響があることから、毎年必ず地域の農業者で組織する農事組合を通して市内の農業者の方々にもみがらや稲わらなどの有効活用と近隣住民の方への配慮をお願いしているところでございます。さらに、今月から市のホームページに市内の農業者向けのページを設け、その中で、吉川の素晴らしい農業を守るために農業者の皆さまのご協力をお願いしているところでございますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

担当課

農政課、電話、048-982-9482

 

吉川美南駅前の雑草の除草について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年8月16日受け付け)
これで2回目の投稿です。本当に困っているのでちゃんと見てから返事をお願いします。前回のお返事で背丈の高さにならないと雑草を取らないと言われましたが、もう背丈どころではないし虫がうちの敷地に入ってきて駆除しても追いつきません。雑草の綿毛を飛んできて汚らしい、洗濯物にもつき困っています。看板が外されてから1度も手入れされていなく、ゴミなどもたくさん捨てられて、持ち主でない私たちがゴミを拾っています。これから駅前が発展して見た目も悪いし、同じ様にまたゴミを捨てる人が増えると思います。駅側の空き地もボヤで消防車が来てましたが、発見が早かったら良かったものの、どうなっていたか!今回は大事に当たらなかったけど、タバコのポイ捨てなどで火事になりかねないので、厳しく取り締まって欲しいです。火事になってからじゃ遅いと思います。人ごとではなく町の美化意識も高めてご検討して下さい。お願いします。

回答内容

(平成29年8月25日回答)
ご意見ありがとうございます。
環境課の職員が当該空地を確認したところ、ご指摘のとおりの状態となっておりましたので、土地の所有者の方に8月23日付で文書による除草の依頼をしました。
なお、環境課では草丈1メートルを目安に民地における除草等の依頼を行っておりますが、草丈に関わらず適正な管理がされていないため周辺の環境に影響を及ぼすような状況が確認できた場合、除草等の適正な管理を行うよう依頼しますので、お手数ですが環境課(982-9698)までご連絡いただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

犬の糞の放置について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年8月3日受け付け)
ご意見失礼します。アパートの周りに犬の糞が放置されています。日に日に溜まっていき臭いもきついです。その場所はゴミ捨て場にもなっており周りの住人も困っています。いつ放置してるのかはわかりませんが私も妊婦で臭いに敏感で小さな子供もいます。かたすこともできません。どうにか対策お願いします。悩みすぎてて夜ねれませんし体調も崩します。お願いします!!

回答内容

(平成29年8月17日回答)
ご意見ありがとうございます。
市では、犬の飼い主のマナーについて、広報紙や予防注射の案内はがき等による啓発を行っておりますが、ご指摘の箇所を現地調査したところ、フンの放置禁止看板があるにもかかわらず、飼い主が持ち帰らず放置していると思われるフンを確認いたしました。
対策といたしまして、他の自治体で行っているイエローチョーク作戦(フンの放置を発見した際にフンの周囲を黄色のチョークで囲み、飼い主に警告するもの)を新たに試みるとともに、今後も犬の飼い主のマナーアップに向け、啓発を引き続き行ってまいります。改善が見られない場合は、お手数ですが環境課(電話:982-9698)まで直接ご連絡いただきますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

近隣事業所の騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年6月30日受け付け)
●●●にある、「●●●」という事業所でしょうか。騒音が酷いです。以前にも同じ件で意見を送らせていただいた事があるのですが…。相変わらずです。金属を叩くような音や、何かを削るような音…。たまにならともかく、ほぼ毎日何らかの騒音がしています。住宅街のど真ん中でやらなければならない作業でしょうか?様子を観察してみると、例えば、工具を乱暴に扱い、そのせいで大きな金属音を立てているなど、やはり明らかに「住宅街のど真ん中である事を意識した気遣い」はありません。早朝4時頃からのトラックの長時間のアイドリングも常識はずれです。家族が困っております。市として対応を宜しくお願い致します。

回答内容

(平成29年7月10日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の事業所につきましては、平成25年に2度ご意見をいただいており、近隣に配慮するよう市で指導した経緯がございます。7月5日(水曜日)に再度事業所に訪問し状況を確認したところ、運送業を営んでいることから、8時30分から17時までの間で修理やメンテナンスを行った際に限り金属音が出てしまうことがあるとのことでしたが、周辺の住環境を考慮し騒音等について配慮してもらうことを再度指導してまいりました。
また、アイドリングについては近隣の方々に迷惑が掛からないよう別の場所に移動し停車しているとのことでしたが、埼玉県生活環境保全条例によりアイドリングストップの実施が義務付けられていることから、アイドリングストップの徹底をするよう併せて指導してまいりました。
今後も同様な騒音等が発生した場合は、その状況を確認した上で対応させていただきますので、ご面倒でなければ環境課(電話:982-9698)まで直接ご連絡いただきますようお願いします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

通勤通学時間帯の路上喫煙の禁止について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年6月13日受け付け)
せめて通勤通学の時間帯は「路上喫煙禁止」にしていただきたい、という要望です。わたくしどもの自宅は吉川美南駅近くで毎朝ウォーキングを兼ねて、駅改まで夫を見送りに行くのですが駅ロータリー南側(イオン予定地近く)に喫煙所を設置していただいてはいますがご存知ないかたが多いのか、路上を歩きながら喫煙するかたが少なからずいらっしゃいます。通学の小中学生もいらっしゃいますし、実はわたくしも軽い喘息で、あまりうれしくありません。
そして、ポイ捨てされた吸い殻も毎朝発見いたします。まったく吸い殻が落ちてなかった日は、これまでなかったように思います。側溝のふたの隙間から捨てるかたもいらっしゃいます。とはいえ、農業などで早朝から屋外の広い場所でお仕事をされているかたもいらっしゃるかとも思いますので市内全域では難しいかもしれませんが
※公共性が高い「駅近くの地域」「通学路」では「終日、指定場所以外は禁煙」にしていただきたいというお願いです。
※併せて、吉川市の環境を守るためにも、吸い殻のポイ捨ては全域で禁止にしていただきたい、というお願いです。(クリーンな街は犯罪も抑制すると思います。)

回答内容

(平成29年6月21日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、美南駅をはじめ吉川駅を含めた駅周辺での路上喫煙につきましては、マナーを守らない喫煙者についての相談が多く市に寄せられています。市といたしましては、喫煙所以外での喫煙は、他の人の通行に危険が伴う事や受動喫煙の面からもマナー違反であり、看過できない問題であると考えております。
これまでも、広報紙やホームページでの啓発や市民まつりなどのイベントにおける啓発活動を行ってまいりましたが、今後につきましては、駅前での喫煙マナーに関するキャンペーンなどを行う事により、一人でも多くの方がマナーを守っていただけるよう啓発するとともに、路上喫煙に関する条例につきましては、他市の取り組みなどを調査してまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

家の前の木のカラスの巣を撤去してほしい

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年6月5日受け付け)
家の前の木にカラスが巣を作ったみたいで、洗濯物等を干すときに威嚇されて困っています。

回答内容

(平成29年6月12日回答)
ご意見ありがとうございます。
5月から7月は、カラスの子育ての時期です。この時期、親ガラスはヒナを守るために巣に近づくものを追い払おうと声で威嚇したり、頭の近くに飛んでくるといった行動をとることがあります。カラスの攻撃を避けるためには、巣やヒナに近づかず、不用意に巣を見ないようにしてください。なお、申し訳ございませんが、カラスは野鳥なので、鳥獣保護法により卵やヒナを含め捕獲することはできません。
また、巣の撤去については、巣が出来ている施設の管理者(住宅の場合は所有者)の責任で撤去を行っていただくことになります。吉川団地管理サービス事務所にご相談があったことをお伝えいたしましたところ、先方で対応する旨回答を頂いておりますので、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

駅周辺の路上喫煙について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年4月17日受け付け)
路上喫煙についてですが、私は3月に吉川市に越してきたばかりですがかなりマナーが悪いと思います。特に駅周辺はお子様からお年寄りまで利用するにも関わらず喫煙場所以外での喫煙が多く見られます。立ち食い蕎麦屋さんの裏手での喫煙やセブンイレブン脇などでよく見かけます。そして吸い殻はポイ捨てか排水溝へ捨ててます。ロータリー向かいに喫煙所がありますがわかりづらく、遠いので喫煙場所まで歩かず手近な場所(喫煙スペースでない)で吸ってしまう人が多いのが現状です。治安も悪くなく住みよい環境なのに本当にマナーの悪さが勿体ないと思います。是非とも路上喫煙について取締り、分煙に力を注いでいただきたいです。

回答内容

(平成29年4月25日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、吉川駅周辺などの路上喫煙につきましては、マナーを守らない喫煙者についての相談が多く市に寄せられています。市といたしましては、喫煙所以外での喫煙は、他の人の通行に危険が伴う事や受動喫煙の面からもマナー違反であり看過できない問題であると考えております。
これまで広報紙やホームページでの啓発や市民まつりなどのイベントにおける啓発活動を行ってまいりました。今後につきましては、駅前での喫煙マナーに関するキャンペーンなどを行う事により一人でも多くの方がマナーを守っていただけるよう啓発してまいります。
また、喫煙所につきましては、これまでロータリーの一番駅寄りの場所に設置しておりましたが、通行者が多い事などから、受動喫煙になりにくい場所として、現在の場所に喫煙所を移動した経緯もございます。
路上喫煙は、他の歩行者の火傷や被服の焼け焦げ、副流煙による健康被害など、喫煙者以外に対し様々な問題を引き起こす原因となることを喫煙者に認識していただけるよう啓発に取り組んでまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川美南駅周辺地域の適正利用について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年5月15日受け付け)
吉川美南駅西口のロータリー付近の広場で夜スケボーを行う者達がおり、スケボーの音や騒ぐ声などがうるさいです。以前電話にて相談しましたが、その時は都度警察に連絡してくださいとの回答でした。しかし、なくなりません。管理者は吉川市なのですから、吉川市から警察に定期的なパトロールを申請していただくことはできないのでしょうか?今後イオンが出来、夜の治安悪化も懸念されます。あの場所はスケボーをすることはできないと意識つけることが大事です。また、最近はその隣の立ち入り禁止道路でも同じような状況が見られますので、対応をお願いします。理想は、ロータリー付近に交番を設置していただくことです。

回答内容

(平成29年5月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
吉川美南駅西口のロータリー付近の広場等でのスケートボードの利用者対策につきましては、引き続き、市職員による夜間パトロールを行ってまいります。また、5月17日に吉川警察署に伺い、夜間から深夜にかけてのパトロールをお願いしたところです。
吉川美南駅前交番の設置につきましては、住宅建設に伴う人口の伸びや駅前商業施設の立地もあり、将来の治安維持にあたりましても、必要性があると認識しております。
しかし、交番を所管する埼玉県公安委員会からは、「地域の治安情勢、近隣警察施設の設置状況、近隣住民の意見要望などを総合的に勘案し、効率的かつ効果的に警察活動が行えるよう交番を設置することとし、交番や駐在所の移転や統廃合を伴わない交番の新設は、当面、見送る考えである」と伺っております。
このようなことから、交番の新設は難しい状況ですが、引き続き、吉川警察署と情報交換を行いながら交番設置を働きかけてまいります。

担当課

  • 吉川美南駅前の広場について、道路公園課、電話、048-982-9901
  • 交番の設置について、危機管理課、電話、048-982-9471

 

喫煙マナーについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年5月10日受け付け)
私は5年前に都内から吉川市に転居してきました。現在も都内へ通勤しております。吉川市は公園が多く子育てには良い環境と感じております。
しかし、残念なことに吉川市の路上喫煙者のマナーの悪さには都内との格差を感じます。特に休日の関小学校校門前では、保護者が集団で地べたに座り歩道をふさぐような格好で喫煙している光景をよく目にします。
先日(5月3日17時頃)も子供と二人で通りかかったところ、10名程の保護者の集団が喫煙している場面に遭遇し歩道を通れなかったため(車道は交通量の多いバス通りで危険)、意を決し注意をしました。その際、半数程度の保護者はその場から逃げるように校内へ入って行き、その場に残った4名からはよってたかって反論され、とても情けなく悲しい気持ちになりました。
彼らの言い分は、学校からはここで吸って良いと言われている、吉川市には禁止の条例がないのでどこで吸っても良いじゃないか、というものでした。その日は少年野球チームが校庭を使用していましたが、野球というのは礼節やマナーを大切にする競技という認識でおりましたので、モラルもなければマナーの欠片もない保護者たちが子供に何を指導出来るのか甚だ疑問です。市民の血税が投入されている公共の施設をこのような団体に貸出して欲しくありません。このような状況が続くようでしたら、ふるさと納税を利用して他の自治体へ納税しようかと考えております。

回答内容

(平成29年5月29日回答)
ご意見ありがとうございます。この度の勇気ある行動に心から感謝いたします。
学校施設内には、グラウンドを利用する団体と体育館を利用する団体の他に、単に集合場所として利用する団体など、多くの団体が出入りしております。今までもこれらの様々な団体に会議等の場で、公共のマナーを守っていただくようにお願いして参りましたが、この件を踏まえて、これまで以上に団体の皆様にマナーを守っていただくようお願いして参ります。
今後、またこのような状況を目撃された場合には、直接注意されますと危険を伴う場合がございますので、スポーツ推進課(048-982-6800)までご連絡くださいますようお願いいたします。
また、路上喫煙に関する条例につきましては、他市の状況などを調査・研究して参ります。

担当課

  • 学校施設利用団体について、スポーツ推進課、電話、048-982-6800
  • 路上喫煙等の対策について、境課、電話、048-982-9698

 

駅周辺の路上喫煙について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年4月17日受け付け)
路上喫煙についてですが、私は3月に吉川市に越してきたばかりですがかなりマナーが悪いと思います。特に駅周辺はお子様からお年寄りまで利用するにも関わらず喫煙場所以外での喫煙が多く見られます。立ち食い蕎麦屋さんの裏手での喫煙やセブンイレブン脇などでよく見かけます。そして吸い殻はポイ捨てか排水溝へ捨ててます。ロータリー向かいに喫煙所がありますがわかりづらく、遠いので喫煙場所まで歩かず手近な場所(喫煙スペースでない)で吸ってしまう人が多いのが現状です。治安も悪くなく住みよい環境なのに本当にマナーの悪さが勿体ないと思います。是非とも路上喫煙について取締り、分煙に力を注いでいただきたいです。

回答内容

(平成29年4月25日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、吉川駅周辺などの路上喫煙につきましては、マナーを守らない喫煙者についての相談が多く市に寄せられています。市といたしましては、喫煙所以外での喫煙は、他の人の通行に危険が伴う事や受動喫煙の面からもマナー違反であり看過できない問題であると考えております。
これまで広報紙やホームページでの啓発や市民まつりなどのイベントにおける啓発活動を行ってまいりました。今後につきましては、駅前での喫煙マナーに関するキャンペーンなどを行う事により一人でも多くの方がマナーを守っていただけるよう啓発してまいります。
また、喫煙所につきましては、これまでロータリーの一番駅寄りの場所に設置しておりましたが、通行者が多い事などから、受動喫煙になりにくい場所として、現在の場所に喫煙所を移動した経緯もございます。
路上喫煙は、他の歩行者の火傷や被服の焼け焦げ、副流煙による健康被害など、喫煙者以外に対し様々な問題を引き起こす原因となることを喫煙者に認識していただけるよう啓発に取り組んでまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

上第二大場川の清掃について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年2月22日受け付け)
妻が健康のために毎日のように散歩に出かけています。一週間ほど前に「カワセミを見た」と言うことでした。鯉や亀がいる事は夏の頃からわかっていました。半信半疑であり今日は夫婦二人で行ってみました。川でポッシャと言う音がして振り向くと、確かにカワセミが水面に飛び込み今飛び出してきたところでした。こんなに汚れている川にもカワセミがいることにびっくりです。それと共に「もっときれいになれば、もっと多くのカワセミやその他の鳥たちも来てくれる」と思いました。今現在は自転車やらゴミが多くすごく汚い水です。ヘドロも一杯です。3月に木売落としの清掃が予定されていますがこちらの側も同じように清掃できないものでしょうか。せめて自転車や大きなゴミだけでも拾い上げていただくことはできないでしょうか。これから水田も始まります。「吉川のしずく」「ナマズ御前」があんな汚い水で栽培されたのかと思うと残念です。ご検討下さい。(場所を別紙にて添付しました)

回答内容

(平成29年2月28日回答)
ご意見ありがとうございます。
今回地図を添付していただいた区間は、上第二大場川という名称の準用河川となっております。
上第二大場川の管理として、定期的に毎月2~4回巡視を行い、JR武蔵野線付近に設置したスクリーンの清掃を行うととともに、不法投棄物の撤去を行い、河川の機能維持や景観改善に努めているところです。また、市民の方からの連絡により随時撤去しているところです。
年に2回行っている木売落し美化作業では、事前に水路内の水を汲み出し、人が立ち入り作業する環境を整えて開催しておりますが、上第二大場川内は水を抑えることができないため、同様の作業が難しいことをご了承ください。
なお、次回の木売落し美化作業は3月11日(土曜日)に実施いたします。ボランティアの募集も行っておりますので、是非ご参加ください。

担当課

河川下水道課、電話、048-982-9981

 

市内の喫煙マナーについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成29年1月23日受け付け)
吉川市に移住して12年になります。美南駅も開業し、今後住民も増えると思いますが市内の喫煙マナーが非常に悪く、とても子育てに適した街とは言えない状況ではないでしょうか。吉川駅、吉川美南駅前通り及び飲食店での禁煙を強く希望します。4歳の孫が遊びに来て、近所のお蕎麦屋さんに行ったら、隣の席で堂々とタバコを吸っている。幼児の存在も気にしない、そんな街では子育て出来ません。

回答内容

(平成29年1月30日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、路上喫煙や受動喫煙を防止するため、一人ひとりの意識とマナーの向上については、積極的に取り組んでいくべきと認識しております。
路上喫煙については、他の歩行者の火傷や被服の焼け焦げ、副流煙による健康被害など、喫煙者以外に対し様々な問題を引き起こす原因となりますので、他市の事例などを調査し、条例化を含め有効な対策を検討してまいります。
店舗等における禁煙の義務化については、東京オリンピックを前に国の議論が進んでいるようですので、今後の動向を見守って参りたいと考えます。
また、埼玉県では、全面禁煙・空間分煙に取り組む施設を認証する制度を実施しており平成28年10月31日現在、吉川市内で34施設が認証を受けております。市としましても、この全面禁煙・空間分煙施設認証制度を推進してまいります。
今後も、路上喫煙や受動喫煙防止のため、広報などを通して、喫煙者のマナー向上について普及啓発に努めてまいります。

担当課

  • 路上喫煙について:環境課、電話、048-982-9698
  • 店舗等での禁煙について:健康増進課、電話、048-982-9804

 

スーパーカスミ跡地の建築物について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年12月26日受け付け)
スーパーカスミの跡地について、巷間伝えるところによれば、大きな倉庫が建築されるとの話があるようですが、万一そのような大きな倉庫建築だと折角の新道も倉庫へ入る大型車の専用道路となり、近隣にまき散らす(早朝~深夜迄)騒音と振動で生活環境の悪化は明白であります。是非とも行政の立場から住み良い町造りのために今のうちに何等かの規制をしていただきたい。以上要望致します。

回答内容

(平成29年1月18日回答)
ご意見ありがとうございます。
該当の箇所は、都市計画法による工業地域であり、倉庫などの建設について市がコントロールすることはできません。また、用途地域の変更等については、当該地区において、既に工場や倉庫など、建物を所有している方にとって建て替え時などにおいて、マイナス要因となってしまうことから行うことができません。
しかしながら、今後、新たに計画される建物の建築および自動車等が道路を通行することに伴い発生する騒音と振動について、各関係法令に基づき、適正に指導してまいります。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9827

建築課、電話、048-982-9885

 

店舗の騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月21日受け付け)
平成26年10月に「●●」が営業を開始以来、吉川市環境保全条例違反の騒音被害に近隣市民は被害を被っている。市からの、再三に渉る行政指導にも関わらず「●●」からの、騒音被害は一向に終息していない。騒音問題解決手法の一つとして、「●●」側での対応が困難であるならば、騒音発生の事業場所である、「水路上」及び「店舗内」と住宅地域の境界に、市の責任において「遮音壁」を設置し、住宅地域内の騒音レベルを、第一種中高層住居専用地域の規制値に入るように対策を行う事を要求します。

回答内容

(平成28年11月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご要望の遮音壁についてでございますが、原因者が設置するものと考えておりますので、市として設置する予定はございません。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

店舗と住民の共存共栄とは

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月21日受け付け)
いつもお世話になっております。平成26年以来市議会でとりあげていただいている「●●」の騒音問題について。中原市長様は市議会の答弁の中で、「どっちがどうという形ではなく共存共栄できるような形を精査して活動していきたい」とおっしゃっています。「共存共栄」をいつもおっしゃっているので、辞書で調べてみました。広辞苑第五版から引用します。「共存」とは「自分も他人もともどもに生存すること。また同時に二つ以上のものがともに存在すること」とあります。「共存共栄」とは「ともに生存し、ともに繁栄すること」とあります。はたして、私達のおかれている環境は共存共栄にあたいするような実情でしょうか。この私達の現状について中原市長様は「共存共栄」をどのようなお考えを持っているのかお聞かせ願います。具体的にお示しいただけるとさいわいです。

回答内容

(平成28年11月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご質問の共存共栄についてでございますが、当該店舗の事業活動を継続しつつ、住環境の保全を確保するものが共存共栄と考えております。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

市道の占用について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月21日受け付け)
市道2-1026号線の道路台帳を整理し、工作物設置の経緯について事実確認が必要です。平成28年3月24日「●●」が埼玉県に提出した資料によると「店舗と倉庫をつなぐ水路上部を通行することを条件に建物所有者から借り受けている」としている。建物所有者は公道である市道2-1026号線に、私的に通路を作って貸しても良いのですか。さらに平成26年10月8日店舗と倉庫間を鉄板敷きに工事をした。6日後10月14日道路公園課に工作物の台車の走行騒音について条例違反と相談したが、騒音が未解決のまま平成27年2月19日に道路占用許可した。しかし市は平成27年9月18日道路占用許可を誤りと認めた。その後平成28年7月27日、県の問い合せに「現在24条の申請を受理し、許可後、道路占用の許可を取り下げる」と返答。なぜ受理できたのか。平成28年8月7日の環境計量士の騒音測定では、吉川市環境保全条例の基準違反状態であった。市の財産である市道を、一部地権者の都合に合わせ、法的根拠も無く貸し出す事は、市の職員の行う行為とは思えません。道路法の誤った解釈が原因で発生する騒音、条例違反の被害を受けているのが仮に一人でも違反です。法は一人の為でも守るべきもの。第一種中高層住居専用地域は良好な住環境が守られなければなりません。水路の現状、不法工作物の経緯、現状事実を確認し、吉川市は関係条例を速やかに履行する義務と責任のもとに行動を遂行すべきと考える。

回答内容

(平成28年11月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご意見をいただきました道路は、昭和63年3月25日に認定した市道2-1026号線でございます。
道路占用の許可につきましては、事業者に管理責任をもってもらうため、道路法32条第1項第5号の通路として、平成27年2月19日に占用許可をしたところですが、道路法の設置基準において、占用できる部分の解釈に違いがあり、手続き上の誤りがありました。勾配などは、道路構造の基準に準じています。なお、新たな手続きなど、引き続き今後の対応について関係課と連携していきたいと考えています。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9827

 

店舗について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月11日受け付け)
●●店舗について。●●開店時の平成5年10月8日店舗面積を1499.16平方メートルで建築。平成8年3月14日に吉川町建築課経由で149.67平方メートル増築が認定され1648.83平方メートルになった。第二種中高層住居専用地域(当時)の建築基準法令の基準で用途制限の店舗建物面積が1500平方メートル以下と定められているにも関わらずであった。店舗東側の建物は平成5年11月15日倉庫(日用品雑貨)554.2平方メートルとして、吉川町建築課経由で認定された。●●時代に倉庫建物(日用品雑貨)が店舗(1648.83m)と一体化し、店舗建物が都市計画法の用途制限の基準を超えて2203.03平方メートルになった。現在も●●吉川店が2000平方メートル超えた形態で使用している。都市計画法の用途制限では店舗と倉庫(日用品雑貨)を独立させる必要があるにも関わらず、一体化し2203.03平方メートルの店舗として使用している。店舗北側の倉庫建物は570平方メートルと店舗東側の倉庫(日用品雑貨)554.2平方メートルと、建物面積は同じ規模になっている。従って店舗東側の倉庫(554.2平方メートル)部分を、本来の用途である倉庫として使用すれば、吉川市道2-1026号線の工作物上の台車による物品運搬が不要になり、台車通行に伴う騒音が無くなる。更に工作物が不要になり傾斜のない平らな道に復すことができる。倉庫(日用品雑貨)554.2平方メートルを店舗ではなく認定通り倉庫として使用させ、都市計画法による「吉川市の第一種中高層住居専用地域として良好な住環境を守るための地域」に戻す事を提案します。

回答内容

(平成28年11月28日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●につきましては、前身のホームセンターとして平成5年の新築及び平成8年の増築時においても建築確認を取得していることから適法に手続きを得たものと考えております。
当市では、計画的なまちづくりが進められるよう都市計画において用途地域を定めており、当該地は第1種中高層住居専用地域として中高層の住宅の良好な住環境を保護する地域としておりますので、関係法令に基づき関係機関と連携を取りながら良好な環境づくりが図られるよう努めてまいります。

担当課

建築課、電話、048-982-9885

 

店舗の騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月7日受け付け)
●●近隣の騒音・環境問題の件です。今年9月議会において市民安全部より「平成28年5月26日の意見交換会の住民から出された意見に対して、●●より9月5日に回答をいただいた。ついては、回答に対する意見交換会の開催の調整を図る」とありました。ですが、いまだ意見交換会について住民側へ説明がありません。●●の回答に関する報告もありません。9月5日の回答文書の公表ならびに意見交換会の開催を早急にお願いします。議会での発言に責任を持って、有言実行をお願いいたします。
市道2-1026号線について。道路認定の認定理由・根拠・法律の該当事項をすべて書面にて説明をしてほしい。三郷市と越谷市では、このような造りは道路ではありません。水路に蓋がけをした道で、道路ではなく水路では。道路台帳と現状は一致しているのか。●●の工作物通路は国の法律に適合しているのか。2-1026号線の西端は歩道縁石があり車両は県道に合流できない。東端は数十センチの段差があり車両は市道に合流できない。2-1026号線の起点終点は道路に接続していない。また●●店舗倉庫間の工作物通路の誤った占用許可を、一年たっても廃止せず許可している状態だが、道路構造令の基準を満たしているのか。鉄板敷は正規の道路ですか?市内に鉄板敷の市道・県道はありますか?
以前は鉄板敷の上をフォークリフトが通行していた。吉川市は、フォークリフトは通行不可としているが、台車の通行は認めている。同じ車両を区別するのはおかしい。以前付近の住民が、新聞配達の原付バイクと自転車(どちらも軽車両)の通行がうるさいと吉川市に電話したらU字溝が設置され、県道付近から軽車両の進入が不可能となった。同じ道なのに10メートル離れると扱いが違う。軽車両が通行している場所と通行不能な場所がある。工作物があろうとも道路交通法は変わらないはずで、三郷市と越谷市は自市なら台車の通行はだめ。他市が間違っていますか?●●が吉川市に特別待遇されているのですか?
昨年9月議会で道路占用許可は誤りだったと市が認めました。しかし現在も許可の取消しは無く、1年以上誤った許可を継続し、住民へ誤許可経緯の説明も一切ありません。「今後新たな手続が必要となるため、設置者と協議を行ってまいりたいと考えております」とのことですが、現在まで何回どのような協議をしましたか。
また道路占用条件書「占用に起因し、本市及び第三者に損害を与え、又は紛争を生じた場合は、直ちにその旨道路管理者に届け出るとともに占用者の責任において解決すること」のとおり、●●から紛争届けはありますか。届出が無いのなら、現状を把握していないということになりますがいかがでしょうか。
平成26年10月14日道路公園課に意見を申出てから2年以上、占用物件に起因する騒音等の被害をうけています。道路公園課が書面にて文章で提示し、●●に紛争届けを出させ、早急に紛争解決するよう指導していただきたい。道路占用許可をするだけが道路公園課の仕事ですか。道路占用許可条件書を含めての道路公園課の仕事では。国土交通省路政課は「紛争届けを事業者が届け出」「紛争は構造的にとは限らない」「要因と思われる原因がある」「また紛争についてはそのことが原因で発生したトラブルや音も原因になる」と申しております。近隣自治体も同様です。住民の生活を守ってください。早急に紛争解決を望みます。

回答内容

(平成28年11月28日回答)
ご意見ありがとうございます。
意見交換会については、開催に向けて現在、調整をしております。また、回答文書については、意見交換会の場で報告する予定です。
道路認定の認定理由などにつきましては、昭和61年から63年にかけて市内の全ての道路を見直した際に道路番号を振り直しました。この時に、市街化区域の単独水路に蓋をかけ通路として利用されていた水路部分も道路法第8条第2項の規定に基づき道路認定をしています。
理由は、認定以前から歩行者や自転車の方が通行していましたが、法的な網がかかっておらず事故などが発生した場合に対応できない状態であったため、この機会に道路認定をしました。水路を道路認定している箇所は、土地区画整理事業ではなく、民間開発により市街地が整備されてきた経緯があり、道路が通り抜けていないものが多く、そのため、水路に蓋をかけ道路として整備することにより、災害時の避難経路としての機能を併せ持つことが出来ると考えたためです。また、市道2-1026号線は、道路認定した道路となりますので、起点や終点など道路台帳で管理しています。
道路占用の許可につきましては、事業者に管理責任をもってもらうため、道路法32条第1項第5号の通路として占用許可をしたところですが、道路法の設置基準において、占用できる部分の解釈に違いがあり、手続き上の誤りがありました。勾配などは、道路構造の基準に準じています。なお、新たな手続きなど、引き続き今後の対応について関係課と連携していきたいと考えています。

担当課

  • 住環境の確保について、環境課、電話、048-982-9698
  • 市道の管理について、道路公園課、電話、048-982-9901

 

犬のフンについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年11月16日受け付け)
いつもお世話になっております。以前にも相談させていただいた内容です。きよみ野と川野の間に階段があります。(第四公園のほうじゃない方)その階段の所に犬のフンがいつもあります。最近はだれかが踏んだのか、つぶれて不潔この上ないです。以前にも相談させて頂き、看板を取り付けるなどの措置をしていただき、感謝していますが、効果は薄れています。この階段は通学路です。小学生、中学生、または幼い子供も散歩として通ります。なんとかならないでしょうか。犬を飼う側のモラルの問題だと思いますが、そんな飼い主は犬を飼うべきじゃない。犬も泣いていると思います。犬の散歩として通ってはいけないなどの措置、または看板を増やす、なにか対策をしてほしいです。

回答内容

(平成28年11月24日回答)
ご意見ありがとうございます。
 市では、広報紙等を通じて、犬のフンの持ち帰りを呼びかけておりますが、一部の飼い主の方がフンを持ち帰らず放置しているものと思われます。
 ご指摘の箇所につきましては、看板を増やすとともに、引き続き、広報紙での啓発や市から飼い主の皆さんへの通知の中で、マナーアップの啓発をしてまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

給食センター周辺の臭いについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年10月28日受け付け)
給食センターが出来てから数か月。臭いや害獣の被害に遭うのではないかと危惧していました。原因が直結するかは分かりませんが、とにかく最近周辺の臭いがひどいです。夕方~夜にかけて特にひどく、窓をあけると家中が臭くなるため全部閉めています。ご近所にも相談しましたが、みなさんどこに相談したらよいかわからない、との事でしたので、こちらよりご意見としてご報告させていただきます。出来れば原因の調査等を進めていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

回答内容

(平成28年11月4日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘をいただきました臭いの原因は、学校給食センターの廃水処理施設によるものと考えております。学校給食センターのような大量調理施設については、下水道法により廃水を一定基準以下に浄化するための処理施設を設置し、廃水を浄化して公共下水道に放流することになっています。また、廃水処理施設から発生する臭いを除去するため、オゾン脱臭装置を設置して臭気対策を行っております。
廃水処理施設では、バクテリア等の微生物の働きにより廃水の浄化を行っておりますが、開業直後はバクテリア等の微生物が定着していないことから性能が十分に発揮されていない状況にありました。その後も性能が不安定な状況であったため、その原因等の調査を進めながら対策を講じてまいりました。
調査を進める中で原因が絞られてきたため、廃水処理施設、オゾン脱臭装置ともに現在新たな対策を講じて、その効果を検証しているところです。
近隣の皆様方に多大なご迷惑とご心配をおかけして誠に申し訳ございません。早期解決に向けて鋭意取り組んでまいりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

担当課

学校給食センター、電話、048-940-0790

 

店舗の騒音について、近隣住民の要望として

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年10月24日受け付け)
●●が吉川市環境保全条例の規制基準値を上回っている現状を理解し、持続的に実行できるような具体的改善策をご指導していただけるよう切にお願い申し上げます。
尚ご指導の内容、また結果についてもお知らせ願います。

回答内容

(平成28年11月4日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の件につきましては、市として、これまでも事業者に対して指摘しており、今後、文書による指摘も検討しているところでございます。また、具体的な改善策については、事業者側からの改善策を聞き、協議してまいりたいと考えております。
なお、指導内容等につきましては、これまで通り情報提供してまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川駅前のムクドリについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年10月19日受け付け)
吉川駅前のいちょう通り(特にライフ吉川駅前店、ゆあみ)の電線に数百羽を超えるむく鳥がいます。季節的には、現(秋)に多く、むく鳥の嫌がる音を出していますが、むく鳥も慣れてしまったのか、電線に居座っている状態です。
毎年、このむく鳥の鳴き声を聞くと「秋がきた!!」と思ってしまいます。また、年々、むく鳥の数も増えてきているように思います。鳴き声だけでなく、ふんも多く道路も汚いです。何か対策を講じていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

回答内容

(平成28年10月28日回答)
ご意見ありがとうございます。
●●様のご指摘のとおり、吉川駅前のいちょう通りにおいて、多数のムクドリが夕方から止まっている状況でございます。市では、6月からムクドリの嫌がる音を発生させ、対策を講じております。今年度につきましては、忌避音発生装置を昨年度よりも高い位置につけたところ、8月下旬までは効果が見られましたが、その後ムクドリの数が徐々に増えている状況であり、現在、専門業者と対策を協議しております。また、道路のふんについては、今後清掃する予定でございます。ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

野焼きについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年10月3日受け付け)
田んぼの野焼きで困っています。美南一丁目線路沿い調整池の線路を挟んで反対側(東側)の田んぼで夜中になると野焼きする農家がおり、夜窓を開けると臭く困っています。今は野焼きは禁止では無いのですか?野焼きと言っても田んぼ全体を焼くのではなく、籾がらを1箇所にまとめてそれを焼いている感じです。至急やめさせてください。確認する場合、夜中0時以降で無いと確認できませんので注意してください。

回答内容

(平成28年10月13日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘いただきましたもみがら焼きにつきましては、「農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却」としていわゆる「野焼き」の例外となることから禁止されているものではございません。
しかしながら、周辺の住民の方の生活に影響することがあるため、市といたしましては、各地域の農業者の代表である農事組合長が集まる会議や広報紙を活用して、場所、風向きや時間帯等に十分に配慮いただくよう農業者の方にお願いしているところでございます。
今後も吉川市の強みの一つである農業が持続するためには、農業者の方と住民の方との相互理解が大変重要であると考えており、引き続き農業者の方に近隣への配慮をお願いしてまいりますので、農業に対するご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

担当課

農政課、電話、048-982-9482

 

店舗の騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年10月13日受け付け)
「●●」の騒音の件です。環境課にてお話させていただきました。近隣住民と話し合いのうえ、一名が代表して訪問し、8月の測定で●●の騒音が環境保全条例の基準値を上回っていることについて、公文書で示してほしいとお願いをしましたが「一人だけのお願いでなく複数の方が市役所に来てのお願いでないと」というお話がありました。うるさいという住民は一人二人ではありません。埼玉県庁ホームページ「大規模小売店舗立地法の届出等の公告一覧」の意見書の概要(平成28年1月から3月までの変更の届出に●●が掲載)には6世帯の意見(苦情)が掲示されています。この届出を知らない住民もいるかも知れません。これだけの問題がありながら、吉川市が個人の問題として捉えるのはいかがなものかと思います。第87回埼玉県大規模小売店舗立地審議会が9月6日に開催され、議事録が11月初旬に埼玉県県報に議事録が掲載されます。届出と同様、誰でもホームページで閲覧できます。開店後、2年もの間住民たちは騒音被害に苦しんでいます。本来ならオーナーの「●●の建物設置者」が開店前に埼玉県に届け出を行い改善した後「●●」店舗の開店になります。埼玉県の届け出現在も改善不十分の状態が継続しています。吉川市においても早急な対応を望みます。

回答内容

(平成28年10月21日回答)
ご意見ありがとうございます。
先日、訪問された際にお話しさせていただいたとおり、●●の事業活動に伴って発生する騒音が吉川市環境保全条例の規制基準値を上回っていることについて、今後、公文書で示す方向で検討を進めてまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

県道の振動被害について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年7月22日受け付け)
県道67号・葛飾吉川松伏線沿いに住んでいますが、だいぶ前から大型車両の通行による振動被害に日夜悩まされています。通行の度に家が揺れ、直下型地震のようです。コンテナ車など大型車の通行量が近年増加しています。特に夜間は、制限速度時速30kmのところを時速50km以上で走行する車両が格段に増えるため、振動は倍増します。道路をよく見ると段差があり、これが原因と思われます。何とかならないものでしょうか?家が傷むし、ストレスが貯まります。よろしくお願い申し上げます。

回答内容

(平成28年8月1日回答)
ご意見ありがとうございます。
県道葛飾吉川松伏線につきましては、県道を管理する越谷県土整備事務所へ要望内容を伝え、対応するよう依頼しました。
市といたしましても県道部分について気づいた点があった場合は、その都度、速やかに越谷県土整備事務所に連絡しております。
今後もお気づきの点がございましたらご連絡をいただきますよう、お願いいたします。

お問合せ先

越谷県土整備事務所

電話、048-964-5221

担当課

道路公園課、電話、048-982-9827

 

バイクの騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成28年4月4日受け付け)
最近、夜になると暴走行為を行うバイクの音がとてもうるさいです。小さい子供がいるので大変に迷惑しています。吉川市として、これらの違法行為についてどこまで認識していますでしょうか?また、警察と連携し、対応策は考えているのでしょうか?もしも、対応していない場合は、早急に対応していただきたいです。よろしくお願いします。

回答内容

(平成28年4月27日回答)
ご意見ありがとうございます。
バイクの暴走行為に伴う騒音につきましては、市といたしましても、見逃すことは出来ないものと認識しており、さっそく所管である吉川警察署に取締りの強化を依頼したところでございます。吉川警察署からは暴走行為の取締りは一時的には効果があるものの、いたちごっことなるケースが多く、根絶には粘り強い対応が必要になると聞いております。今後も吉川警察署により一層の取り締まりを依頼してまいりますので、今しばらく経過を観察いただけますようよろしくお願いいたします。

担当課

市民安全課、電話、048-982-9471

 

店舗の騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年11月13日受け付け)
●●●の件です。11月12日は騒音測定をしていたとのことで、朝から一日静かでした。早朝真っ暗な時間から台車が音をたてて通ることや話し声、足音もありませんでした。店内放送や音楽も聞こませんでした。ですが翌日13日は早朝5時半にシャッター音が響き、6時より台車等の音がうるさかったです。騒音測定日は静かになるので、毎日してほしいです。今までの測定の最大値は2月21日の83dbです。台車等が通り、扉が開くたびにうるさいのは迷惑です。昼はとても騒々しい。夜中も室外機の音が住宅地に響きます。朝はシャッターや台車に起こされます。測定後、●●●がなにをどう改善したのかきちんと説明がありません。誰が見ても分かるよう、書面で報告がほしいです。また、大型店舗は県庁の商業サービス支援課に「大規模小売店舗法立地法」の届出や変更届出後に営業をするのが一般的です。●●●は届出なしに前企業より長い営業をしていたため、県のお達しで開店時より閉店時間が早くなりました。しかし●●●の届出は未だありません。県でこのようなケースは初めてということです。他の大型スーパーのように「騒音の発生その他による周辺地域の生活環境の悪化の防止を配慮」「大規模小売店舗の設置者は特に周辺の生活環境の保持に配慮」このような届出をした営業ではないようです。このような会社ですから吉川市も埼玉県同様、毅然とした対応をお願いいたします。

回答内容

(平成27年11月30日回答)
ご意見ありがとうございます。11月12日の騒音測定につきましては、午前7時から午後6時までの日程で測定を実施しました。測定結果につきましては、吉川市環境保全条例の騒音基準45dB(午前8時まで)に対して46dB、50dB(午前8時から午後7時まで)に対して47dBから50dBの範囲の測定結果となります。この測定結果につきましては、後日、送付させていただきます。
また、今後につきましては、曜日により騒音の発生状況が異なるとのお話もございますので、一定期間連続して騒音測定を行い、その結果に基づき店舗側に対して対策を要請していまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

冠水被害について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年10月5日受け付け)
吉川市庶務課の方にお伺いいたします。先日の9月10日の台風の影響による栄町3区の冠水の被害に対しての返答、総務省に質問させていただいた結果人災であるか天災であるか法律相談をとのことですが市役所の天災との言い分は変わらないと考えます。今後の参考の為、●●課長へのお願いです。何の為に調整池があるのか、また当日9月10日の天気図と地方公共団体である市役所が時間を追って、いかに動いたか書面で頂きたく思います。当日は自主防災の方々がポンプで排水まで行われ床下冠水等の大事に至らなかった経緯がございます。先の東北大地震では市民の為に命を落とされた女性もいらしたかと思います、当然のことながら市民の安全優先に市政が動かれるかと思いますのでよろしく返答お願いいたします。

回答内容

(平成27年11月11日回答)
ご意見ありがとうございます。 調整池とは大雨時には、近隣住宅への浸水被害を軽減させるための重要な施設として役割があります。栄町3区の水害対策活動としましては、降水量や周辺道路の状況、大場川の水位を観測しながら、調整池(アクアパーク)の流入の判断を行っております。水害対策活動と降水量との関係についてですが、大字高富地内に設置されている国土交通省の雨量計で観測をしたデータによりますと9日は、午後8時から午後9時までの間に45mm、午後9時から午後10時までの間に28mmの降水量を記録しております。同時刻の水害対策活動は、午後9時45分頃から栄町3区の周辺の道路冠水の状況調査を開始し、午後10時20分に30cmの道路冠水を確認したことからアクアパークの流入を同時刻から開始し、道路冠水などの状況が改善されたことから午後11時10分に流入を停止しております。10日は午前2時から午前3時、また午前3時から午前4時の間にそれぞれ時間当たり25mmのを計測しております。同時間帯の水害対策活動ですが、午前3時10~15分の段階での周辺道路の状況調査結果により道路冠水が確認されたことから、午前3時15分に調整池(アクアパーク)への流入を開始し、午前10時30分に流入を停止しております。
市では今後とも、市の地域並びに市民の生命、身体及び財産を保護するため関係機関と協力し対応を行ってまります。

担当課

市民安全課、電話、048-982-9471

 

木売落としについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年9月24日受け付け)
二合半用水と並行して流れている川の水質についてのお願いです。
オレンジ色のヘドロ状物質が、川の底全体に堆積し、悪臭を放ち、ランニングコースにできない状況です。
以前は、清流で大小の魚が群れを作って泳いでおり、桜とともに吉川市の誇りとして自慢できました。
しかし、今では死の川と化し、吉川市の行政が行き届かない恥になっております。
せめて魚が住める程度の水質に改善できませんか。

回答内容

(平成27年10月19日回答)
ご意見ありがとうございます。
木売落しにつきましては、下水道未接続家庭からの生活雑排水やゴミのポイ捨てなどにより水辺の環境悪化が懸念されています。このようなことから、市では下水道未接続家庭に対し下水道接続のお願いを実施しております。また、定期的に職員が巡回し不法投棄などの撤去を行い、さらには市民ボランティアを募り毎年10月と3月に木売落し内の清掃を実施しているところです。
今後もこのような活動を行い木売落しの環境改善に努めてまいります。

担当課

河川下水道課、電話、048-982-9981

 

永田公園周辺の毛虫について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年9月24日受け付け)
連絡です。永田公園北側・西側道路沿の低木植栽(椿?)に「毛虫」が大発生しています。ほとんど葉が無くなっている所も多く、毛虫の毛が飛ぶのか、発疹が出ることがあります。子供にも影響があると思いますので早期の駆除をお願いします。

回答内容

(平成27年10月19日回答)
ご意見ありがとうございます。
現地を確認させていただきました。ご指摘の所は、9月29日に薬剤散布を行い、毛虫の駆除を行いました。
宜しくお願いいたします。 
なお、道路等へご自身での忌避剤の散布につきましては、公共の施設となり多くの方が通行いたしますのでご遠慮くださいますようお願いいたします。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9901

 

犬の糞について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年8月25日受け付け)
こんにちはさくら通りの吉川団地5-18号棟脇UR看板前の犬の糞がひどいので対策をお願いします。清掃をしているようですが、またすぐ糞をされてしまいます。こちらで薬剤を散布いたしましたので、通行の方向けに周知をお願いします。台東区の対策は、糞をしたアスファルトの上に直接 糞外防止の印刷をしています。清掃費用の請求をすると書いておけば、防止にもなると思います。かなりの量なので、早急の対策をお願いします。自宅は居ない事が多いので、メールでの問い合わせをお願いします。 

回答内容

(平成27年10月6日回答)
ご意見ありがとうございます。犬の糞の放置につきましては、これまでも犬の飼い主のマナーアップを目的に犬の登録時や集合狂犬病予防注射の会場でのリーフレットの配布やマナーアップ教室を開催し、しつけの仕方などの啓発をしてまいりましたが、いまだに一部の心ない飼い主により適切な処理が行われていないと考えております。市では犬の飼い主へのマナー意識の向上が重要と考えており、飼い主の目にとまるように従来のものと比べ大型の看板を歩道周辺に設置するとともに、啓発につきましては広報などでの頻度を増やすことを検討してまいります。道路面上の糞害防止の表示のご意見につきましては、マナーを守らない飼い主に対して直接働きかける方法の一つであり、関係課と協議のうえ検討してまいります。 
なお、道路等へご自身での忌避剤の散布につきましては、公共の施設となり多くの方が通行いたしますのでご遠慮くださいますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

犬の糞について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年9月7日受け付け)
いつもお世話になり、ありがとうございます。今回は、犬のふんに関してのお願いです。川野ときよみ野の間の鍋小路用水沿いの桜並木の道に、きよみ野と川野をまたぐ階段があります。(手前の方。第四公園の方ではない)その階段のところにいつも犬のふんがあり、困っています。そこは、小学生や中学生も通学で利用する階段です以前、見るにみかねて、私とご近所の方できれいにしましたが、再度あります。そこと桜並木道にも多数あります。階段のところに犬の散歩禁止、または犬のふんをさせないで、等の看板をたてていただけないでしょうか。子供たちが病気になったらどうしますか。犬のふんを放置する飼い主は犬を飼う資格がないと思います。見かけたら、犬を保護するとかそのくらいしないと、直らないと思いますよ。とにかくふんが多すぎる。何とかしてください。啓発等じゃだめですよ!!

回答内容

(平成27年9月30日回答)
ご意見ありがとうございます。
当該箇所については現地確認を行い、犬のふんの放置を防止する看板を設置いたしました。
市では犬の飼い方のマナーについて、広報やリーフレットの配布等による啓発を行っていますが、ご指摘の通り一部の心ない飼い主により適切な処理が行われていないと考えております。今後は犬の飼い方のマナーアップに向け啓発を引き続き行うとともに、看板の設置、パトロールなどを実施してまいります。
また、ふん防止の路面標示など、これまで以外の手段も検討し、一部の心ない犬の飼い主へ働きかけてまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

土地の草刈りと飼い犬のマナー、不審者について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年7月27日受け付け)
吉川市と三郷市の市境の原っぱについてです県道67号線から東側一帯の鉄塔のある原っぱの目の前のアパートに暮らしています。7月25日早朝に、犬の糞とそれを掴んだと思われるトイレットペーパーが敷地内に投げ入れられました人が立ち入る場所ではない原っぱから、自宅の目の前に早朝に不審者が来ていたということに不安に感じております。原っぱの草刈は7月5日頃に行われましたが、住宅に沿って幅3メートル程度と、市境(桜並木側)が刈られ、中央部分は島のように残されているため、草丈1メートル程度はありますから、それが目隠しになっていて容易に近寄れる状態でもあり、原っぱに侵入した際は、草刈されている住宅沿いを歩く事になると思われます。(2年前までは、全部綺麗に草刈がされていました。)草刈が全体に行われたとすると飼い主にとっては広い原っぱで犬の散歩ができると更に侵入してくるのかもしれませんが、住まいギリギリには近づかないのかもしれません例えば、フンの持ち帰りを促す看板の設置は可能でしょうか。本来立ち入らないはずの原っぱに向けての看板はおかしい気もしますが、心当たりのある人に対しての抑止力にはなるような気がします。個人的なトラブル等心当たりは全くなく、不愉快である以上に言い知れぬ不安を感じています。このような場合の対処についてご指導頂けたらありがたく、ご相談申し上げます。

回答内容

(平成27年7月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
防犯対策につきましては、市民の皆さんの防犯意識を高め、犯行の機会を与えないことが重要だと考えております。
市では広報「よしかわ」などを通じ防犯対策の啓発をするとともに、地域で自主的な防犯活動を取り組んでいただけるよう、自治会など防犯活動団体への防犯パトロール用品の配付や青色回転灯防犯パトロール車の貸し出しなどを行っているところでございます。
各家庭でも、門灯を点けたり、夜間は雨戸やシャッターを閉めるなど防犯に努めていただけたらと思います。
なお、今回のようなケースにつきましては、状況のわかるメモや写真などの記録をもとに、吉川警察署にご相談されることをお勧めします。
また、看板につきましては、土地所有者と協議のうえ、歩行者が気付きやすい位置に設置してまいります。犬の飼い主のマナーにつきましては、これからも広報誌での啓発やパトロールを強化する等、マナーバックを持つ飼い主が一人でも多くなるよう引き続き啓発に努めてまいります。

担当課

防犯対策について、市民安全課、電話、048-982-9471

飼い犬のマナーなどについて、環境課、電話、048-982-9698

 

下水路対策について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年8月5日受け付け)
前略
台風の余波の関係でしょうか、猛暑が続きます。日頃、後援会を通してお世話様になっております。市長キャラバン公聴会に傍聴しご奮斗されております勇姿に影ながら感謝申し上げます。課題は山積しておりますが、一長一短に物事が解決できないのは世の常であります。本日は下水路関係について二点要望、意見を述べさせて戴きます。吉川駅北口前幹線道路(いちょう通り、さくら通り)
1、さくら通りについて
さくら通りに左右にまたがる2本の川
農業用水、生活用水(地元では通称あく水?)と呼ばれております。延伸川に位置しておりますが、川富、川野、川藤、平沼、保、以西の住民街のひとたちとっては、油や悪臭が漂い近隣の住民の方々から環境改善の声が多く寄せられております。長年にわたる吉川クリーン会(コミュニティ協議会)吉川市の活動には常に頭が下がりますが、農業用水とくに西側の生活用水(悪水)についても長期的な抜本対策も今後の課題として必要不可欠な問題ではないでしょうか?そして観光名所にふさわしい桜名所にして欲しいと心より願っております。
2、以前から要望、単願をお願いしておりますが…
保、下通り下排水路(通称森下通り)吉越橋下(信号2つ目)
潜竜軒⇔保一区西防犯防災倉庫前
旧態依然の側溝です(30年以前)
雨季には下水溝が浅いため玄関前まで増水いたします。これからも力強く取り組んで頂きたいと思います。今後の市政の発展と中原恵人後援会のさらなる活躍を心からご祈念申し上げます。乱文乱筆をお許しください
草々

回答内容

(平成27年8月28日回答)
 ご意見ありがとうございます。
 西側を流れる木売落しにつきましては、下水道未接続家庭からの生活雑排水やゴミのポイ捨てなどにより水辺の環境悪化が懸念されています。このようなことから、吉川市では下水道未接続家庭に対し下水道接続のお願いを実施しております。また、定期的に水路パトロールを行い堆積物の除去や不法投棄などの撤去、さらに毎年10月と3月には市民ボランティアを募り木売落し内の清掃を実施しております。今後も、このような活動を行い木売落しの環境改善に努めながら、観光資源として検討を進めてまいります。
 また、以前よりご要望をいただいておりますが、ご指摘の箇所及びその周辺地域におきましては、大雨による道路冠水が度々発生しております。少しでも被害を軽減するために、平成20年度には側溝の敷設工事を行いましたが、周辺地域全体の地盤が県道等に比べ低いこともあり、抜本的な解決には至っていないのが現状でございます。引き続き、対策の検討をして参りますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

担当課

木売落しについて、河川下水道課、電話、048-982-9981

道路冠水について、道路公園課、電話、048-982-9814

 

区画整理について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年5月29日受け付け)
中原市長さん 市長さんになられまして本当におめでとうございます。
最初にお願いです。出来る限り自宅が区画整理にかからない様に願っています
私の家の近くに公園を作る計画でしょうがとても固ります公園が出来ますと知らない人達の出入が多くなるので近所の皆様も怖いと言っています(反対です)
公園は駅の近くに大きな公園を作れば良いと思います

回答内容

(平成27年7月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
今までも、●●さまと同様の意見もいただいており、市においても事業区域を検討してまいりましたが、土地区画整理事業の事業区域につきましては、一つの生活圏であることや、道路や下水道などの効果的な都市基盤の整備を考慮した上で設定することが必要でございます。
このようなことから、吉川美南駅東口周辺地区における土地区画整理事業におきましても、吉川美南駅を中心とした新たな市街地を形成する範囲として、県道越谷流山線までを事業区域として設定しておりますので、ご理解いただきますようお願いします。
また、本事業における公園につきましては、市長キャラバンやパブリックコメントを通じ、広く市民の皆様からご意見をいただいた上で、配置や規模などを検討してまいりますので、その際に●●様のご意見も参考とさせていただきます。
今後も事業についてご協力を賜りますようお願いいたします。

担当課

都市計画課、電話、048-982-9903

 

用水路や道路などについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年6月10日受け付け)
うちの家のすぐ近くのドブが、開けっぴろげ過ぎていつも危ないなぁと思ってます。フェンスも中途半端で、大きく隙間が空いているところだらけだし、内側はフェンスすらないので、よく大きなゴミがそのままドブに落ちてたりします。小さな子供がいるので、隙間から落ちないかいつも心配です。こっちの方はあまり整備してもらえないのでしょうか?それから、今年から長男が1年生になり、毎日一緒に登校しているのですが、378号沿いの歩道が、草だらけで狭いし、恥の方のアスファルトがひび割れて斜めになっていてとても歩きにくいです。子供が一列でなんとか歩けるくらいのスペースで、雨の日は特に狭くて大変です。草むしりや、歩道の整備をお願いしたいです。それから、ローソンの近くの横断歩道には、信号が片側?しか付いていないです。なので、歩行者や自転車は車の信号に合わせて道を渡ってます。

回答内容

(平成27年7月29日回答)
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の水路のフェンスでございますが、市内の水路フェンスにおいては、不特定多数の方が利用する道路からの転落防止を目的としており、交通量や水路の大きさ等を勘案し、道路と水路の間に設置しております。このことから、民地側(内側)への設置は難しいと考えております。なお、既に設置されている道路側のフェンスについては、傾きが発生している箇所があり、現在危険な箇所から計画的に修繕を実施しているところでございます。今年度も修繕を実施する予定ですので、隙間につきましては、修繕に合わせて塞ぐ措置をしたいと考えております。
378号線(県道中井松伏線)の歩道の除草やアスファルト部分の補修につきまして、管理者であります埼玉県越谷県土整備事務所へ要望内容をお伝えし、除草を実施いたしました。アスファルト部分の補修についても、一部補修を検討しているとのことです。
信号機は県公安委員会で設置しておりますが、当交差点につきましては、旭小学校の通学路である南北方向について、子どもたちの安全に配慮して歩行者用灯器が設置されている状況でございます。東西方向につきましては通学路でもないことから、歩行者用信号機の増灯は難しいと考えられますので、横断につきましてはこれまで通り通常の信号機に従いながら、十分に安全を確認して横断していただけますようお願いいたします。

担当課

  • 用水路について、農政課、電話、048-982-9483
  • 道路について、道路公園課、電話、048-982-9814
  • 信号について、市民安全課、電話、048-982-9471

 

公園内の迷惑行為、植木について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年5月26日受け付け)
吉川美南駅近くの公園で、南中学の生徒(?)のサッカー部が毎晩練習をしているみたいです。公園のフェンスに対しボールを蹴ったりしていて、音がうるさく近所迷惑となっています。本来中学生は校庭やスポーツ施設で練習をすべきです。早急に止めさせて下さい。それと吉川美南前に建設中のマンションがあると思いますが、その通りの植木の支柱が折れているみたいです。支柱を交換する等の対応が必要だと思います。問い合わせ先が違うかもしれませんが対応願います。

回答内容

(平成27年7月2日回答)
ご連絡ありがとうございます。
ご指摘の公園は美南二丁目公園と存じますが、週1回市役所職員にて夜間巡回パトロールをしておりますので、その際やめるよう指導してまいります。また、吉川市教育委員会と連携を図り、注意を促していきたいと考えております。
また、折れている支柱につきましては、5月29日に撤去いたしました。今後とも、お気づきの点がありましたら、ご連絡ください。宜しくお願いいたします。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9901

 

騒音について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年4月22日受け付け)
現在朝6時です以前連絡した夜遅く、朝早くから機械動かしてうるさい業社今朝も朝早くから迷惑です

回答内容

(平成27年6月18日回答)
5月7日に事業者に対して騒音の件を確認したところ、朝方、車両への資材の積卸し作業を行っているとのことです。この作業について近隣住居へ配慮して行うよう提案した結果、夕方へ振り替えて実施するとの回答がありました。今後はパトロール等を行い経過を見てまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

除草作業について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年6月2日受け付け)
金田整形外科の後ろの広い土地の除草作業はあれで終わりですか?内側だけやって、外側はそのままで、車や歩行者が全く見えず、内側だけなら、やらなくても同じです。前回はそのまま外側はやらずじまいでした。1度、見に来ていただいた方がいいと思います。あれではやったと言えませんよね?

回答内容

(平成27年6月10日回答)
6月3日に現地調査を行い、雑草が残っている状況を確認いたしました。当該部分についても除草するよう、土地の所有者に依頼してまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

大型車の規制について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年5月21日受け付け)
吉川橋から銀杏通り、さくら通り、江戸川方面にに抜ける道が整備され、その周辺住民は大増税を強いられました。しかし、この道が整備された後、大型トラックが通るたびに、大袈裟ではなく震度2~3の揺れが多くの家の二階部分で感じられます。家具がガタガタと鳴るほどです。子供たちは怯え、正直私も不眠症にまでなりました。今まで我慢してきましたが、もう限界です。この通りの大型トラックなどの交通規制をすぐにして欲しい。この通りの住民にも聞き取り調査を即刻して欲しい。高い税金までとられ、体調まで悪くなり、もう耐えられません。至急対応・改善して下さい。

回答内容

(平成27年7月13日回答)
 ご指摘の大型車規制につきましては、埼玉県公安委員会の管轄になりますが、当路線は、将来的には4車線の県道として計画され、幹線道路として整備が進められているものでございますので、大型車の規制は難しいと考えております。
 また、市では週に2回道路パトロールを実施して、道路の破損等に対応しております。みなさんからいただいた道路の修繕に係るご要望に関しましては、現地の状況等を勘案し順位づけをし、順次対応しているところでございます。今後も何かありましたらご連絡いただけますと幸いです。

担当課

  • 大型車規制に関すること、市民安全課、電話、048-982-9471
  • 道路の状態に関すること、道路公園課、電話、048-982-9827

家庭でのバーベキューについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成27年5月7日受け付け)
近年、家の近所のあちらこちらで庭でBBQをやる人が多く屋外での焼却をゴミではないので認められてるのかとも思いますが肉や魚を焼くので臭いがものすごいです。火を使うし、公園か家の中でやってほしいですが、市のほうで消防と合わせて対策はとってもらえないのでしょうか?返信よろしくお願いします。

回答内容

(平成27年5月26日回答)
個人住宅でのバーベキューにつきましては、悪臭防止法など法令等の規制、消防法での規制は無い状況でございます。
しかし、美南地区のような住宅地においては、住宅同士の間隔も至近で、煙や臭いなどの影響を受けやすいものと考えております。
市といたしましては、まず、バーベキューを行う方に、その行為により迷惑を被る人がいること、住宅地でバーベキューを行う場合の影響を十分に理解してもらうことが重要と考えております。今後、広報、ホームページなどで周知啓発を行うとともに、美南中央公園など許可を得ることによりバーベキューを行える公園の情報提供に努めてまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

犬の糞について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年11月17日受け付け)
歩道に犬のフンが放置されており、不衛生です。ペットのフンの不始末に対する罰則を作ってほしいです。もしすでに罰則がある場合はもっと厳しくしていただきたいです。以前越谷に住んでおりましたが吉川は犬のフンの放置がひどすぎます。10メートルごとに犬のフンがある市は初めてです。

回答内容

(平成26年12月3日回答)
飼い犬のフンの放置につきましては、ご指摘のとおり衛生的にも街の美観にも悪く、多くの自治体において問題となっているところであり、市といたしましても対応に苦慮しているところでございます。
これまで、広報誌での啓発やフンの放置が多い場所に啓発用看板を設置したり、今年度は「犬のマナーアップパトロール」を実施しております。また吉川市環境保全条例には、フンの放置に対する罰則規定(3万円以下の罰金)があるものの、すべてのマナー違反の方にこの規定を適用することや罰金を引き上げることは難しいと考えております。
これからも飼い主の方々のマナー向上のための啓発やパトロールを強化する等により、マナーバックを持つ飼い主が一人でも多くなるよう引き続き啓発に努めてまいりますのでご理解ご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川美南駅

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年9月22日受け付け)
 駐輪場が高いです。三郷や越谷にくらべて定期料金が高いです。もう少し安くして下さい!!

回答内容

(平成26年9月30日回答)
吉川美南駅西口自転車駐車場につきましては、平成25年4月からの有料化に当たり、吉川市が運営している吉川駅と吉川美南駅の駐輪場における経費を換算するとともに、同じく市内で駐輪場を運営している民間自転車駐車場との料金のバランスを考慮しながら設定させていただいております。
経費としましては、このたび吉川美南駅西口自転車駐車場の屋根の増築を実施したのをはじめ、今後も吉川駅周辺駐輪場施設の老朽化対応などが考えられ、厳しい運営が続くものと予想しております。
このようなことから、ご意見をいただいた料金の値下げにつきましては、今のところ難しいと考えますので、ご理解をいただけますようよろしくお願いいたします。

担当課

市民安全課、電話、048-982-9471

 

雑草について

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年9月17日受け付け)
草が一切刈られずに歩道まで浸食している状態です。至急管理者に連絡して全ての草を刈る事を命じて頂けませんか?あまりにも惨い状態です。管理を怠らない用指導をお願いします。厳しく注意してください。社会人として恥ずかしい行いと思います。最近、皆、蚊に敏感です。草があると蚊がいる印象を受けてしまいます。

回答内容

(平成26年9月24日回答)
ご連絡ありがとうございました。
現場の確認を行い現状を把握し、管理者に連絡を取りましたところ、今月中に除草を行う予定との回答を頂きました。

担当課

道路公園課、電話、048‐982‐9827

 

野焼きについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年9月17日受け付け)
 住所近辺にて野焼きを臭いがキツいので、適法な野焼きか確認してほしい。適法の野焼きの場合も事前に周知する等の配慮頂きたい。特に9月13日から15日にかけて夕方から夜間にかけて、野焼きと思われる臭いが酷かったので、なんとか対処してをお願い致します。

回答内容

(平成26年9月24日回答)
ご連絡をいただき、ありがとうございます。
9月16日(火曜日)午後2時ごろ、武蔵野線北側の水田地域について巡回を行ったところ、もみ殻の焼却を確認しましたが、違法なものは確認されませんでした。また、環境部門担当課においても、違法な焼却行為の報告はございません。
廃棄物を野外焼却することは、法律や県条例等で禁止されておりますが、農業を営むためにやむを得ないものとして行われる、稲わらやもみ殻の焼却等は例外的に認められております。
吉川市では、市面積の約3分の1を水田が占めており、収穫期の9月頃は、稲刈り後のもみ殻を焼却することが多くあります。各農業者によって作業の進捗が異なり、事前に周知することについては難しい状況ではありますが、市では、周辺への影響に配慮して時間帯や風向き等を考慮して焼却するようお願いをしているところです。今後におきましても、市広報やホームページ等を通じ、一層周知してまいります。
なお、不法な焼却行為を確認された場合は、平日昼間の時間帯であれば市役所環境課(048-982-9698)、夜間又は土日祝日は、吉川警察署(048-958-0110)、吉川松伏消防組合消防本部(048-982-3931)まで、焼却現場の状況などについてお知らせくださるようお願いいたします。

担当課

農政課、電話、048‐982‐9482

 

ムクドリについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年7月22日受け付け)
ムクドリについてです。夕方以降から夜中にかけて鳴き声がすごく眠れません。糞がたくさんあるのも気になります。どうにかならないでしょうか?また、市ではどのように対策をしてくれるのか、清掃やムクドリの撃退法について教えて下さい。

回答内容

(平成26年7月29日回答)
市では、ムクドリが嫌がる「忌避音」を大音量で放送し、ムクドリのねぐらとなっている街路樹の枝を強度に剪定するなどの対策をとっております。また、ふんによる道路の汚れについては、道路管理者に清掃の依頼をしたところです。しかしながら、自然の生き物を相手にしている以上、これらの対策も抜本的な解決策となっていないのが現状です。忌避音を放送しても近い場所に移動し、しばらくするとまた戻ってきてしまうことや忌避音自体にも慣れてしまうといった状況も見受けられます。街路樹の剪定につきましても、ムクドリが集まる場所を移動するだけにとどまるなど、有効な手段とは言い切れません。
なお、ムクドリにつきましては「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」によって守られており、捕獲や駆除などの手段については、人や農作物への多大な被害があるなどの場合に限定的に許可されていますが、人の多く集まる駅前などで捕獲等を行うのは非常に困難となっております。
また、ムクドリの被害については、本市だけでなく全国的に問題となっておりますが、未だ有効な策は見つかっておりません。市では実施した取り組みの効果を確認しながら、今後の対応について検討してまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048‐982‐9698

 

吉川美南駅から1丁目へ続く調整池通りの虫などについて

ご意見・お問い合わせの内容

(平成26年6月2日受付)
2点あります。1つ目は吉川美南駅から1丁目へ続く調整池通り(線路沿い)の歩道ですが、小さな虫の大群が至るところにいて歩道を歩くと顔についたり口に入ったりとかなり不愉快です。薬剤散布などで駆除できないでしょうか?夕方から夜が特にひどいです。2つ目ですが、同じ吉川美南駅から1丁目へ続く調整池通り(線路沿い)にて、まだ新しいにも関わらず線路上を横断する陸橋下の柱にいたずら書きがあり、また付近にいろいろな所にもスプレーでのいたずらがあります。陸橋下の公園の街頭にもあります。歩道の距離を表す白い柱等々。これからここにマンションが5棟、一軒家が多数建つのに印象が悪くてなりません。スプレーでのいたずら書きを消して頂けないでしょうか?宜しくお願いいたします。

回答内容

(平成26年6月10日回答)
情報提供ありがとうございます。
1点目の美南1、2丁目調整池沿いの道路の虫の発生状況について、現地を確認したところ、調整池、田んぼ、空き地などから発生している状況がございました。空き地につきましては、土地の所有者に対して、適正管理をいただくよう指導をしてまいります。また、薬剤の散布につきましては、平成22年度まで希望する自治会に対して薬剤の配布を実施してまいりましたが、平成23年度に他市で誤飲事故が発生したことや薬事法に抵触するなどを理由に廃止しております。吉川美南駅周辺の調整池につきましては、美南地区に降った雨を一時的に貯留したのち、上第二大場川に排水するための治水施設となっており、排水先が河川となることから、河川に生息する野鳥や昆虫、魚などに影響を与える薬剤を散布することはできませんが、市では、調整池内に投棄されたゴミ等の清掃を定期的に実施し、施設の維持管理に努めてまいります。
2点目のいたずら書きについては、陸橋の橋脚や電気施設の配電盤等に残念ながらいたずら書きが見受けられました。特に橋脚には多くみられましたので、市でも公園等の夜間パトロールを行っているところではございますが、吉川警察に夜間パトロールの強化を依頼し、さらに、「いたずら書き禁止」等の看板を設置して注意喚起してまいります。また、いたずら書きの消去につきましても、早急に消去できるよう検討いたします。

担当課

  • 調整池に関すること、河川下水道課、電話048‐982‐9981
  • 公園などのいたずら書きに関すること、道路公園課、電話048‐982-9827

 

犬の糞について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年6月2日受付)
こんにちは。さくら通りの吉川団地のわきの道路の歩道に、また犬のふんが増えてきました。お手数ですが、また清掃をお願いします。よろしくお願いします。

回答内容

(平成26年6月9日回答)
市では不適切な行為を行う飼い主のマナー向上を図り、地域の生活環境を改善するため、業務委託により平成26年4月から「犬のマナーアップパトロール」を実施しております。
当該箇所につきましても、パトロールを実施しておりますが、現地確認を行いましたところ、多数犬のふんが放置されている状況を確認いたしました。今後につきましても当該箇所のパトロール及び、正しい飼い方の啓発を行うとともに、パトロールの時間帯をより効果的な時間に変更するなど工夫してまいります。なお、歩道の清掃につきましては、根本的対策とならないため、行う予定はございませんが、市では飼い主のマナー向上が重要と考えており、今後も粘り強く啓発活動を行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048‐982‐9698

 

野外焼却について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年5月20日受付)
●●付近の家が、庭で火を燃します。晴れた日には、ほぼ毎週日曜日、昼前後の数時間です。周辺は、部屋の中まで異臭・悪臭が入り、洗濯物は、内にも外にも干せず、不愉快、迷惑しています。何より、火事が心配です。適切な指導をお願いします。

回答内容

(平成26年5月22日回答)
ご連絡をいただきありがとうございます。
廃棄物を野外焼却することは、健康と生活環境を守るために法律や県条例で禁止されており、不法な焼却は犯罪行為となります。再三の指導に従わない悪質な場合には、懲役刑や罰金刑に処されることがあります。
実際に不法な焼却行為を実施している状況でないと指導等はできませんが、今後、不法な焼却行為を確認した際には、平日昼間の時間帯であれば市役所環境課、夜間又は土日祝日は吉川警察署または吉川松伏消防組合消防本部まで、焼却現場の状況などをお知らせくださるようお願いします。

担当課

  • 環境課、電話、048‐982‐9696
  • 吉川警察署、電話、048‐958‐0110
  • 吉川松伏消防組合、電話、048‐982‐3931

 

 

虫の駆除について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年5月20日受付)
吉川市に20年ほど住み、最近さくら通り付近に引越してきました。最近暑くなってきて繁殖期になってきたのか、洗濯物にグンバイムシがびっしり着くようになりました。さくらやつつじに付く虫かと。近くに畑もあるので、そちらの影響もあるかもしれませんが、あまりに気持ち悪いことと、こどもの足に付き普段は噛まないそうですが、樹木と思ったかチクチクすると訴えられたので心配なこともありましてご連絡いたしました。さくら通りの桜や、街路樹、植え込みなどに対して駆除をしてもらえませんか?必要でしたら周辺へのヒアリングなどもお願いします。

回答内容

(平成26年5月21日回答)
ご連絡ありがとうございます。
さくら通りの植樹におけるグンバイムシを含めた害虫に対する薬剤散布は今後実施していく予定でございます。実施時期及び実施方法につきましては、樹木の種類等によって異なりますが、グンバイムシの発生が予想されるツツジ等の植え込みについては、6月下旬から7月上旬を予定しておりましたが、状況を確認したうえで、薬剤散布時期を前倒しすることも検討してまいります。

担当課

道路公園課、電話、048‐982‐9901

 

犬の鳴き声について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年5月7日受付)
夜勤の仕事をしているものです。犬のなき声が朝からうるさくてねていられない!!
これから網戸にするのでたまりません。犬をかっている人に注意をしてもらえないか?

回答内容

(平成26年5月13日回答)
ご意見の件につきましては、現地調査を行い、飼い主の方に適正な飼育について啓発してまいりますので、犬の所在地と鳴いている時間帯を環境課までご連絡くださいますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川市民の喫煙マナーの悪さについて

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月25日受付)
吉川市民の喫煙マナーの悪さについてですが、「イベント時の公共施設周辺における喫煙マナーをはじめ、喫煙者のマナー向上を呼び掛けて参ります」との市の環境課の返答を見ました。では、吉川市立小・中・高の運動会日や、市の主催するすべてのイベントの際には、環境課の職員が来て、直接喫煙マナーを呼び掛けてください。喫煙マナーの悪い人が沢山野放し状態になっているので、イベントごとに環境課職員が来て、直接注意して回って下さい。今まで環境課がやっていた喫煙マナー周知活動では現在のところまったく効果が得られていません。喫煙マナーが悪い人たちが大勢来る現場に、市の担当職員が直接足を運んで下さい。マナーの悪い人たちにその場で直接注意して、初めて「迷惑喫煙防止活動」といえるのではないでしょうか。

回答内容

(平成26年3月5日回答)
ご意見いただきました件につきまして、すべてのイベントに環境課の職員が参加することは、難しい状況ではございますが、来場者が多いイベント等の機会をとらえて現地を確認し、状況把握と啓発に努めて参ります。また、イベント時の公共施設周辺での喫煙マナーにつきましては、来場者への注意喚起をするよう教育委員会へ再度依頼したところでございます。今後も継続して喫煙マナー向上に取り組んで参りますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982‐9698

 

さくら通りの犬の糞について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月21日受付)
さくら通りの犬の糞についてです。以前もお願いしましたが、5街区18号棟の脇の、さくら通り道路の団地寄り交差点付近ですが。今年になって、犬の糞が増えてきましたお手数ですが、又対応をお願いします。お手数お掛けしますがよろしくお願いします。

回答内容

(平成26年3月3日回答)
市では、平成25年7月1日に当該箇所へふんの放置防止の啓発看板を設置して以来、何度か現地確認を行ってまいりました。現地確認の際には犬のふんは確認できず、一定の効果があったと認識しておりました。しかし、この度ご相談いただき現地を確認したところ、ご指摘いただいた状況が再度見受けられましたので、これまで行ってきた啓発看板での周知だけでなく、さらに飼い主へのマナー向上を進めていく必要があると考えています。
市では、平成26年4月から業務委託により「犬のマナーアップパトロール」を開始いたします。これは不適切な犬の飼い方を行う飼い主に対して、適正な飼い方の情報提供と啓発を行うものです。現在は、ふんの放置箇所の調査を行っているため、パトロール員に当該箇所のふん害について情報提供をさせていただきます。

担当課

環境課、電話、048‐982‐9698

 

中川河川敷の穴について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月25日受付)
お世話様です。これは建設省かも知れませんが、中川河川敷(高富水道橋南側)に30センチ直径の深い穴(約1メートル)が開いております。 これは先日の大雪の後に出現したもので、地質調査(その穴です)の後に十分に埋め戻しておかなかったのが原因でしょう。3月に入り草が生えて覆われてしまったら大変危険と思います。対処の程、よろしくお願いいたします。

回答内容

(平成25年2月26日回答)
ご指摘いただいた中川堤防の穴については、直ちに現場を確認し、緊急性を確認しましたので、応急補修を行いました。
また、中川を管理する国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所中川出張所に対しては、地質調査が原因となった可能性を踏まえた現場確認を要請いたしました。中川出張所からは至急現場を確認する旨、回答を受けております。今後もお気づきの点がございましたら、ご一報くださるようお願い申し上げます。

担当課

河川下水道課、電話、048‐982‐9981

 

憤慨(糞害)しない吉川市のために(犬専用、糞水洗トイレ、ポイポスト設置)

ご意見・お問合せの内容

(平成26年2月19日受付)
吉川市民は、他市よりも、犬、大好き人間が大勢だ。愛犬と散歩している姿はとても楽しく、その顔は大変明るい。又、幸福そのものだ。マナーバッグも、しっかりと身に付けて、格好は最高だ。心はどうだ。真逆で非常に汚ない。自分さえよければ人はどうでもいい、環境破壊だ。犬の糞の置きみやげ、なんと量の多い事。憤慨(糞害)した。気持沈む。マナー日本一を目指している吉川市民の一人として提案した。世界に吉川市だけにある、犬専用、糞水洗トイレ、ポイポスト設置!!設置費用は広く募金運動でまかなう。設置場所は、公園内(周辺)。子供達の夢、笑顔なくさないために。

回答内容

(平成26年2月28日回答)
ご指摘いただきました問題につきましては、市では犬の飼い主に対して、責任を持って糞を持ち帰るよう促すことが重要と考えており、飼い主のマナー向上に向けた取り組みを進めております。
これまで、広報や啓発看板の配布を通じて飼い主のマナー向上を図ってまいりましたが、より積極的に個別の啓発を行うため、業務委託により「犬のマナーアップパトロール」を開始いたしました。これは不適切な犬の飼い方を行う飼い主に対して、適正な飼い方の情報提供と啓発を行うものです。現在は犬の糞の放置箇所の調査を実施しており、パトロールについては平成26年4月から平成27年1月まで実施する予定です。
ご提案いただきました糞水洗トイレ・糞の回収ボックスの設置につきましては、まずは犬の飼い主に対する働きかけを優先して進めてまいりたいと考えております。働きかけの結果を踏まえ、さらに踏み込んだ対策が必要な場合にはご提案いただいたものも含め、検討させていただきます。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

設備等について

ご意見・お問合せの内容

(平成26年1月20日受付)
●●から出る細かい粉じんは空気、環境を汚し人体への危険性もある。屋根を設け、空気を循環させる際はフィルターを通すべきだと思います。あたりは粉まみれで目や喉が痛くなる。住めなくなる環境破壊をしています。調べたらすぐに分かります。屋根、フィルターの設置を義務付けてください。

回答内容

(平成26年1月23日回答)
ご意見を頂いた件につきまして、当該事業所の状況を確認するとともに、事業者に話を伺って参りました。当該事業所では、積荷の積み下ろしで屋外作業をすることはあるが、破砕作業など粉じんが飛散するものについては屋根を設置した施設内で作業を行い、屋外においても粉じん飛散防止のため、散水を実施しているとのことでした。また、現地を確認した際にも、屋内作業、散水が実施されており、粉じんは飛散していない状況でした。
今後につきましてもパトロールを実施し、粉じんが飛散している状況が確認できた際には、当該事業所に指導をして参ります。

担当課

環境課、電話、048‐982‐9698

 

犬の糞除去に対する取り組みにつきまして

ご意見・お問合せの内容

(平成26年1月6日受付)
昨年、NHKで取り上げられていましたが、高砂市のイエローカードによる放置され糞の監視と除去、その状況の記録を取ること等により飼い主への啓もうを行うという取り組みが、効果をあげているとの内容でした。市としてはこのような活動の研究、その導入等検討されておりますか。現在設置されているようなプレートでは、効果が薄く、より積極的な対策が必要と思われます。

回答内容

(平成26年1月14日回答)
犬の糞の放置につきましては、これまでも犬の飼い主マナーアップを目的に広報などにより飼い主全体に向け、適切な飼い方を啓発してまいりましたが、いまだに一部の心ない飼い主により不適切な行為が行われる現状にあります。
そこで、不適切な飼い方を続ける飼い主に対しては、より積極的に個別の啓発を行うことで飼い主の自覚と責任を促し、マナーアップをはかるため、平成26年2月から平成27年1月までの期間で道路や公園など市内の公共の場所においてパトロールを実施し、糞の放置、散歩用具の不携行、リード(綱)の不携行を行う飼い主に対して適切な飼い方の情報提供と啓発を行うとともに、他市町村の事例についても研究をしてまいります。

担当課

環境課、電話、048‐982‐9698

 

野焼きについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年10月30日受付)
近所の野焼きについての質問です。
うちのまわりは、畑が多く、いろいろなところで野焼きが行われているようです。
一番困るのは夜です。何時くらいにやってるのかわかりませんが、臭いが残り、残り香が窓を開けると入ってきて不快です。
洗濯物に臭いがついてしまうこともあります。
農家で畑を燃やさなければならない場合など、一部を除き、野焼きや、ただゴミや草を燃やす人など、全面的に禁止にはできないものでしょうか。

回答内容

(平成25年11月12日回答)
ご連絡をいただき、ありがとうございます。
廃棄物を野外焼却することは、健康と生活環境を守るために法律や県条例等で禁止されております。不法な焼却については犯罪となり、再三の指導に従わない悪質な場合には、懲役刑や罰金刑に処される場合があります。
ただし、農家が害虫駆除のために稲わらを焼却することなどについては例外的に認められており、市では近隣住民への影響を十分に配慮し、時間帯や風向き等を考慮して焼却するよう要請しているところです。今後におきましても、田畑での焼却による住宅への環境被害の防止に関しまして、農事組合長会議などを通じ、各農家へチラシの配布などを行いまして、一層周知してまいります。
なお、不法な焼却行為を確認された場合は、平日昼間の時間帯であれば市役所環境課、夜間又は土日祝日は、吉川警察署、吉川松伏消防組合消防本部まで、焼却現場の状況などについてお知らせくださるようお願いいたします。

担当課

  • 環境課、電話、048‐982‐9696
  • 農政課、電話、048‐982‐9482

 

喫煙マナーについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年10月16日受付)
吉川市は、50代以上の年齢層の喫煙マナーが特に悪すぎる。市内中、どこだろうがお構いなしに喫煙するし、ポイ捨てする。別の方も何人か意見していたように、集団で歩きながら喫煙する。防犯活動で集まり、集会所内でモクモクと煙を上げる臭いが建物に染みついてひどい。お祭りでもくわえタバコで綿菓子を作る。タバコ臭いにおいの染みついた綿菓子を子供たちに配る。また、横断歩道のない所で急に出てきて車の前を横切る行為・自転車の無灯火と逆走・立ち小便をするなど、環境や周りの人への配慮が皆無。自分の出したゴミも拾わないような●●にはマナーを再認識させ、他人がどのような行為を不快に思うか再教育した方がよい。

回答内容

(平成25年10月25日回答)
喫煙のマナーにつきましては、喫煙者一人一人の意識を変えることが重要であると考えております。市では、吉川駅前で喫煙マナーに関する啓発物資を配布する喫煙マナーアップキャンペーンや、広報、ホームページを通して、喫煙者にマナー向上を呼び掛けております。今後も引き続き、喫煙者のマナー向上の啓発に努めてまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

騒音について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年9月30日受付)
騒音がひどいです。ほぼ毎日、金属を叩くような音や、金属を電動のこぎりで切断しているようなギリギリという騒音がします。以前も市に対応していただき、「操業時間は8時30分から17時で、操業時間外は作業をしないよう心がけている」と確認をとっていただき、「近隣には住宅が多いため、作業等の際は騒音等が発生しないよう近隣に特に配慮しながら行うよう指導」していただいたとのお話だったはずなのですが…。明らかにその操業時間外にも騒音がしますし、その騒音もとてもうるさいです。夜勤から帰ってきた家族が、眠れないと困っております。近隣に住宅がある中でする作業ではないと思います。市として対応を宜しくお願い致します。

回答内容

(平成25年10月9日回答)
市では、10月3日に再度ご指摘の事業所を訪問してまいりました。作業状況等について再度確認をしたところ、訪問時は金属を加工する作業は行っておりませんでしたが、先日18時頃に作業をしてしまったことがあり、警察からも注意を受けたため、作業員に操業時間内の作業等ルール順守を徹底するよう再度確認したとのことです。市からも作業をする際は、作業時間、騒音等について近隣に配慮するよう指導してまいりました。今後はパトロールを行い、継続監視してまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

ペットのフンの後始末について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年8月23日受付)
吉川市では、あちこちにペット(特に太)のフンがみられる。散歩中の飼主の中には手ぶらの人も多くみられる。街の美観や衛生の観点からも、フンの後始末をするという飼主の最低限の責任を明確にするペット条例といったものを制定する必要があるのではないでしょうか。
 

回答内容

(平成25年9月4日回答)
市では吉川市環境保全条例の第55条において、飼い主は飼育している動物のフンにより公共の場所を汚した時に、直ちに適正な処理をすることと定めています。
また、市では飼い主に対するマナー向上の啓発として「吉川ワンだふる倶楽部」を設立し、会員にご登録いただいた飼い主にマナーバックの携行、ふんを持ち帰るなどの取組にご協力をいただいております。この他、犬のしつけ方教室の開催や広報、啓発看板等の設置を通じて、飼い主への周知を行っています。今後につきましても、犬の飼い主のマナー向上のための啓発を引き続き行ってまいります。
 

担当課

環境課、電話、048‐982-9698


 

水道料金について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年7月19日受付)
吉川市の水道料金が近隣市町に比べて割高なのはどうしてですか?理由を教えてください。内訳も詳しく教えて下さい。

回答内容

(平成25年7月31日回答)
各市町の水道料金は、それぞれの歴史、地形、水源などが違うことから、水道水の供給に要する費用により異なっています。当市の場合、昭和48年までは地下水だけで足りていましたが、その後、人口の増加により、新たな水源の確保が必要となりました。新たな井戸を掘り地下水を確保することは地盤沈下が進むことから、水源の大半を埼玉県企業局からの受水によって賄っており、その購入費の割合が費用全体の31.9パーセントを占めているため1立方メートル当たりの供給単価が高くなっております。 なお、一概に比較できませんが、一般家庭の1ヶ月平均使用量20立法メートル使用した場合を近隣市町と比較しますと、当市と草加市は、税抜きで2,250円、三郷市1,950円、越谷松伏水道企業団と八潮市は、2,550円と2,750円となっており近隣市町の平均と、ほぼ同水準となっております。今後におきましても、災害などの非常時に備え自己水源の維持・確保を図るとともに安全でおいしい水の安定供給に努力してまいりますので、何卒、ご理解いただけますようお願い申し上げます。 

担当課

水道課、電話、048‐982-7711

 

吉川駅前の喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年7月10日受付)
JR吉川駅前のにある路上喫煙所。煙害がすごいですが、厚生労働省は公共的な場所での全面禁煙を求める通知を出しています。JTへの占有許可は何年ごとの更新ですか?次回はJTとの占有許可継続はしない考えですか?せめて完全密閉型にして下さい。

回答内容

(平成25年7月26日回答)
スタンド灰皿につきましては、平成25年から5年間設置することで、市とJTで覚書を締結しております。なお、スタンド灰皿は歩行喫煙者数の減少等、分煙に一定の効果が上がっておりますので、現時点では撤去の予定はございませんが、今後も引き続き、受動喫煙防止対策のため広報やホームページにより喫煙者のマナー・モラル向上を呼びかけて参りますので、ご理解をいただけますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048‐982-9698

 

吉川美南駅の自転車駐車場の月額料金について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年7月9日受付)
吉川美南駅の自転車駐輪場の月額料金が高すぎます!東京都内や周辺駅をみてもこのような高い料金はあまりないと思います。今後駅周辺の開発が進み、住民も増えて高額料金のために放置自転車も出てくると思います。月額料金の値下げ、長期契約の値下げ等の検討よろしくお願いします。

回答内容

(平成25年7月19日)
吉川美南駅西口の自転車駐車場につきましては、平成24年3月の吉川美南駅開業に合わせて設置され、無料でご利用いただいていましたが、収容台数を大きく超える状態となり、そのままの利用状態では、盗難車両の投棄や駅周辺への放置など環境悪化の恐れが出てきたところから、市へ施設が移管された後に、駐車台数を拡大するとともに適正管理を行うための屋根の増築、管理棟の工事を行い、整理員を配置して平成25年4月から有料化したところです。
その使用料につきましては、吉川市が吉川駅及び吉川美南駅における自転車駐車場管理運営事業を行うための経費や市内の民間自転車駐車場の料金とのバランスを考えて設定しているところです。
このようなことから、ご意見をいただいた値下げにつきましては、今のところその考えはございませんので、ご理解をお願いいたします。

担当課

市民安全課、電話、048-982-9471

 

桜通りの歩道の糞害について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年6月12日受付)
桜通り歩道の糞害について、サクラ通りの歩道ですが、このところ犬の糞がひどく、困っています。目が届かないところなので、日増しにどんどん増えています。何か対策を立てていただけますでしょうか?

回答内容

(平成25年6月20日回答)
ご意見いただきありがとうございます。
現地を確認したところ、ご指摘を頂いたような状態が見受けられましたので、付近にふんの放置防止に一定の効果が見込める啓発看板を設置してまいります。
また、市ではふんの持ち帰りや清掃の取り組みを行う「吉川ワンだふる倶楽部」の会員募集や広報等での啓発活動を継続し、犬の飼い主のマナー向上に努めてまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

産業廃棄物処理業者の受け入れについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年5月29日受付)
戸張市長はなぜ、屋根なしで操業するような産業廃棄物処理業者をあのような場所に受け入れたのですか。近隣に住んでいる住民の生活への迷惑を考えなかったのですか?狭い道路にはみ出しながら往来する産廃業者の大型トラックの振動と土埃のひどさ。おかげで喘息のような咳が出て止まりません。戸張市長自身が、産廃物処理場の近くに住んでみればよい。

回答内容

(平成25年6月7日回答)
産業廃棄物の処理を行うにあたりましては、あらかじめ知事の許可を得る必要がございますので、埼玉県において、法律や条例で定められた基準等に基づき産業廃棄物処理施設設置及び産業廃棄物処理業の許可をしています。
また、市では市環境保全条例に基づき、事業者に対して地域への説明会を開催するよう義務付けております。事業者には、この機会を通して地域住民の意見を取り入れ、周辺の環境に配慮した事業を実施するよう指導を行った上で、環境保全協定を締結しております。

担当課

環境課、電話、048-982-9696

 

吉川美南駅周辺の店について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年5月27日受付)
吉川美南駅前には店が一軒もないです。駅前は一等地のはずで一軒も店がないのは異常です。コンビニすらありません。企業も逃げ出すほど吉川美南地区は人気がないのでしょうか。店ができるのなら、いつできるのか教えてください。

回答内容

(平成25年6月4日回答)
ご意見をいただきました「吉川美南駅前の店舗」についてでございますが、駅の西側につきましては、独立行政法人鉄道運輸建設・運輸施設整備支援機構が施行いたしました「武蔵野操車場跡地地区土地区画整理事業」が昨年11月に終了し、現在、事業地内の宅地を購入した開発事業者が、住宅や商業施設などの一体的な開発を行っておりますので、今後、駅前にふさわしい店舗が立地するものと思われます。
また、駅の東側地域につきましては、吉川美南駅と一体となったまちづくりを進めるため、土地区画整理事業の事業化に向けて、関係機関との調整を行っているところでございます。

担当課

都市計画課、電話、048-982-9903

 

騒音について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年5月13日受付)
騒音が酷いです。 常に聴こえてくるのは金属を叩いたり切断したりしているような不快な騒音と、若者あるいは中年の男性の騒ぎ声。 毎日不快な思いをさせられていますが今日は特に騒音が酷いので報告させていただきました。 彼等はいったい何をやっているのでしょうか。近隣住民への嫌がらせ? ここまで大きな騒音が発生する作業を、住宅街で、しかも屋外で行うというのは常識はずれでしょう。 市のほうで対応を宜しくお願い致します。

回答内容

(平成25年5月21日回答)
ご意見を頂きました騒音につきまして、5月13日にご指摘の事業所を訪問したところ、金属を加工するような作業は行っていないとの話を伺っております。まれに車の修理を行うため、その作業音が響いているのではないかとのことでした。また、操業時間は8時30分から17時で、操業時間外は作業をしないよう心がけていると伺っております。なお、訪問した際に、近隣には住宅が多いため、作業等の際は騒音等が発生しないよう近隣に特に配慮しながら行うよう指導してまいりました。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

木売落しについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年5月7日受付)
週に4回くらいランニングをしていて、ランニングコースに二号半用水(道路側でなく、住宅側の雑草が生い茂っている川です。川幅は大きいが、水の流れが少なく、時には水が行ったり来たり、逆流しているときがあります)の側道を約1km走りますが、最近どぶ川と化し臭ってきています。当然魚は住める水質では無く、吉川には相応しくないと思います。常時水を流せば改善するはずだが、何で出来ないのでしょうか。

回答内容

(平成25年5月17日回答)
ご意見ありがとうございます。今回ご意見をいただいた水路は木売落しという名称の排水路で、台風や集中豪雨時の冠水を防ぐための雨水排水を目的とした排水路の幹線となっております。このため、雨水排水以外の水を導水し常時流すことは水害対策上、支障となることから実施しておりません。
水質に関しましては、特に下水道未接続家庭からの生活雑排水の流入やゴミのポイ捨てなどで水辺の環境悪化が懸念されています。市では下水道未接続家庭に対し、下水道接続のお願いを実施しているほか、毎年、10月と3月に市民ボランティアを募り木売落としの清掃を行っています。また、5年程前から雨の少ない冬季に限り二郷半領用水路の用水の一部を二ヶ所から木売落しへ流入させ滞水しないよう対策を行い、環境改善に努めており、水質は僅かではありますが改善の方向に向かっております。なお、市ホームページ「市内小河川のBOD」では、市内の河川及び水路の水質調査結果を掲載しております。

担当課

河川下水道課、電話、048-982-9981

 

吉川駅前の喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年4月25日受付)
JR吉川駅前の喫煙所はりそな銀行側に移したほうがバスの乗降客の害にならなくていいと思います。駅前ロータリーのりそな銀行側に空いているスペースがあるのでそちら側に密閉した空間(ガラス張りでも可)でJTに造りなおさせる。あの場所に喫煙所があるせいで風向きによってはバス待ちの人にも煙が流れてきたり、喫煙場所から少し離れたところでも吸っている喫煙者がいて迷惑です。

回答内容

(平成25年5月8日回答)
吉川駅前の喫煙所につきましては、歩行喫煙の防止や喫煙者のマナー向上のため、分煙、周辺への影響等を考慮し、JT等と協議を行い現在の場所に設置したものです。これまでもプランターによる区分けや喫煙マナーアップパトロール等により、受動喫煙防止の対策に努めてきたところですが、設置条件や設置場所の理由からご指摘のとおり完全な分煙は難しいところです。
灰皿の移設や撤去につきましては、これまでも市に対して複数のご意見をいただいている状況を踏まえ、今後は、灰皿の移設について、JTなどと必要な協議を進めてまいります。
なお、移設までの間につきましては、広報やホームページ、パトロール等により、喫煙者のマナー・モラル向上を引き続き呼び掛けて参りますので、ご理解をいただけますようお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

喫煙やペットを飼う際のマナーについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年4月25日受付)
家の周辺を掃除したり、ゴミ拾いを行っていますが、毎回必ずタバコがポイ捨てされています。うちの庭の中にも吸い殻がポイ捨てされており、タバコを吸う人のマナーの悪さと犬のフンを放置して帰る飼い主のマナーの悪さに呆れます。歩きタバコとポイ捨て、犬のフンの不始末をした人には罰金を科したら良いです。それだけ他人に迷惑をかけているので迷惑料を必ず取った方がよいです。

回答内容

(平成25年5月7日回答)
喫煙のマナーにつきましては、喫煙者自身のモラルが向上しない限り解決しない問題であり、吸殻のポイ捨てが街の美観を損ね迷惑な行為であることを喫煙者に認識してもらうことが重要であると考えます。今後は、7月から実施予定の喫煙マナーアップキャンペーンや広報等の啓発活動を通して、喫煙者のマナー向上に努めてまいります。
犬の飼い主のマナーにつきましては、喫煙のマナーと同じように犬の飼い主が犬のふんの不始末を迷惑な行為であると認識することが必要と考えます。このようなことから、市では、飼い主に対するマナー向上を目的に、ふんの持ち帰りや清掃の取り組みにご協力をいただく「吉川ワンだふる倶楽部」の設立や啓発看板の設置、広報等による啓発を行っております。
罰金を科すことにつきましては、市の環境保全条例でふんの処理等の命令に従わない場合に3万円以下の罰金を処する規定を設けておりますが、この罰則の適用は、継続的な指導にも関わらず従わない悪質な場合を考えており、まずは、吉川ワンだふる倶楽部の普及と広報等による啓発によりマナー向上をはかることが重要と考えております。今後につきましても、犬の飼い主のマナー向上のための啓発を引き続き行ってまいります。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

犬を飼う際のマナーについて

ご意見・お問合せの内容

(平成25年4月10日受付)
近所の飼い犬が家の塀におしっこをかけていきます。飼い主はリードも付けずに犬を自由に徘徊させています。小型犬です。たかが塀といえども私どもの財産です。リードをつけてもらうように指導していただきたい。

回答内容

(平成25年4月19日回答)
ご意見をいただきました、犬を飼う際のマナーにつきましては、4月18日に対象のお宅を訪問したところです。確認の結果、対象の飼い犬は本年の2月に亡くなったとのことでした。また、これまで飼い犬の散歩の際には、リードの装着等を行い、正しいマナーのもと飼養されていたとうかがったところです。
現在、市としては、飼い主への広報や啓発看板の設置により周知を行うとともに、飼い主のマナー向上を目的に設立された「吉川ワンだふる倶楽部」へ登録いただき、ふんを持ち帰るなどの取り組みにご協力をいただいております。今後につきましても、飼い主のマナー向上のための啓発を引き続き行ってまいります。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698

 

吉川駅前の喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年3月11日受付)
JR吉川駅前の喫煙所があることを大多数の市民は不快に感じていると思いますが、JTにしてやられたんではないですか?市の説明だとタバコを販売する側(より多くの喫煙者を優遇したい側)と協議の上その場所に決めた。等ととぼけた回答をされてますが、市の主導でもっと煙害が及ばない場所にもできたはずなのにあれでは通行人が煙を吸ってしまいます。JTに完全に密閉された空間に造り直すよう注文を出すべきです。実際に駅前の喫煙所はそのようにしてある駅が増えています。

回答内容

(平成25年3月15日回答)
吉川駅前の喫煙所につきましては、協議において、通行の妨げにならないこと、喫煙所が利用しやすく分煙が図られるような場所であること、喫煙所の設置により商業経営に影響が及ばないことなどを考慮し、現在の場所に設置したものです。また、喫煙所を建物化することにつきましては、通行の妨げとなることなどから設置は困難であると考えておりますが、喫煙所の移動について今後検討していきたいと考えておりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698

 

犬のフンの処理について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年3月11日受付)
うちは川野という場所に住んでおります。周りには公園や桜並木などもあり、とてもよいのですが、公園や公園の周り、桜並木の脇などに犬の糞が多すぎる、と感じます。このあたりはきよみ野を含めて、小さい子供が多くおり、とても不潔ですし、汚らしいです。散歩のついでにおしっこをさせたり、衛生的ではありません。 糞の処理、おしっこのあと水を流す、等していただけない方は犬を飼う資格さえないと感じています。 私の子供たちや子供たちの友達も何度か犬の糞をふんでしまっており、困ります。 なんとかならないものでしょうか。

回答内容

(平成25年3月13日回答)
ご意見をいただきましてありがとうございます。ご指摘のありました、犬のふんの放置等につきましては、飼い主の方への広報や啓発看板の設置により周知を行っているところです。また、飼い主の方のマナー向上を目的に設立された「吉川ワンだふる倶楽部」へ登録いただき、環境課で配布するマナーバッグを使用してふんを持ち帰るなどの取り組みにご協力をいただいております。今後についても、飼い主の方のマナー向上のための啓発を継続して行ってまいります。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698

 

公園及び路上での喫煙について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年3月6日受付)
小学生児童の登下校時に、タバコを吹かしながら児童を見ている年配の男性教諭がいました。「吸うな」とは言いませんが、病中・病後の児童もいることから、時と場所をわきまえるべきです。児童の保護者の中にも、学校周辺(特に公園)で平気でタバコをスパスパ吸って、ポイ捨てして帰る大人たちがいますが、持病を持つ子供たちへの配慮に欠けるうえ、非常識だといつも感じ、怒りを覚えます。親子ともども煙たい思いをして、不愉快な気持ちでいっぱいになりました。公園及び路上での喫煙(特に学校周辺)は、全面禁煙区域に指定してほしいです。

回答内容

(平成25年3月15日回答)
ご意見をお寄せいただきありがとうございます。
今回いただきましたご意見につきましては、市内の学校に伝え、喫煙のマナーの向上に努めてまいります。
また、公園内での喫煙につきましては、その多くは可能な空間として供用しておりますが、栄町にこにこ公園では、公園整備前に行いました地元説明会において、「公園内を禁煙にしたい」とのご意見から、当該公園の制札板に「公園内での喫煙はやめましょう」の表示をしたところでございます。市では、各公園の制札板や広報により、タバコを含めゴミは各自で持ち帰るよう利用者に周知しているところですが、一部の利用者のマナー違反により、他の利用者が不快な思いをしていることも事実でございます。今後につきましては、広報やホームページ、パトロールなどにより、喫煙者のマナー・モラル向上を引き続き呼び掛けて参りますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。

担当課

  • 学校に関すること、学校教育課、電話、048-984-3564
  • 喫煙に関すること、環境課、電話、048-982-9698
  • 公園に関すること、道路公園課、電話、048-982-9901

 

吉川駅前の喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年1月18日受付)
ご返答、ありがとうございました。 ご質問とお願いがございます。 この喫煙所の維持・管理費は年間いくらかかっているのでしょうか? また、お願いとしては、現在の喫煙所が本当に大多数の市民が欲しているものなのかどうかを調査していただけないでしょうか。迷惑している人の方が圧倒的に多いと感じています。 以上よろしくお願いします。

回答内容

(平成25年1月30日回答)
喫煙所の維持管理費につきましては、平成21年度より実施しております埼玉県緊急雇用対応事業を活用した、「吉川駅前喫煙マナーアップパトロール」業務の一環として灰皿清掃を行っておりますので、喫煙所のみに対する維持管理費はございません。なお、現在設置されている灰皿や樹木を含むプランターなどにつきましては、日本たばこ産業株式会社の負担により設置したものとなっております。喫煙所の要望の調査につきましては、現在のところ実施の予定はございませんが、皆様のご意見を頂戴しながら、検討してまいります。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698

 

産廃業者受け入れ反対の署名について

ご意見・お問合せの内容

(平成25年1月15日受付)
環境が汚染される為、産廃業者受け入れ反対の署名が沢山集まっていた。しかし署名を県に提出する際、市長が不手際を働いている間に認可が下りてしまった(故意か?)。←上記に関しての経緯を詳しく教えてください。市長が何か不正を働いていたということなのでしょうか?

回答内容

(平成25年1月16日回答)
御質問頂きました内容について回答いたします。まずはじめに署名の対応につきましては、市長が不手際を働いたという事実はございません。次に署名の提出と許可の経緯につきましては、署名を集められた方々が直接県へ提出し、許可の前に受理されたことを市が確認しております。
最後に環境の配慮につきましては、県では署名の受理を踏まえた上で、法律や条例で定められた基準等に基づき産業廃棄物処理施設設置及び産業廃棄物処理業の許可をしています。市としましては市環境保全条例に基づき、関係住民の皆様からの御意見を拝聴するため、繰り返し地域説明会を開催し、事業者には住民意見を取り入れた環境に配慮した事業を実施するよう指導を行い、環境保全協定を締結しております。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9696

 

吉川駅前の喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年12月19日受付)
吉川駅前に喫煙所が設置されていますが、何のために設置しているのでしょうか。非喫煙者の方が圧倒的に多い中、あの煙害は耐え難いです。喫煙所の維持管理にかかるコストの削減の意味からも喫煙所の撤去を強く望みます。 (南越谷にあった喫煙所も今は撤去されています)

回答内容

(平成24年12月28日回答)
この度はご意見をいただきありがとうございます。吉川駅前の喫煙場所は、歩行喫煙の防止や喫煙者のマナー向上のため、分煙、利便性、周辺への影響等を考慮し、日本たばこ産業株式会社等と協議を行い、現在の場所に設置したものです。また、喫煙場所設置後もプランターによる区分けや喫煙マナーアップパトロール等により、受動喫煙防止の対策に努めております。喫煙場所設置後には、たばこのポイ捨てや歩行喫煙者の減少といった一定の効果が上がっておりますので、現在のところ撤去や移設は予定しておりません。受動喫煙防止のため、広報やホームページ、パトロール等により、喫煙者のマナー・モラル向上を引き続き呼び掛けて参りますので、ご理解をいただけますようお願いいたします。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698

 

市の農村風景について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年12月25日受付)
市のあり方として更なる都会化や交通の便を強く望む方もおられ、それを無視して良いとも思いませんが、吉川の農村風景は今や東京近辺では希少な存在であり、観光価値もあると考えます。吉川の農村風景は貴重な「文化遺産」なのだという認識の下に、今後も充分に保護していって欲しいと思います。

回答内容

(平成24年12月27日回答)
この度は、吉川市のまちづくりについてご意見を頂き、ありがとうございます。ご意見にございます吉川の農村風景を充分に保護することについてですが、吉川美南駅周辺に象徴される宅地開発と同等に、重要なことであると認識しております。そこでまちづくりの方針であります吉川市都市計画マスタープランの土地利用構想において、吉川の北部地域や東部地域の広範囲を農地及び集落地ゾーンに位置付け、現況の土地利用を基本的に継承しつつ、営農環境や生活環境の維持保全を図ることを定めています。吉川市としましても、「吉川の原風景」といえる農地と屋敷林・社寺林や水路が一体となった田園風景は吉川市らしさを形成する重要な要素であるため、今後も維持・保全に努めていく考えでございます。今後とも吉川市のまちづくりにつきまして、ご理解・ご協力をお願いいたします。

担当課

  • 都市計画課、電話、048-982-9903

 

下水道について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年9月25日受付)
9月24日から江戸川区区民から吉川市民になりますが、1件だけあります。下水道が少し良くなればと思っております。今後も吉川市民として宜しくお願いします。

回答内容

(平成24年10月2日回答)
日頃、下水道行政につきましては、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。
吉川市は、市街化区域につきましては、下水道(汚水管)の整備をほぼ完了しており、各家庭から下水道への接続は約98パーセントとなっています。また、市では広報紙やホームページ、吉川市民まつりでの下水道展など、下水道の仕組みや利用の際の注意点などの啓発に努めています。
なお、ご指摘の場所につきましてご連絡いただければ幸いです。

担当課

  • 河川下水道課、電話、048-982-9982

 

となり土地の雑草について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年8月8日受付)
となり土地の雑草が伸び、手つかずになっていいる。火災・防犯の防止のため、除去をお願いしたい。また、年に1・2度除去をしているが、刈り取られた雑草が放置され、風が吹くと、近隣に飛ぶ。持ち帰りもお願いしたい。 境界線の柵に今回はハチの巣もでき、庭にも安心してでられない(主人に駆除言ってみたが、今回だけにしてほしい)。住宅地なので、管理を徹底してもらいたい。

回答内容

(平成24年8月9日回答)
空閑地の雑草の除去につきましては、市環境保全条例に基づき、所有者や管理者に対して電話等の方法により適正管理をお願いしております。ご指摘いただいた件につきましては、本日、早速に現地を確認し所有者に対して空閑地の除草をお願いしております。今後につきましても継続してパトロールを実施し、ご指摘いただいた土地をはじめ空閑地の適正管理が図れるよう努めてまいります。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698

 

環境対応車の活用について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年7月5日受付)
環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験の協力自治体の募集 という国交省の募集に参加されてはどうでしょうか。吉川市長さんの(新たな働き方)を見たいです。流さない市制に期待します。

回答内容

(平成24年7月12日回答)
この度は貴重なご意見ありがとうございます。国土交通省による「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験の協力自治体の募集」につきましては、平成23年6月10日において締め切られており、募集は終了している状況でございます。
超小型モビリティをはじめとする電気自動車等の環境対応車の活用は、低炭素社会の実現に有効な手段の一つではございますが、現在のところ当市におきましてはこれらの設備導入の予定はございません。今後につきましては、国土交通省で上記実証実験の成果を踏まえ、環境対応車を活用したまちづくりに関するガイドラインを作成しておりますので、そちらを参考に環境対応車を活用したまちづくりの可能性について研究して参りたいと考えております。
なお、本市におきましては、環境負荷の低いまちづくりの取組の一つのとして、自家用車から公共交通機関への利用転換を促進するため、利便性の高い路線バス網の構築に取り組んでいるところです。市民の皆様におかれましても、環境負荷の低減という観点からも積極的な公共交通機関の利用にご配慮賜りますようお願い申し上げます。

担当課

  • 環境課、電話、048-982-9698
  • 政策室、電話、048-982-9445

 

吉川駅前の喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成24年3月28日受付)

吉川駅前の喫煙所で吸っている人のたばこの煙が非常に不快。喫煙所の移動をお願いしたい。とこう書くと、市の回答は「日本たばこ産業株式会社と協議を行い、(中略)現在の形にした経緯がございます」とくるが、JTはたばこを売る側の組織ですよ?よりたばこが多く売れるようになるべく駅から近いところに設置したがるのは当然じゃないですか。現状では通行の妨げにもなっているし、分煙も図られていない。風向き次第でバス停で待っている時にもたばこの煙が流れてくる。問答無用で即刻移動すべき。

回答内容

(平成24年4月27日回答)

現在の喫煙所設置についての経過につきましては、以前回答したとおりでございます。喫煙所設置後につきましては、たばこのポイ捨て件数や歩行喫煙者数は減少といった一定の効果が上がっておりますので、現在のところ喫煙所の移動の予定はございません。なお、更なる喫煙者のマナーアップを図るため、6月より喫煙マナーアップパトロールを開始するとともに、市内の環境団体及びたばこ販売協会との共同による駅前での啓発活動を実施するほか、広報やホームページなどで引き続き喫煙者のマナー・モラルの向上を呼び掛けてまいりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

  

蚊が大量に多いことについて

ご意見・お問合せの内容

(平成23年6月29日受付)

この時期、梅雨の季節を迎え、野外の植物は緑鮮やかに生き生きと生命の息吹きを感じる一方、家の中は湿気でジメジメし、カビが生えるなどうっとうしい季節となっています。特にこの時期から増えて不快なのが、寝入りに耳元でプーン飛んでくる「イエカ」やちょっと外へ出ただけであっという間に刺されてかゆくなる「ヤブ蚊」などです。近年の地球温暖化に伴い、蚊が媒介する病気には「マラリヤ」「日本脳炎」「ウエストナイル熱」「デング熱」「チクングンヤ熱」などがあります。地球温暖化に伴い、これまで日本での発生がなかった、これらの病気の流行が危惧されています。蚊の駆除、防除方法は、ボウフラ期(水中)と成虫期(空中)の両方で行わないと効果がありません。薬剤散布による駆除は簡単で効果的ですが、薬剤による人体や環境への影響が心配です。成虫対策は薬剤に頼ることがほとんどですが、一斉散布などは、近隣への影響などが心配です。吉川市の広報よしかわで「蚊を増やさないために最も安全で効果的なのが水たまりをなくすことです。身の回りで雨水などがたまっているもの(空き缶、古タイヤ、植木鉢の受け皿等)は、たまり水を取り除いて下さい。」とお知らせするだけでも、蚊を少なくさせる事が出来るのではないでしょうか。最近、個体数制御に一定効果がある成虫(雌のみ)捕獲装置が開発され、保健所でも貸し出しを行っていると広報千代田6月5日号に載っていましたが、吉川市を管かつしている草加保健所でも、そのヤブ蚊捕獲装置の貸出しを行っていますか。確認をお願いします。蚊をなくして快適な夏を迎えたいです。何卒宜しくお願いします。

回答内容

(平成23年7月12日回答)

この度はご意見をくださりありがとうございます。市では蚊の防除対策につきまして、例年自治会等に薬剤を配布し、側溝への散布を行っていただいておりました。しかし、他市で薬剤の誤飲事故が起きたことを受け、今年度は薬剤配布を中止しているところでございます。ご提案いただきました蚊の防除方法につきましては、今後広報よしかわや市ホームページで掲載を検討して参ります。なお、ヤブ蚊の捕獲装置につきましては、草加保健所に確認したところ、貸し出しは実施していないとのことです。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

  

駅前のスモーキングエリアついて

ご意見・お問合せの内容

(平成23年6月14日受付)

たばこの二次被害防止のため防止のガードをつけてほしい。雨の日もOKなように屋根もドア付きで。歩行者は二次被害で苦しんでいます。

回答内容

(平成23年6月21日回答)

この度は、ご意見を下さりありがとうございます。喫煙所を建物化することにつきましては、通行の妨げとなることから設置は困難であると考えております。また、現在の喫煙所につきましても、日本たばこ産業株式会社と協議を行い、通行の妨げにならないこと、喫煙所が利用しやすく分煙が図られるような場所であること、喫煙所の設置により商業経営に影響が及ばないことなどを考慮し、現在の形にした経緯がございますので、ご理解を頂きたくお願い致します。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

近隣の臭いで窓を開けられないことについて

ご意見・お問合せの内容

(平成23年6月13日受付)

畑などの肥料、飼料に決まりはありますか。 家の周りに畑(農業の方の物、個人で趣味でされているもの等)がたくさんあります。 この時期、夜寝る時に窓を開けたいのですが、 湿気で畑が蒸されているのか、ドブなのか、 ニオイがひどく、臭くて窓を開けて寝られません。 昼間はあまりにおいません。 決まりを作って欲しいのです。 エアコンを使うにはまだ早いです。

回答内容

(平成23年6月16日回答)

現地調査を行い、投稿者から直接内容をお伺いし、下記の通り処理しました。

【経過】
5月20日(月曜日)午後3時・午後8時、投稿者宅等の周辺の畑、用水路等を調査。周辺から匂いは感じられず、畑の堆肥(牛糞、鶏糞)やネギの野菜かす、用水は満水のため魚の死骸等もなく、匂いの原因を特定することはできなかった。
5月21日(火曜日)午後6時、投稿者宅等の周辺の畑、用水路等を調査。前日、同様、匂いは感じられず、また、匂いの原因物も発見することができなかった。
5月21日(火曜日)午後7時、投稿者本人と電話連絡がとれ、臭いの特徴について次の内容を確認。
 19日(日曜日)に自宅周辺から、むっとするような、不快な臭いを感じ、気分が悪くなり、部屋の窓を開けることができない状態が続き、困ってしまい、市役所、市民の声に投稿した。翌日、月曜日は、雨上がりで匂いもなくなり、20日、21日は窓を開けて過ごすことができた。年に4日ほど、不快な匂いを感じる。いろいろな匂いが混ざり合った、言葉では説明できない匂い。牛糞や鶏糞などの臭いとは違い、この時期(梅雨)に発生する。
 2日間の周辺調査の結果では、原因物が判らなかったことを説明。調査についての御礼を頂き、再度匂いが感じられたときに、電話連絡等のお願いを伝える。また投稿内容にあった悪臭の規制については、事業所や工場における悪臭の規制はあるが、農業肥料の使用についての規制はないこともお伝えしました。

担当課

農政課、電話、048-982-9482

 

調整区域での水道管について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年6月6日受付)

私たちの区域では、調整区域という理由で水道管を自分たちがお金を出し合って引いているのが現状です。その水道管もかなり老朽化しており、新しい水道管が必要とされています。水道課に相談をしても自分たちで水道は引くしかないと言われてしまいますが、それには多少の助成金はでますが、それだけでは足りないためかなりの自己負担額がかかってしまいます。水は重要なライフラインです。調整区域でも100年以上前からそこに住民は住んでいます。私たちの道路に公共管を引いてください。

回答内容

(平成23年6月14日回答)

当市としましては、配水管の新設や老朽管等の整備を計画的に実施しております。この度の調整区域の水道管につきましては、住宅件数の状況や給水件数が増えた事から、来年度予算計上を目指して、調整をしていきたいと考えております。

担当課

水道課、電話、048-982-7711

 

タクシー運転手の喫煙マナーについて

ご意見・お問合せの内容

(平成23年5月20日受付)

吉川駅前ロータリー内に停車している、●●●●●のタクシー運転手が客待ち中にたばこを吸っています。中には植木の植え込みに吸殻をポイ捨てしている運転手もいます。ロータリー内は禁煙のはずですので、喫煙すること自体マナー違反ではないですか?しかも勤務中ですよね?

回答内容

(平成23年5月25日回答)

駅前ロータリー内の喫煙につきましては、喫煙場所を設け分煙にご協力いただいているものです。なお、ご指摘いただきましたポイ捨てにつきましては、●●●●●を訪問し、喫煙マナーの徹底をタクシー運転手に周知していただくよう指導しました。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

吉川駅前の喫煙スペースについて

ご意見・お問合せの内容

(平成23年5月9日受付)

駅周辺は条例でタバコを吸えない所が常識のようになっていますが、吉川駅前のバスロータリーの所に喫煙スペースがあり、通り過ぎるだけでタバコの煙が臭いのですが、あの場所にするなら密閉された建物をつくって煙が外にもれないような配慮をすべきではないでしょうか?あの場所に喫煙スペースをつくった人の良識が疑われても仕方がないくらい人通りの多い所、というかバスの乗降客は必ず通る場所ですよね?喫煙スペースを他の場所に移して下さい。

回答内容

(平成23年5月11日回答)

この度は、ご意見をいただきありがとうございます。現在の喫煙所につきましては、通行の妨げにならないこと、分煙が図られるよう喫煙所が利用しやすい場所であること、また、喫煙所の設置により商業経営に影響が及ばないことなどを考慮し、日本たばこ産業株式会社等と協議を行い、現在の場所に設置したところでございます。喫煙所設置後につきましては、たばこのポイ捨てや歩行喫煙の減少といった一定の効果が上がっておりますので、現在のところ喫煙所の移動の予定はございません。また、喫煙所を建物化することにつきましも、常時通行の妨げとなることなどから設置は困難であると考えておりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

中川水管橋近くでのゴルフ練習について

ご意見・お問合せの内容

(平成23年1月14日受付)

非常に迷惑をしている事がございまして書かせていただきました。新中川水管橋の真下の土手で毎週土曜日、日曜日になりますと、ゴルフボールをゴルフのドライバーかアイアンで三郷方面に向けて打っている悪質きわまりない方がいて困っています。普段私自身も週末になると、この土手を長い時間ランニングをしたり、ウォーキングをしたり、体操をしたりして、体を動かすのに最適な場所としてよく使わせていただいています。是非、お願いします。土手でのゴルフボールを打つ行為を辞めさせるよう、国土交通省の職員さんや市民安全課さん、自治会さんなど週末土曜、日曜を特に重点的にパトロール、巡回、看板設置等を含めた対応をしてくださいますようお願いします。ゴルフボールが目や頭にもし、当たってしまったら、とりかえしのつかないことになると思います。市民一人一人が安全で安心して利用できる土手にしてくださいますよう、何卒よろしくお願いします。

回答内容

中川水管橋近くでゴルフの練習をしている中川河川敷につきましては、国土交通省江戸河川事務所中川出張所が管理をしております。中川出張所に今回の内容を説明したところ、下記のとおり回答を受けたことを報告いたします。

  • 河川の安全・機能管理や利用マナーの監視のため定期的なパトロール実施しています。
  • 河川敷の利用については、みなさんが安全にご利用いただけるよう、危険な行為を確認したときには注意をしています。
  • 中川に関してお気づきの点があれば、中川出張所までご連絡をお願いします。

なお、市といたしましても、当該行為を見かけた際には、注意を促してまいります。

【お問合せ:中川の河川管理】
国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所 中川出張所 管理係
住所、越谷市越ヶ谷4-2-41
電話、048-962-2634、ファクス、048-965-8482

担当課

河川下水道課、電話、048-982-9981

 

田んぼを埋め立てないでほしい

ご意見・お問合せの内容

(平成22年12月1日受付)

田んぼは私たちの夢がつまっています。僕らの身近な友達は田んぼにどんな生き物がいるのか知りません。僕たちは吉川市のシンボルであるナマズを田んぼで何度も見たことがあります。吉川の田んぼには、まだメダカなどの絶滅しそうな生き物がたくさんいます。田んぼを埋め立ててしまうと、そのような生き物もいなくなってしまいます。吉川をナマズの里として守っていくためには、まず埋め立てないことが第一です。どうか、田んぼを埋め立てないでください。よろしくお願い申し上げます。

回答内容

(平成22年12月3日回答)

田んぼには、たくさんの生物が生物界のバランスを保ちながら生活しています。また、その田んぼに興味を持って観察していることは大変素晴らしいことだと思います。
吉川市には多くの人が暮らしています。その日々の暮らしの中で田んぼを埋めて、道路を新しく作ったり家を建てたりしています。
そのような中で、市では、豊かな自然を壊さないように気を付けてまちづくりを進めています。農業でも、水田でお米だけを作らず、埋めて畑にしていろいろな野菜を作ろうとする農家の人もいます。そのようなときに田んぼを埋める場合は、周りの田んぼに悪い影響が出ないように注意をしてもらうように指導しています。
さらに、田んぼに水を送る用水路などもたくさんの生き物が生きていけるような工夫がされた水路が整備されていますので、田んぼだけでなくその周りの水路などにも興味を持って観察してみてください。吉川市では人間だけでなく様々な生物たちと一緒に暮らしていけるような街づくりを進めていきたいと考えています。

担当課

農政課 電話048-982-9482

 

いちょう通りにおける騒音について

ご意見・お問合せの内容

(平成22年11月15日受付)

行政手続法、意見公募手続きに基づいて発言させてもらいます。添付の写真はいちょう通りです。公衆衛生の教科書では騒音についても基準が定められています。改善を要望します。

回答内容

(平成22年11月25日回答)

自動車騒音の基準は、人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準として、環境基本法や騒音規制法に定められています。
ご指摘のいちょう通りの自動車騒音測定を行ったところ、最大値でも騒音規制法の自動車騒音に係る要請限度を超える数値はございませんでした。
しかし、いちょう通りにつきましては、吉川駅や三郷市方面に向かう幹線道路となっており朝の通勤時間・夕方の帰宅時間帯だけではなく、日中もかなりの通行量があるのが実情です。幹線道路ですので、ある程度の通行量は見込まれると考えます。なお、現在工事を進めております、吉川駅東側の線路の下を通る道路の開通後は、いちょう通りの交通量も減少することと思われます。沿線にお住まいの方につきましては、騒音等不快に感じる部分もあるかと思いますが、ご理解の程お願い致します。

担当課

環境課 電話048-982-9698  

 

街づくりについて

ご意見・お問合せの内容

(平成22年7月30日受付)

先日、東大の大学院サークルで、草加市の街づくりを研究しているという方と話をしていて、私は他の市ではなく、ぜひ自分の住んでいるこの吉川の街づくりを考え、参加してほしいとお願いしました。
先日、テレビの特集で流山の街づくりの様子を何回か見ていて、ぜひこの吉川も流山市のコンセプトで、新しい駅ができる機会に、駅を中心とした街づくりをして頂きたいと思い、投稿しました。

回答内容

(平成22年8月6日回答)

この度は貴重なご意見ありがとうございます。
吉川美南駅を中心としたまちづくりは、吉川市第四次総合振興計画において「独自のまちづくりコンセプトを策定し、新駅の設置と一体となった武蔵野操車場跡地及び周辺地域の整備を図り、新たな都市拠点の形成をめざします。」と位置づけられています。
現在、武蔵野操車場跡地については、東京芸術大学と協働で作成した(1)環境共生、(2)芸術・文化、(3)安心・安全をコンセプトに、土地所有者である鉄道・運輸機構が土地区画整理事業により道路や公園を整備しています。また、吉川美南駅については、JRが平成24年春の開業を目指して、建設工事を行っています。
今後も吉川美南駅を中心に各種多様な都市機能を備えた拠点形成を図ることにより、「市民に夢を与える21世紀にふさわしいまちづくり」を目指して、駅を中心としたまちづくりを進めてまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

担当課

都市計画課 電話048-982-9903

 

吉川駅前(北、南)に設置されている喫煙所について

ご意見・お問合せの内容

(平成22年6月24日受付)

健康増進法に基づく、受動喫煙防止措置が取られていないと思う 。マナー遵守を呼びかけるのぼりや、監視員らしき人がいるのを見かけるが、何の役にも立っていない。公共施設近辺の喫煙には、罰金を科す条例の制定 ・喫煙所の撤去 ・喫煙所の移設、または、受動喫煙を防止する何らかの措置をとる(JTの費用で)。 市としての迅速な対応を望む。 以上

回答内容

(平成22年7月5日回答)

この度は、ご意見をいただきありがとうございます。
喫煙マナーは、喫煙者自身のモラルが向上しない限り解決しない問題であり、歩行喫煙が危険で迷惑な行為であることを喫煙者に認識してもらうことが重要であることから、駅前を中心にのぼり旗の設置やパトロール等の啓発活動を実施しております。
また、現在の喫煙場所につきましては、分煙が極力図られる場所であること、通行の妨げにならないこと、喫煙所が利用しやすい場所であること、喫煙場所の設置により商業経営に影響が及ばないことなどに考慮し、日本たばこ産業株式会社や道路管理者と協議のうえ、現在の場所に設置したものです。設置後、たばこのポイ捨てや歩行喫煙者の減少といった効果が上がっておりますので、現在のところ撤去や移設の予定はございません。しかし、更なる受動喫煙防止のため、喫煙スペースを白線で区分けするなどの措置を検討して参ります。
なお、条例等による喫煙規制対策につきましては、今後の課題として認識しております。
今後につきましても、広報やホームページなどで引き続き喫煙者のマナー・モラルの向上を呼び掛けてまいります。
 

担当課

環境課 電話048-982-9698