マネジメントレビュー

日時

2013年11月14日木曜日

インプット情報

  1. 外部監査の結果
  2. 内部品質監査の結果
  3. CS-MBO第2四半期目標達成状況
  4. 是正処置・予防処置・改善処置の状況 
  5. 職場研修(職員の力量、教育訓練)の達成状況
  6. アウトプットの対応状況
  7. 改善のための提案事項 

マネジメントレビュー(平成25年度第1回)のアウトプットの対応

「市民の声」の取り扱いについて(市民とのコミュニケーション[要求事項7.2.3])

当市では、市政に対する市民等の意見・要望等を聴取し、市政運営に反映することを目的として、「市民の声」のシステムを運用している。事務手続きにおいては、電子媒体及び書面により投稿された市民の声を受付し、記名・匿名を問わず、全て回答を作成し市ホームページ及びご意見ボードでの公表をしているところである。しかし近年では、特に、匿名での投稿については信憑性がなく無責任な内容のものも多いことから、「市民の声」のシステムの有効性を保ちつつ、事務の最適化が図られるよう、取り扱い方法について検討すること。

  • 「市民の声事務取扱要領」を改正し、必要事項の記載のないもの、または不備のあるものについては、原則回答を作成しないこととした。 

アウトプット(指示事項)

職員の教育について(力量、教育・訓練及び認識[要求事項6.2.2 ])

当市では、市民サービスに従事する職員に対して、吉川市職員職場研修実施要領に基づき、必要な力量を要求能力表に明らかにするとともに、吉川市職員研修規程に基づく職場研修により教育・訓練を行うこととしている。この研修については、年度当初に研修計画を作成し、上半期及び下半期終了時に評価するというサイクルで実施しており、これまで一定の成果をあげているところであるが、個々の職員が自らの能力を認識し改善へと結びつけることができれば、より一層の成果向上が期待できる。

そこで、職員の自覚を促すとともにPDCAサイクルが有効に回るよう、職場研修のシステムの見直しを検討すること。