現在開会中の「吉川市議会9月定例会」における答弁調整や市の課題について等の打ち合わせを終え、今回の災害での避難場所となった吉川小学校へ。

近所の方々からお話しを伺い、「当日、東側と北側にある校門付近は冠水しなかった」と。しかし、南側に位置する「下河岸地区」では床上浸水も見られ、これらを踏まえた「行動ルートや排水処理方法等の再考」の必要性を感じました。

その後は、吉川市内で最後まで通行止めが解除されなかった「須賀、榎戸地区」へ。

ここでも床上浸水が見られ、この地区の内水処理の検討も必要と感じました。ここのところの雨により、吉川市が誇る夏ネギにも大きな影響が出ています。冠水した地区には、今日も職員が駆けつけ、消毒作業を続けています。

雨が去っても、災害対応は続きます。

消毒作業の様子 上河岸地区を視察する中原市長

平成27年9月11日

吉川市長 中原恵人